【重要】HorliX プラグインインストールの不具合について【告知】

先ほどユーザー様からメールがきて気がつきましたが、現行の HorliX だとプラグインのインストールができません。
これは、HorliX を MacAppStore に上げた際、プラグインを置いてあるサイトの URL を指定し忘れたためです。サイトにアクセスはしますが OS X のサンドボックスに阻まれ、インストールができないはずです。

解決策は、プラグインを入れた Plugins フォルダを「手動で」

ユーザ/(ユーザーアカウント名)/ライブラリ/Containers/info.phazor.horlix/Data/Library/Application
Support/HorliX/

以下に配置すればプラグインが使えるようになります。

JPEGtoDICOM.horlixplugin を同胞した Plugins.zip をご用意させていただきましたので、必要あればダウンロード後、解凍してお使いください。

Plugins.zip

 

開発環境だとサイトからダウンロードするのでなく、プラグインを直接フォルダに放り込むため、この現象に気がつきませんでした。

ユーザーの皆様には大変ご迷惑をおかけしました。
心からお詫び申し上げます。

HorliX 開発チーム一同

【参考】
JPEGtoDICOM を使うと .jpg ファイルや .png ファイルを dicom ファイル化して HorliX に取り込むことができます。


トプコン様からお借りしました。元画像は、https://www.topcon.co.jp/eyecare/products/diagnostic/oct/3DOCT-1_Maestro_J.html にあります。


Si(111) 7×7 STM 観察像。

 

砂箱 -サンドボックス sandbox-

現在、配布している HorliX のバージョンは 1.0.21.0.3 で、どちらもサンドボックス sandbox が有効になっている。

apple の推奨なのでそうしたわけだが、これはもともとは iOS の影響が強いのではないかと思う。サンドボックスがないと同一フォルダ内の他のアプリが使っているデータに容易にアクセスすることができるので、特に通信系のアプリではこの性質を使ってデータの不正利用・漏洩が可能になってしまう。

しかし、どんなアプリがインストールされるかわからない iPhone などとは違って、インストールされるアプリが厳密に管理されている OS X 前提の閉鎖性の強い医療システムのような場合、サンドボックスは「やりすぎ」になってしまう。

実際、現行のバージョンだとデータがかなり特殊な領域に書き込まれるので、外付けの HDD や SSD をデータベースの置き場所に指定することはできない。また、管理者の意図のもと HorliX のデータを適正に利用しようとしてもできないということになってしまう。

これは何かと不便だ。

というわけでサンドボックスを切ったバージョンもあった方がいいと思うようになってきた。

このサイトでの配布も検討しているが、サンドボックスを切って使うというのはそもそもカスタマイズ前提になっている場合が多いので(現在、進行している案件はすべてそれ)、問い合わせページなどから個別に連絡をもらえればと思う。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

読影レポ未読スルー問題を考える

読影レポ未読スルー問題、つまり、放射線科医が記載する画像診断書の確認不足に関する医療事故云々の問題に関して、実はあまり詳しくなかった。具体的な例を探すと、これが見つかった。

横浜市立大学付属病院における、コンピュータ断層撮影(CT)の検査結果情報の共有不足により癌の適切な治療を逸した医療事故について

確かに、心房細動を対象にしていて腎細胞癌までなかなか頭が回らないだろうとは思った。最近、これらの事故が相次ぎ、これを受けて日本医学放射線学会は 7/19 に見解を発表した。

そこには、取り組むべき課題として様々な解決策が提言されているが、私の立場では、この文言が刺さった。

 

画像診断報告書を必ずチェックする仕組みを電子カルテあるいはPACS上で構築することが求められます。

 

チェックする仕組みを電子カルテあるいはPACS上で構築ですか?

