HorliX Ver 1.0.2 リリース

本日、というかもう昨日か(2018/07/19)HorliX の Ver 1.0.2 をリリースした。

こっそり差し替えておこうと思ったのだが、海外筋から評判がよかったのでここでも若干のアナウンスする。

外見的・機能的には Ver 0.0.1 と大して変わらないが、内部的にはけっこうな変更を加えた。

まず、コードに署名した。なのでもうゲートキーパー云々は気にしなくても使える。

それともう一点重要な変更は、サンドボックス化したことだ。どうしようか迷っていたのだが、アップルご推奨ということもあり、ちょっと前からトライはしていたのだ。導入当初は不具合出まくりだったが、最低限使えるレベルにはなったと思う(だから公開したわけだが)。

この変更に伴う不具合はぜひ知りたいので、バグ報告よろしくお願いします。

また、サンドボックス化に伴ってデータの置き場所が変わった。今までは「書類」内に HorliX Data というフォルダを作っていたのだが、それが「アプリ固有の領域」とやらに移動した(だから、これはバグではなく仕様です)。

仕様とはいえ、こういうのはすごく困る。
医療関係の情報は、電子カルテを筆頭に保管義務があるが、このとき法的な意味でも実用的な意味でも責任を負っているのは、その医療機関の開設者である。ところが、肝心かなめの医療情報はその開設者であってもフルにアクセスできない可能性が出てくる。もともと何の責任も負えない一企業が決めた仕様に、責任ある立場の者がかなり不自由な形で従わざるを得ない、というのは何かがおかしい(別にアップルのやり方にケチをつけているわけではなく、特殊な仕様条件ではこういうことがおこりうるんだということが言いたい)。

OsiriX がアップルから距離を取っていったのは、そういった背景があったのからかもしれませんね。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です