HoroXaust2018問題 〜ロゼッタの呪い〜

HoroXaust2018 問題というのがあるらしい。
http://www.osirix.jp/ 
で、提案されていた。
 
要するにバージョンアップもせず古い一部の OsiriX を使っていると突如プログラムが起動しない or クラッシュする、ということらしい。
 
でも、問題の特定はできているようで
「問題が起きるのは32ビット版で、OSS V5.8ソースコードあたりまでを使用しているもの」であり「起動後に http://www.osirix-viewer.com を見に行きバージョンチェックを行い、リリースから 5 年経過しているものは、起動させない or クラッシュさせる
ということらしい。
ご丁寧にも Horos や HorliX もその可能性があると言及されていたようだが、当方の見解としては、Horos はほぼ間違いなくこうはならない、HorliX は 100% こうなることはありえない、というもの。
確かに OsiriX lite/Horos/HorliX のソースコードは似たような部分も多いが、少なくとも HorliX はソースの 32 ビットに入っていく部分(32 ビットコード)は一切使ってない。使っていたら(32 ビットコードが含まれていたら)、AppStore から配信させるためのアップルの審査(Apple Review という)は通らない。
Horos はつい最近までユニバーサルバイナリを使って、32 ビットコードを使っていたが、現在はかなり改善されている。
起動直後のサーバとの通信だが、そもそも HorliX はそんな動作はしていない。バージョンチェックなどして、いちいち最新版へのアップデートを促すのが面倒だったからだ。バージョンアップするかしないかはユーザーが自由に決めればいいことではないか。
Horos は起動直後、サーバと通信しているようだが、それは OsiriX 関係のサーバではなく、horosproject.org のサーバだ。
ソフトのバージョンアップを促すコードは実装されているが、クラッシュさせるようなコードは確認できなかった。
さらに HorliX では、サンドボックス化がなされているため、指定以外のサーバと通信させることができない。サンドボックス化しないと AppleReview に通らないのだ。
指定するとしても、なんでわざわざ http://www.osirix-viewer.com (OsiriX のサーバ)にする必要があるんだろう。
OS X のサンドボックスは強力で、URL の指定をちょっと間違えただけでも、ソフトと通信できなくなる。HorliX のプラグインのインストールで不具合が出たのもこのせいだ(次期バージョンで修正予定)。
 
でも、これはソフト本体がクラッシュする程度だからよいけど、ロゼッタ(アントニー=OsiriX の作者)が本当に呪いをかけるなら、データベース OsiriX Data を削除するくらいのことはできたはずだ。そしておそらくは、もっとひどいことも。
でも、彼はそうしなかった。
なんだかんだ言われる人ではあるけれど、医師としての良識はある人だと思う。
 

でも、これ、取り扱い業者、クレームの嵐だったでしょうね。収束したみたいですが。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

 

【祝!】MacAppStore メディカル部門1位【全体でも5位】

集計の方法が今ひとつわからないのですが、HorliX、MacAppStore のメディカル部門でトップをとったようです。

アプリ全体でも5位と検討。

あ、でも、Mac 自体の販売台数が iPhone あたりに比べると圧倒的に少ないってのと HorliX 自体の販売価格が安いってのがあって、これでも余裕で赤字です(笑)。

 

HorliX を MacAppStore で!

 

【重要】HorliX プラグインインストールの不具合について【告知】

先ほどユーザー様からメールがきて気がつきましたが、現行の HorliX だとプラグインのインストールができません。
これは、HorliX を MacAppStore に上げた際、プラグインを置いてあるサイトの URL を指定し忘れたためです。サイトにアクセスはしますが OS X のサンドボックスに阻まれ、インストールができないはずです。

解決策は、プラグインを入れた Plugins フォルダを「手動で」

ユーザ/(ユーザーアカウント名)/ライブラリ/Containers/info.phazor.horlix/Data/Library/Application
Support/HorliX/

以下に配置すればプラグインが使えるようになります。

JPEGtoDICOM.horlixplugin を同胞した Plugins.zip をご用意させていただきましたので、必要あればダウンロード後、解凍してお使いください。

