サイン波かパルス波か?

ECTをかけるとき、サイン波を使うかパルス波(実際にはサイマトロンという名の装置)を使うかという問題がある。業界的には副作用の少ないパルス波を使ったほうがよいということで答えは出ているのだが、最近関心がもたれてきているのは、パルス波でけいれん波が誘発されなかったときどうするか?という問題である。
以前にも書いたが今のところ

パルス波(電気投与量最大)→不成功→サイン波

としている施設が多いようだ。
もう学会のプロシーディングが配布されているので書いてもいいと思うが、僕らのグループがこの問題の解決に糸口を与えた。結論を言うと

パルス波(電気投与量最大)→不成功→パルス幅変更→不成功→サイン波

とするとよいというもの。最終的な確認はまだなのですべての人に奨められるレベルには達していないが、今のところサイン波を使うことなく良好な結果が得られている。
手技的に簡単な割りに得られるところが大きく、私としてはお気に入りの発見の一つ。

 

猪股弘明(精神科)

(追記)…パルス波(デフォールト設定)とサイン波ではサイン波の方がけいれん誘発性が高い。が、認知症状(物忘れなど)が出やすいためサイン波は避けられる傾向がある。さらに、私がサイン波を嫌う理由は、認知症状に加え心血管系のイベントが多そうだという私自身の印象。実際、電気刺激直後は迷走神経が刺激され、いったん副交換神経優位の状態になる。が、すぐに交感神経優位となり、頻脈や血圧の上昇がおこる。要するに循環器系のバイタルが乱高下するのだ。これが身体にいいとはとても思えない。長年に渡りメジャーが処方されていて、かつ、心臓へたり気味なんて患者さんにサイン波でECTをかける度胸は私にはない。

(追記2)やっぱり…。
< 2004年 6月3日 毎日新聞>
上野原町の精神科病院、財団法人・三生会病院(山崎達二院長)で治療中の男性(当時51歳)が電気けいれん療法を受けた直後に死亡した問題で、東京都内に住む男性の遺族は2日、同法人を相手取り、慰謝料など約4000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
訴状によると、男性は統合失調症のため同病院で治療を受けていた。03年4月24日、男性が通院したところ、担当医ではなく、別の医師がこの日初めて男性を診察。同医師は担当医とは全く異なった「電気けいれん療法」を唐突に選択し、心電図など必要な術前検査を行わずに実施した。その後、男性は心肺停止状態となり、心臓マッサージと人工呼吸を30分続けたが、急性心筋こうそくで死亡した。男性は心筋こうそくの持病があり、病院側も知っていたという。遺族は「医師は術前の検査・診断義務を怠った」と主張。「電気療法の危険性など十分な説明もなかった」と訴えている。
同法人は「詳細を把握していないため、コメントすることが出来ない」としている。

(追記3)…パルス幅変更できれいに治療できた症例をここに公開しておきましたので詳細はそちらを参考にしてください。

(追記3-1)…その後、上の文献で示された方法論は、論文、学会、先輩からの口伝?などで広まっているようです

修正型電気けいれん療法により精神症状の改善がみられた薬物抵抗性のレビー小体型認知症の1例』( Dimentia Japan, 西田岳史・近江翼・松永秀典)

電気けいれん療法における刺激パラメータ調節の可能性』(川島啓嗣・諏訪太郎・村井俊哉・吉岡隆一)

などをお読みください。
もっと基礎的なことも知りたい人は、ここもご覧ください。

(追記4)…学会のプロシーディングがいつになっても web 公開されないので、じれてパブーで公開しました。(現在は無料配付中)

advanced ECT techniques

こちらでもダウンロードできます。

(追記5)その後、学会レベルで「サイン波装置の原則使用禁止」が決められました。原則、もう、使っちゃダメ。

 

クリックclose

コメントを残す