OsiriX Lite の現在

HorliX/HorosROI の UI を改変するため、数年ぶりに本家 OsiriX を github から落としてきてソースからビルドした。

多少、引っかかったので、適宜ソースを修正。結果、問題なく Xcode 9.4 でもビルドできた。もちろん HighSierra で動く。

なお、参考にしようとしていた箇所はやはり MD とは動作が違っていたため、役に立たなかった。

OsiriX MD はオープンソースではなくなったというのは本当だったようだ。

ただ、意外なことに OsiriX には未だにオープンソース版が存在する。6月の初頭にちょっとしたプルリクエストがきており、rossetantony 自らがマージしていた。

要するに、これは、「OsiriX にはオープンソース版が存在する。現在も開発を続けています。OsiriX MD は、収益化のためにオープンソース版とは別物になりました。もはやオープンソースでもなんでもありません」ということなのだと思う。

これはこれで良いのではないかと思う。

 

と先ほどは書きましたが、若干、考え方を変えました。

というのは、ついさっきなんですが、@rossetantony が、私のプルリクエストを断ったから。プルリクの内容は、ある程度日本語化された xib ファイル(cocoa で実際の UI を決めているファイル)一式と彼のプロジェクトを HighSierra + Xcode 9.4 でビルドするための若干の微調整。なお、プルリク時にコンフリクトおこしてますが、それは、その前のマージが意味不明なもので私が無視したから。

こちらとしては、「OsiriX のオープンソース版の開発を続けるなら、支持しますよ」というちょっとした好意の表明だったんですが…。

こういうことをすると「rossetantony という人物は、オープンソース版を最新の環境ではビルドさせたくないし、日本語環境も提供したくない。オープンソースという言葉を使いたいがためにビルド不能なソースコードを github に上げている」という風に悪くとっちゃう人も出てくると思うので、あまり良い対応ではないような気がします。

と思ってたら、スレを再び open にして結局マージ。謎だ。

 

彼の真意はよくわかりませんが、そのときの私のソースは、

air-h-128k-il/osirix

に上げてあります。たぶん、こちらは何の修正もなしにビルドできるかと。また、ビルドしたプロダクツは

こちらのダウンロードページ

からどうぞ。5.8 〜 6.0 相当ですが。

 

あと、他の SNS 経由で「なぜ、OsiriX は、クローズドな開発を宣言したのに、わかりにくい形でソースを公開しているのか?」という質問があったので、書いておくと、おそらく OsiriX が使っているライブラリの使用条項によるものだと思われます。OsiriX は、dcmtk, ITK, VTK,…. といった有名どころのライブラリを使用していますが、その多くが正真正銘のオープンソースです。私も、全部のライブラリのライセンスを把握しているわけではありませんが、例えば、VTK (オブジェクトを表示させるためのそれはそれは重要なライブラリ。ただ、設計のクセが強く HorliX ではちょっと手を入れて使ってます)のライセンスは、いゆる 3-clause BSD license です。このライセンスは、VTK を同包したソフトをクローズドにしてもかまわないというけっこうユルいライセンスですが、それでも、同包した場合には、このライセンスを引き継いでいるということを表示しなくてはいけない、というシバリがあります。

一般的にいって、GPL 系は、ソース公開に関する条件が厳しいため、それに従って公開しているものと思われます。

また、一部で rossetantony や pixmeo(OsiriX の現在の開発元)の評判が悪いのは、この手のシバリを彼らが無視しているためです。

なおソースコードにあたると、コードを提供したプログラマは数多いです。一部に、そういった人々の著作権表記も (L)GPL 的にはなされんあければならないという解釈をしている人がいたりします。現実問題、無理でしょう。ソースコード上でのサインがなされていて、ソースコード自体が第三者にも見える形で公開されていればOKと考えるというのが適当かと思います。

 

クリックclose

“OsiriX Lite の現在” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です