ROI

ROI という言葉がある。Region Of Interest のことで、文字通り関心領域と訳される。

医療画像を見たとき、慣れた医師であれば、どの部分に注目して何を計測すればいいかわかっているが、DICOM Viewer はたとえ OsiriX MD といえども自動でこの作業をおこなってくれるということはない。したがって、操作者が「関心」領域をコンピュータに教えなければならない。

例えば、心胸郭比を求める場合は、以下のような操作になる。

まず、計測したい画像を立ち上げる。次にメニューバーよりアイコンの機能を変化させるボタンを押下。心胸郭比の場合は、関心領域は直線になるので、Length を選ぶ。

開始点でクリック、ドラッグして、終了点で再度クリック。

するとその直線の撮像時の実空間での距離が計測できる。

心胸郭比は、12.500/29.455 x 100 = 42.438 [%] ということになり、心肥大はないと判定できる。ちょっと直線の引き方が甘いのは大目に見てほしい。

 

と、なんでこんなチュートリアル的な内容を柄にもなく書いたかといえば、この分野で早速リクエストがきたから。

確かに、関心領域が近接した場合、表示が見にくいですね。

なので改変。

 

 

英語版では、omrd さんの要望に沿って不要なレーベルを全て削ぎ落とす。日本語版は、漢字の視認性は捨てがたいと思い、残しておいた。

なお、これはぐりぐりのテストコードというやつで、狙った動作をさせるために変数管理などかなり無理をさせている。色の調整などを含め、リリース版に含めるためには、もうちょっと修正が必要。

 

(追記)なので、まず、色目の修正。

のデフォルトのグリーンから始まって、トパーズイエロー→キャロットオレンジ→マドンナブルー→…の順で描画する。

ただし、これは描画途中であって、いったん手を離して ROI を確定すると、最後に確定した ROI がデフォルトのグリーンで表示される。文字にするとわかりにくいですが、使ってみるとたぶんこの動作は一発でわかると思います。

また、色もいわゆる「洋色」メインにしました。

実装も「オブジェクト」・「クラス」を意識してコーディングし、かなりシンプルな形になったかと思います。

なるべく一般性を失わないようにと心がけたせいか面積系の ROI でも一発で狙ったように動きました。

キャロットオレンジ→トパーズイエロー→デフォルトグリーンの順に囲んでいったので、最後に書いた部分がデフォルトのグリーンで描画されているわけですね。

「海馬の体積が何パーセント減って…」などというとき役に立つかと。

(参考:『アルコール依存症患者では視床枕の体積減少がみられる』

 

上記の改変の結果、今のところ ↓ のような操作性になっています。

 

(追記2)上記の機能は、ROI-color-rotation-UI という呼称が割と一般化したようです。

ソースコードを提供した Horos さんのリリースノートにも、この表現が使われています。
色がくるくる変わっていく感じが表現できていて、なかなかいいかと。

 

クリックclose

“ROI” への3件の返信

  1. ピンバック: 進捗状況 - HorliX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です