OpenOcean とは?

OpenOcean は、OpenDolphin 由来のオープンソース電子カルテです。

出自

元は、OpenDolphin 2.7m と名のってました。

いわゆる OpenDolphin 派生電子カルテの一員です。

・クライアント bug fix

・ファイルバックアップ機能の追加

・クライアント処方箋打ち出し機能の復活

など独自仕様が増えていったため、周囲の勧めもあり 2018年5月 に改名しました。

 

特徴

由来からわかるように OpenDolphin (本家)の特徴は受け継いでます。

・データ構造は本家と同一

・ORCA との連携機能

・クライアントサーバシステム

・オープンソース

・Win/Mac/Linux で稼働(開発言語 Java)

……などなど

なお、現行のバージョンだと、サーバ・クライアントとも Windows 10, Mac OS X, Ubuntu(Linux) で走らせたことがありますが、すべて動作しています。

変わったところでは、

AWS(Amazon Web Service)の Ubuntu 仮想マシン

MicroSoft Azure の Windows Server 2016 仮想マシン

でも動作を確認してます。

 

 

機能詳細

基本的にはフォーク元である LSC 様の OpenDolphin の機能を引き継いでいます。

紙カルテ 2 号用紙をイメージした UIスタンプ機能による効率の良い入力方式が特徴でしょうか。

さらに、Ocean ではファイルバックアップ機能を追加し、クライアントでの処方せん印刷機能をメニューに復活させてます。

紙カルテ 2 号用紙をイメージした UI

ご覧のように 2 号用紙を連想させる UI になっています。

電子カルテにありがちな機能を前面に押し出した「機械っぽさ」は感じません。

 

スタンプ機能による入力方式

Ocaen/Dolphin では、よく使う診察内容を「スタンプ」としてアイコン化しておくことができます。一度スタンプをつくってしまえば、ドッラグアンドドロップで簡単入力できるようになります。

使い方は見てもらった方が早いでしょう。

ファイルバックアップ機能

Ocean/Dolphin は基本的に LAN 内で使うことを前提につくられているので、クラウド化した際などサーバとクライアントが同一 LAN 内にない場合、潜在的に通信障害のリスクが増します。

そこで、OpenOcean 0.0.1 ではクラアイントのホームフォルダに強制的にファイルバックアップを取ります。

例えば

のようなカルテを作成したとき、Ocean は、ユーザのホームディレクトリの OpenOcean フォルダに BackUp フォルダとさらに 患者ID 子フォルダを作成し、その中に診察内容のテキスト文だけを記録した 作成時刻.txt というファイルをつくります。

 

 

上のカルテだと 000002 フォルダ内に

とこんな感じのテキストファイル 2018-06-08-08-00.txt を作成します。

こういってはなんですが、Ocean/Dolphin から他電子カルテに乗り換える時などにも役に立つでしょう。

 

クライアントでの処方せん印刷機能の復活

訪問診療・往診などでは、訪問先で処方せんを発行できた方が便利です。

カルテ記載終了後、メニューバーから「カルテ」を選ぶと「処方せん出力」というアイテムが表示されます。

 

このアイテムを実行すると、処方せん印刷に関するダイアログが出現します。

 

今回は、デフォルトのまま「PDF作成」を押下すると、ブラウザが立ち上がり…

 

できてましたね、処方せんが。 ソースを読むとこのフォーマットを作った苦労のあとが窺いしれます。

おそらくこのコードは、新宿ヒロクリニックによるカスタマイズの賜物と思われます。

オープンソースが上手く機能すると、こんなことができるようになるんですね。すごい。

 

始め方/カスタマイズ

始める

ソースからコンパイル派

ソースは air-h-128k-il/OpenOcean においてあります。

具体的なビルド・デプロイ方法は

『OpenOcean を Win10 にインストールする』

をご参照ください。

Mac 編は Win よりさらにひと手間かかるので、しばらくお待ちください。待ちきれない方は、コンパイル済みクライアントを ↓ に用意したので、それで遊んでみてください。動くと思います。

 

手っ取り早く始めたい派

本家 LSC さんが OpenDolphin サーバの Docker 版、クライアントバイナリを配布しています。

Ocean の方は、バイナリそのものは配布していません。→試験的にビルド済みクライアントバイナリを配布することにしました。

download -click to start- OpenOceanClient

 

Fat Jar になってないのがイマイチですが。ダウンロード後、解凍。OpenOcean.jar というファイルがあるはずなのでダブルクリックで起動できると思います。

※…商用版 Dolphin (pro? 持ってないのでわかりませんが)は ↑ でつながる可能性が高いと思います。

※…Docker 版 Dolphin Server に接続させたい場合は、↓ の方が上手くいくかもしれません。

download -click to start- OpenOceanClient (Docker 版 Dolphin 互換?)

 




使用期限は、2018/12/31 までです。

なお、使用にあたっては自己責任でお願いします。おかしなコードは含んでないはずですが、各種データベースを直接・間接的に操作しているので、データが書き換わる可能性は十分あります。その際、不都合な改変がおこった云々などと言われてもこちらとしてはどうしてみようもありません。

免責事項

  • 当サイトのソフトを利用した事によるいかなる損害も作者( air-h-128k-il )は一切の責任を負いません。自己の責任の上で使用して下さい。
  • 再配布、転載などは禁止とします。

 

ただし、サーバを省略したクライアント-データベース直結版というものを以前につくっていて(診察室が一つしかなければサーバは省略してもかまわないわけですね)、こちらのバイナリ配布は検討しています

 

カスタマイズする

カスタマイズするためには、単純にビルド・デプロイするよりももう一歩進んだ知識や経験と Ocean(Dolphin) の内部構造の理解が必要になってくるかと思います。

 

Blog