Plugins.zip

 

開発環境だとサイトからダウンロードするのでなく、プラグインを直接フォルダに放り込むため、この現象に気がつきませんでした。

ユーザーの皆様には大変ご迷惑をおかけしました。
心からお詫び申し上げます。

HorliX 開発チーム一同

【参考】
JPEGtoDICOM を使うと .jpg ファイルや .png ファイルを dicom ファイル化して HorliX に取り込むことができます。


トプコン様からお借りしました。元画像は、https://www.topcon.co.jp/eyecare/products/diagnostic/oct/3DOCT-1_Maestro_J.html にあります。


Si(111) 7×7 STM 観察像。

 

曖昧な日本のユーザー

以前に杉本医師の立ち位置がよくわからない、みたいなことを書いたのだが、やはり「ユーザー」という扱いのようだ。


でも、以前に「アンバサダー」みたいな紹介のされ方をしているのを見かけたことがあるので、まったく無関係ではないと思う。

少なくとも OsiriX MD 本体の開発には関わっていないということだと思う。


他方で、外国人「ユーザー」は、HorliX vs Horos vs OsiriX に関してかなりはっきりとした議論をしているのであった。

欧米の方々って本当にこういうの好きですよね (^^;)

正直いって Horos をフォークした直後などは、OsiriX MD ははるか彼方で、比較するのもおこがましいと思っていた。
製品比較が成り立つくらいには成長したんだなあという感慨ひとしお。
でも、やはり OsiriX MD は機能豊富ですね。メッシュ切るソフトと連携とはやるなあ。

でも HorliX も64ビットアプリ、基本機能はけっこういいですよ、処理よっては OsiriX MD より速い(と言ってくれるユーザーさんもいる)とか。
とちょっと宣伝。

まあ、今後は方向性が違ってくると思うので(搭載機能が変わってくると思います)、ダイレクトな「比較」は成り立ちにくくなってくると思いますが。

 

HorliX を MacAppStore で!

 

Mojave

Mac OS X 10.14(通称 Mojave)では OpenGL が deprecated (非推奨)になったため、現行の HorliX では正常動作しないだろうと思っていたのだが、試しに動かしてみたら、2DViewer や 3DViewer などの主要機能は問題なく動いているようだ。

今のところ、不具合の報告も上がってきていない。
これは deprecated になったというだけで「使ってはいけない」ということではないためと思われる。他に cocoa の機能が大幅に変わったという話は聞かないので、現行の HorliX は Mojave でもほとんど問題なく使えると思います。

 

 

国内ユーザー第1号

HorliX、元々が Horos だったこともあり、今のところ、国外でのユーザーの方が多い。

Ver 1.0.3 になって、開発協力者に近い範囲で国内での普及も意識し始めた。1.0.3 になってからの国内ユーザー第1号は、湘南鎌倉病院の radialist 先生(お名前をお出しするのはなんだか気がひけるので、ハンドルで)。

ご自身のブログにこんな記事も

まったく大変でした そして HorliX

書いていただいた。

有り難い限りだ。

 

(追記)radialist 先生、さらに

HorliX の少しの tips

という記事も書いてくれました。既に OsiriX MD を使っていた場合、データベース(OsiriX Data)を移行させたいと思いますが、その時の手順が書かれています。データベースの読み込みからアルバムの移動のさせ方、さらにサンドボックスしたアプリ一般に関するかなり重要な情報も含まれており、ビギナーからヘビーユーザーまで役に立つ内容になっているかと思います。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

 

砂箱 -サンドボックス sandbox-

現在、配布している HorliX のバージョンは 1.0.21.0.3 で、どちらもサンドボックス sandbox が有効になっている。

apple の推奨なのでそうしたわけだが、これはもともとは iOS の影響が強いのではないかと思う。サンドボックスがないと同一フォルダ内の他のアプリが使っているデータに容易にアクセスすることができるので、特に通信系のアプリではこの性質を使ってデータの不正利用・漏洩が可能になってしまう。

