PHORLIX ベータテスト

旧ページはこちら
旧ページの NSB(Non Sand Box )バージョン(公証 notarization 付き)アプリの配布ページです。
説明などが旧アプリのままになってたりしますが、おいおい変更します。

PHORLIX ベータ版ダウンロードページ

アプリ(M1/M2 Mac 向け。Intel CPU 非対応)

サンプルダイコムファイル 元データは JIRA サンプル

まだ全然作り込んでないため、modality = CR/CT 以外のダイコムファイルはほぼ表示できないと思います。
動作確認程度でお使いください。

旧バージョン

202304

けっこう変更あるため、旧版も保存しておきます。

使い方

起動

アプリダウンロード後、解凍してサブクリック「開く」でアイコンダブルクリックで起動。(公証取ったので普通にクリック→「開く」で起動)


デフォルトで以下のようにデータベースのテーブルと2Dビューアが出現します。

Import 機能

メニューバー -> file -> Import… 押下。

ファイル選択のダイアログが出現するので、ダウンロードした demo.dcm をチョイス。(→dicomファイルが入ったフォルダならばフォルダ指定でも読み込めます)

読み込みが終了すると患者情報がデータベースのビューに反映されます。

DB 表示・2D Viewer による閲覧

患者名先頭の > マークをクリック、順次展開します。
展開が終わったら、最後の列を選択。
すると画像が2Dビューアに表示されます。

お疲れ様でした。

注意点など

PHORLIX はダウンロード後、初回起動時にライブラリコンテナ領域にデータベースフォルダと sqlite ファイルを作成しますが、作成がうまくいかない場合は、ウィンドウが立ち上がらないようです。→NSB にしたので、「書類」フォルダにファイルや db 実体ファイルを置いています。
その場合は、いったんアプリを終了させた後、再度アプリを立ち上げてください。

拡張子が .dcm のファイルはすべて読み込み可能ですが、dicom ファイルのタグ解析及び描画機能はほとんど作り込んでいないので、描画されるとは限りません。
おかしな状態になったら、コンテナ領域のアプリ関連情報を根こそぎ削除すれば初期状態に戻ります。
なお、コンテナ領域というのは図参照。

アプリを使った情報収集および遠隔操作は一切していないので、念の為。

Sample DICOM ファイル

臨床現場で見かけたことはないのだが、CR(わかりやすくいうとレントゲン)でも、JPEG2000 Lossy で記録しておくことは理屈の上ではありうる。
(実用的には noncompress か JPEG-LS)

試しに作成(元データは JIRA のサンプル)。ダウンロード

ぼっけぼけですな。PHORLIX は、対応済み。

謝辞

タグ解析はもっぱら dcmtk が受け持っています。

arm Mac 対応には感動しました。ありがたく使わせてもらってます。

 

PHORLIX 開発チーム