読影レポ未読スルー問題を考える

読影レポ未読スルー問題、つまり、放射線科医が記載する画像診断書の確認不足に関する医療事故云々の問題に関して、実はあまり詳しくなかった。具体的な例を探すと、これが見つかった。

横浜市立大学付属病院における、コンピュータ断層撮影(CT)の検査結果情報の共有不足により癌の適切な治療を逸した医療事故について

確かに、心房細動を対象にしていて腎細胞癌までなかなか頭が回らないだろうとは思った。最近、これらの事故が相次ぎ、これを受けて日本医学放射線学会は 7/19 に見解を発表した。

そこには、取り組むべき課題として様々な解決策が提言されているが、私の立場では、この文言が刺さった。

 

画像診断報告書を必ずチェックする仕組みを電子カルテあるいはPACS上で構築することが求められます。

 

チェックする仕組みを電子カルテあるいはPACS上で構築ですか?

ちょうど HorliX-Ocean の連携の構想を練っていた時期でもあり、この問題もちょっと考えてみる。

ref: PACS との連携機能など

 

学会見解では、英国 RCR にならって「主治医側に的確に伝えるべき画像所見」を以下の三つに分類している。

① Critical findings (危機的な所見)
② Urgent findings (24時間以内に緊急を要する所見)
③ Significant unexpected findings (患者にとって重要で、かつ主治医が予期していないような所見)

そして、③による確認不足がおきやすい事実を指摘している。そのため、「これらの画像所見を診断した際には、ルーチンの報告手段、すなわち電子カルテへの記載等による方法を補完する手段を用いる」ことも考えてみるべきだ、としている。

なるほど、これでも良いと思うのだが、①〜③の所見を見つけた際には RIS (Radiology Information System。放射線科情報システム) から主治医電子カルテに通知する連携機能を仕込んではどうだろうかと私なんかは思う。

HorliX-Ocean の系の場合、これは比較的簡単に実装できるように思う。まず、放射線科医がレポートを作成し終わった時点で以下のようにアラートウィンドウを表示させる。

そして、①〜④のどれかを選択しない限りはレポート作成が終了できないようにする

このとき、①〜③の所見があった際には、HorliX は Ocean に対して LAN を介してアラート信号を送る。Ocean はこの信号を受け取った際には、その待ち受け画面をこのように表示させる。(Ocean は入院対応にはなっていないのであくまで例えだが)

このような構成ならば、放射線科医が ③予測し難いが重要な所見 を見つけた際には、その事実は少なくとも治療スタッフの誰かには必ず伝わるはずだと思うのだが、いかがだろう?

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です