ちょうど HorliX-Ocean の連携の構想を練っていた時期でもあり、この問題もちょっと考えてみる。

ref: PACS との連携機能など

 

学会見解では、英国 RCR にならって「主治医側に的確に伝えるべき画像所見」を以下の三つに分類している。

① Critical findings (危機的な所見)
② Urgent findings (24時間以内に緊急を要する所見)
③ Significant unexpected findings (患者にとって重要で、かつ主治医が予期していないような所見)

そして、③による確認不足がおきやすい事実を指摘している。そのため、「これらの画像所見を診断した際には、ルーチンの報告手段、すなわち電子カルテへの記載等による方法を補完する手段を用いる」ことも考えてみるべきだ、としている。

なるほど、これでも良いと思うのだが、①〜③の所見を見つけた際には RIS (Radiology Information System。放射線科情報システム) から主治医電子カルテに通知する連携機能を仕込んではどうだろうかと私なんかは思う。

HorliX-Ocean の系の場合、これは比較的簡単に実装できるように思う。まず、放射線科医がレポートを作成し終わった時点で以下のようにアラートウィンドウを表示させる。

そして、①〜④のどれかを選択しない限りはレポート作成が終了できないようにする

このとき、①〜③の所見があった際には、HorliX は Ocean に対して LAN を介してアラート信号を送る。Ocean はこの信号を受け取った際には、その待ち受け画面をこのように表示させる。(Ocean は入院対応にはなっていないのであくまで例えだが)

このような構成ならば、放射線科医が ③予測し難いが重要な所見 を見つけた際には、その事実は少なくとも治療スタッフの誰かには必ず伝わるはずだと思うのだが、いかがだろう?

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

PET/CT フュージョン画像

おそらくここら辺まで来るとよほどのことがない限り必要ないと思うのだが、HorliX/Horos/OsiriX では PET/CT fusion (フュージョン)画像が作成できる。今までこの機能は使ったことがなかったのだが、この部分のコードに若干の修正を加えたいと思ったので触ってみた。

適当なサイトから PET/CT 用のダイコムファイルを落としてくる。

スタディ内の PET 画像もしくは CT 画像を 2D ビューアを立ち上げたのち、他方の画像をビューアをもう一つ追加して表示させれば自動的にフュージョン画像を作ってくれる。

例えば OsiriX ではこのようになる。

もちろんここから 3D 表示もできる。HorliX でボリュームレンダリングさせてみるとこうなる。

落としてきたサイトには soft tissue sarcoma と説明が書いてあったので、おそらく左大腿の高輝度領域がそれではないかと思うのだが、じっくり読んでいる暇はなかったので確信は持てない。

また高輝度領域と書いたが、画像のコントラストが対生成された光子のカウント数を単純に反映させたものなのかそれを体重等で補正した SUV (Standard Uptake Value) なのか見分け方はわからない。

が、ここは一応画像が問題なく得られたということで先に進もう。修正したいのはその先の SUV 関連だからだ。

 

で、しばらく読んで得られた結論は、「Horos には(というか Fork した当時の OsiriX には)放射線同位体を注入した時刻、被験者の体重などから、(光子カウント数を反映した)ダイコムのピクセル値から、臨床的に有用な SUV 値を計算する機能が実装されていたようだ」というもの。ようだ、と書いたのは、私がその計算式を今すぐ評価できないから。さすがにこれは調べないとわかんない。

しかし、この機能、実際に PET が稼働している施設以外はあんまり必要ないんじゃないかと思う

今回、手を入れて、この機能を根こそぎオフにした。→読影の先生に聞いたら「異常集積があった場合、SUV で確認をとる」とのことなので、次回か次次回のリリースまでには復活させます。失礼しました。

しかし、フリーソフトでここまでつくりこむという姿勢に当時の OsiriX Team の志の高さがうかがえる。

その他、修正事項

今のところなし。

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

放射線科読影レポート

放射線科読影医以外ほぼ必要ないと思うのだが、Horos にはレポート作成機能がついている。具体的にいうと適当なスタディを選択した状態でツールバーの

のアイコンを押下すると、指定したワープロソフトが立ち上がり読影レポートを作成することができる。

デフォルトのワープロは pages だが、MS Word や LibreOffice に変更することもできる(少なくともソース上ではそうなっている)。

今日、ここら辺をいじっていたのだが、変更をどこでするかわからない。しばらく探してやっと見つかった。どこにあったかといえば「環境設定」>「データベース」で表示されるパネルの一番下。

こんなところに…..。

なんでワープロの設定項目がデータベース関連のパネルに配置されているんだよ。これは知ってないと見つけられないと思う。

 

ところで、 HorliX では諸々の理由でしばらく LibreOffice はサポートしません

見捨てたわけではなく、メンテに時間がかかりそうなので時間が取れるまでそうせざるを得ないというのが実情です。