しかし、どんなアプリがインストールされるかわからない iPhone などとは違って、インストールされるアプリが厳密に管理されている OS X 前提の閉鎖性の強い医療システムのような場合、サンドボックスは「やりすぎ」になってしまう。

実際、現行のバージョンだとデータがかなり特殊な領域に書き込まれるので、外付けの HDD や SSD をデータベースの置き場所に指定することはできない。また、管理者の意図のもと HorliX のデータを適正に利用しようとしてもできないということになってしまう。

これは何かと不便だ。

というわけでサンドボックスを切ったバージョンもあった方がいいと思うようになってきた。

このサイトでの配布も検討しているが、サンドボックスを切って使うというのはそもそもカスタマイズ前提になっている場合が多いので(現在、進行している案件はすべてそれ)、問い合わせページなどから個別に連絡をもらえればと思う。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

RAW ファイルを読み込む -ECT のシミュレーション結果を表示-

Horos ではこの機能が使えなかったので、HorliX では RAW ファイルが読み込めるようにコードを修正した。

元のコードは残しておきたかったのでメニューアイテムに Import Raw Data2 を追加した。(ファイル > Import > Import Raw Data2)

すると特定のファイルを読み込むパネルが現れるので、このとき「オプション」を押下する。RAW ファイルを読み込むのに必要な情報を指定するダイアログが現れるので、所定の値を入力する。

今回は、203×203 スライス数 4 のRGBカラー画像を読み込ませる。適宜情報を入力。

 

入力後「取り込み」押下。データベースに取り込まれる。

今回は、以前におこなっていた ECTのシミュレーション結果を読み込ませた(ECT ElectroConvulsive Therapy: 電気けいれん療法。映画『カッコーの巣の上で』でジャックニコルソン演じる主人公への懲罰目的で使用され物議をかもしたのでご存知の方もいるかもしれない)。このようにそれ自体は DICOM ではないが、DICOM に関係するデータを読み込ませるとき、この機能は便利だ。なお、読み込ませたデータのモダリティは SC になる。

 

このようにして取り込んだデータは、HorliX 内部では DICOM として取り扱われるので通常のものと同様 2D のビューアなどで閲覧が可能だ。

 

3D を構成できるほど十分にスライス数があれば、3D 表示ももちろん可能。

なお、上の画像は、ECT で電極を bifrontal (両前頭性)に配置したときの頭部モデル内の電位分布を表示したもの。確か青が -50V、赤が +50V 、緑が 0V。電位降下が急激すぎて肝心の頭蓋骨内の電位分布が上手く表現できていないが、逆に言えば電気が頭蓋骨内に侵入する頃には、電位はかなり減衰していることをよく示している。ECT の紹介でよく「頭部に数百ボルトの電気を流して〜」という表現が使われるが、大脳にかかる電位差は、シミュレーションの結果を信用するなら、そこまで大きくなく、おおよそ十数ボルト程度だ。また、電気の海馬直撃を避けるように電極配置を工夫すれば、短期記憶消失の副作用もかなり回避できる。

DICOM を3Dで表示すること、および、DICOM を加工したデータを同一のソフトで表示することは意味のあることだと私は思っている。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

読影レポ未読スルー問題を考える

読影レポ未読スルー問題、つまり、放射線科医が記載する画像診断書の確認不足に関する医療事故云々の問題に関して、実はあまり詳しくなかった。具体的な例を探すと、これが見つかった。

横浜市立大学付属病院における、コンピュータ断層撮影(CT)の検査結果情報の共有不足により癌の適切な治療を逸した医療事故について

確かに、心房細動を対象にしていて腎細胞癌までなかなか頭が回らないだろうとは思った。最近、これらの事故が相次ぎ、これを受けて日本医学放射線学会は 7/19 に見解を発表した。

そこには、取り組むべき課題として様々な解決策が提言されているが、私の立場では、この文言が刺さった。

 

画像診断報告書を必ずチェックする仕組みを電子カルテあるいはPACS上で構築することが求められます。

 

チェックする仕組みを電子カルテあるいはPACS上で構築ですか?

