HorliX/Horos/OsiriX written in Objective-C

ROI あたりから、Horos や OsiriX のコードを真面目に読み始めたのだけれど、意外に読みやすい。

読み始める前は、「ハイソな Mac のことだから、Horos/OsiriX のソースコードも、モダンで、レアなデザインパターン使いまくった難解なコーディングしてるんじゃないの?」と思っていたが、そうでもない。どちらかといえば、素朴な組み方していると思う。これはよく考えれば当たり前で、元々の作者のロゼッタさんは放射線科の医師。C/C++ 系のガチ職業プログラマのような「誰がこのロジック追えるんだ?」というような書き方はしなかった(できなかった)からだと思われる。

あと、読んでいて気がついたのは、Horos プロジェクトがつけたコメントがけっこう間違っているように思う。信用してどハマりしたことがあったので、気がついた。もちろん、全部、間違えているわけではないし、有益なコメントも多く有り難いのだが、「ここ間違えちゃいかんだろう」というところで、いい加減なコメントつけて逃げちゃっている感じ。感覚的な言い方をすると。

作業していて嫌なのは、やはり、Objective-C のクセ。

全然、慣れない。

 

 

クリックclose

“HorliX/Horos/OsiriX written in Objective-C” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です