OpenOcean(仮)

OpenOcean の方は、「全面的に作り直してほしい」という要望が多くて、検討してました。
「自分で使う電子カルテは自分でつくりたい」、「dolphin 使っていたが、大幅にカスタマイズしたい」という医師の方が意外に多い。作り直すなら参戦したい、協力したいという企業もちらほら。
今のところ

・データ構造は変えないでほしい

・UIは変えてほしい(これは dolphin の頃から言われてましたね)

・win でも Mac でも動くようにしてほしい

というような希望があるようです。
意思表示示してくれたところとは、コンタクトとってますし、少しだけですが、上記の要望に沿った形で手はつけてます。
まだまだ、アウトライン決めてるところですので、似たような希望を持たれている方がいたら、ご連絡のほどを。手は多い方がいいので。

そのような状況なので、とりあえず、公開は中止してます。

 

開いたイルカ

いるかの棲む闇』コメント欄で唐突に主要な「イルカ」のステークホルダーが揃って質疑応答が始まった。

増田氏、opendolphin-m は公開されていると主張しているけど、

本人自体が HP 上で非公開にしていることを主張しているんだよね。

え?と思って確認したけど本日(2018/10/23)もしっかりアナウンスしている。

外部サイト保管: archive

公開しているのはあくまでバックポート用のものであり、別の(本来の) OpenDolphin-m があると私は認識していたのだが。

また、LSC の方が言っていたが、「増田ファクトとLSC 商用版 OpenDolphin にはデータベースの互換性はない」そうである。(そうである、というのは現時点では、私は両ソフトとも持っておらず確認してみようもないから。あくまで LSC さんから聞いた伝聞です)

いろいろ矛盾しているように思う。
ここらへん、なんでこんなわかりにくい主張するのか私もよくわからない。

(追記)

やはり、プライベートリポジトリに移行した OpenDolphin-m がある、ということでいいようです。

なお、このツィートに関して私の友人は「増田ファクト版を商品化したベンダーがいたとかで『オープンソースを営利化するのは好まない』とクローズドにした経緯があるとかなんとか。個人の好悪で公開したり引っ込めたりする人は,そもそもオープンソースプロジェクトには向かない人ですね。」と感想を漏らしてました。

私も、ほぼ同意見です。ソースをオープンにした時点で、たとえそれが自分が気に入らない人の手に渡ろうがしょうがないと諦めるしかないと思います。

PHAZOR 関係でいうと responsive-kifu なんてパクられまくってますが(この表現、私は嫌いなんですが)、それはもうしょうがないですよ。
それが嫌だったら、プロジェクトを最初からクローズドで開発すればいいわけだし。

表現が今ひとつどうかなと思うところはありますが(せっかく Dolphin の貢献者としての実績をお持ちなのですから、あまり他者を蔑むような表現1)はしない方がいいのでは思います)、オープンソース作者の気持ちとしては納得できるところもあります。

 

(1) 厚生労働省本省判断で医療広告のガイドラインに抵触したようで(おそらく「公序良俗に反する内容」ということで)、削除要請がなされたようですね。和歌山の保健所を通じて私にも確認のための連絡がありました。
同時に患者さんと思われる一般人の個人情報を SNS で流出させた形跡があるということでこれも確認させられました。どちらかといえば、こちらの方がまずいと思います。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

 

大人ベンチャー

幸いなことに DICOMViewer/PACS HorliX が好評なこともあり、それに引きづられるように OpenOcean も再評価されてきている。

まだぱらぱらと、という感じではあるが、医療ソフト関連企業からお誘いがかかるようになってきた。

先日、そのうちの一つの会社 A 社にお邪魔させてもらった。

A 社はこれまでゲーム業界で実績をつみ、その余力で電子カルテを独自開発、最近リリースした。他分野からの新規参入ということになる。

 

都内某所にあるオフィス。

もう、エントランスからしてこれまでの小規模電カルメーカーなんかとは違う。

 

なんでしょう、このお洒落な感じは?

内部には社員用のリラクシングルームなどもあったりして普通の人が想像するような「イマドキの IT 企業」である。

こういうところが電子カルテを作るようになったんだ。

 

私たちも OpenOcean というれっきとした電子カルテを持っているため競合勢力とみなされてもおかしくはないが、新規参入組は必死だ。私たちと組みたいという。

具体的な案件や電子カルテと DICOMViewer/PACS との連携の仕方といった実務的な内容はもちろん、今後の業界の在り方などにも話は及んだ。

小一時間ほど話し込んだが、最終的には和やかな感じで協力の合意にたどり着いたと思う。

 

ところで、昔ながらのユーザー囲い込みではなく、顧客の要望に応じ該当組織が得意な分野を持ち寄ってシステムを組むみたいな在り方が出てきた。誰かが「大人のベンチャーはこうじゃなきゃいけない」というようなことを言った。

つまり、子供っぽく自らの(組織としての)エゴ・都合を一方的に主張するのではなく、あくまで顧客の要望を尊重し、その準備として「大人の余裕」で共有できるもの・協力しあえることはギブ&テイクしておきましょうということだ。

「大人ベンチャー」なかなか良い言葉ではないか。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