ちょうど HorliX-Ocean の連携の構想を練っていた時期でもあり、この問題もちょっと考えてみる。

ref: PACS との連携機能など

 

学会見解では、英国 RCR にならって「主治医側に的確に伝えるべき画像所見」を以下の三つに分類している。

① Critical findings (危機的な所見)
② Urgent findings (24時間以内に緊急を要する所見)
③ Significant unexpected findings (患者にとって重要で、かつ主治医が予期していないような所見)

そして、③による確認不足がおきやすい事実を指摘している。そのため、「これらの画像所見を診断した際には、ルーチンの報告手段、すなわち電子カルテへの記載等による方法を補完する手段を用いる」ことも考えてみるべきだ、としている。

なるほど、これでも良いと思うのだが、①〜③の所見を見つけた際には RIS (Radiology Information System。放射線科情報システム) から主治医電子カルテに通知する連携機能を仕込んではどうだろうかと私なんかは思う。

HorliX-Ocean の系の場合、これは比較的簡単に実装できるように思う。まず、放射線科医がレポートを作成し終わった時点で以下のようにアラートウィンドウを表示させる。

そして、①〜④のどれかを選択しない限りはレポート作成が終了できないようにする

このとき、①〜③の所見があった際には、HorliX は Ocean に対して LAN を介してアラート信号を送る。Ocean はこの信号を受け取った際には、その待ち受け画面をこのように表示させる。(Ocean は入院対応にはなっていないのであくまで例えだが)

このような構成ならば、放射線科医が ③予測し難いが重要な所見 を見つけた際には、その事実は少なくとも治療スタッフの誰かには必ず伝わるはずだと思うのだが、いかがだろう?

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

PET/CT フュージョン画像

おそらくここら辺まで来るとよほどのことがない限り必要ないと思うのだが、HorliX/Horos/OsiriX では PET/CT fusion (フュージョン)画像が作成できる。今までこの機能は使ったことがなかったのだが、この部分のコードに若干の修正を加えたいと思ったので触ってみた。

適当なサイトから PET/CT 用のダイコムファイルを落としてくる。

スタディ内の PET 画像もしくは CT 画像を 2D ビューアを立ち上げたのち、他方の画像をビューアをもう一つ追加して表示させれば自動的にフュージョン画像を作ってくれる。

例えば OsiriX ではこのようになる。

もちろんここから 3D 表示もできる。HorliX でボリュームレンダリングさせてみるとこうなる。

落としてきたサイトには soft tissue sarcoma と説明が書いてあったので、おそらく左大腿の高輝度領域がそれではないかと思うのだが、じっくり読んでいる暇はなかったので確信は持てない。

また高輝度領域と書いたが、画像のコントラストが対生成された光子のカウント数を単純に反映させたものなのかそれを体重等で補正した SUV (Standard Uptake Value) なのか見分け方はわからない。

が、ここは一応画像が問題なく得られたということで先に進もう。修正したいのはその先の SUV 関連だからだ。

 

で、しばらく読んで得られた結論は、「Horos には(というか Fork した当時の OsiriX には)放射線同位体を注入した時刻、被験者の体重などから、(光子カウント数を反映した)ダイコムのピクセル値から、臨床的に有用な SUV 値を計算する機能が実装されていたようだ」というもの。ようだ、と書いたのは、私がその計算式を今すぐ評価できないから。さすがにこれは調べないとわかんない。

しかし、この機能、実際に PET が稼働している施設以外はあんまり必要ないんじゃないかと思う

今回、手を入れて、この機能を根こそぎオフにした。→読影の先生に聞いたら「異常集積があった場合、SUV で確認をとる」とのことなので、次回か次次回のリリースまでには復活させます。失礼しました。

しかし、フリーソフトでここまでつくりこむという姿勢に当時の OsiriX Team の志の高さがうかがえる。

その他、修正事項

今のところなし。

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