RAW ファイルを読み込む -ECT のシミュレーション結果を表示-

Horos ではこの機能が使えなかったので、HorliX では RAW ファイルが読み込めるようにコードを修正した。

元のコードは残しておきたかったのでメニューアイテムに Import Raw Data2 を追加した。(ファイル > Import > Import Raw Data2)

すると特定のファイルを読み込むパネルが現れるので、このとき「オプション」を押下する。RAW ファイルを読み込むのに必要な情報を指定するダイアログが現れるので、所定の値を入力する。

今回は、203×203 スライス数 4 のRGBカラー画像を読み込ませる。適宜情報を入力。

 

入力後「取り込み」押下。データベースに取り込まれる。

今回は、以前におこなっていた ECTのシミュレーション結果を読み込ませた(ECT ElectroConvulsive Therapy: 電気けいれん療法。映画『カッコーの巣の上で』でジャックニコルソン演じる主人公への懲罰目的で使用され物議をかもしたのでご存知の方もいるかもしれない)。このようにそれ自体は DICOM ではないが、DICOM に関係するデータを読み込ませるとき、この機能は便利だ。なお、読み込ませたデータのモダリティは SC になる。

 

このようにして取り込んだデータは、HorliX 内部では DICOM として取り扱われるので通常のものと同様 2D のビューアなどで閲覧が可能だ。

 

3D を構成できるほど十分にスライス数があれば、3D 表示ももちろん可能。

なお、上の画像は、ECT で電極を bifrontal (両前頭性)に配置したときの頭部モデル内の電位分布を表示したもの。確か青が -50V、赤が +50V 、緑が 0V。電位降下が急激すぎて肝心の頭蓋骨内の電位分布が上手く表現できていないが、逆に言えば電気が頭蓋骨内に侵入する頃には、電位はかなり減衰していることをよく示している。ECT の紹介でよく「頭部に数百ボルトの電気を流して〜」という表現が使われるが、大脳にかかる電位差は、シミュレーションの結果を信用するなら、そこまで大きくなく、おおよそ十数ボルト程度だ。また、電気の海馬直撃を避けるように電極配置を工夫すれば、短期記憶消失の副作用もかなり回避できる。

DICOM を3Dで表示すること、および、DICOM を加工したデータを同一のソフトで表示することは意味のあることだと私は思っている。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です