【Watch】米国では使えるが日本では使えないメディカル・アプリ3選【iPhone】

日本では心電図アプリが使えないということで Apple Watch が話題になった。iPhone アプリを含めると、当局承認の問題で、他にも米国では使えるが日本では使えないアプリはけっこうある。

 

今回は、3つほど選んで紹介。 まず、パーキンソン病のモニタリングアプリ。

iPhone アプリのみだが、watchOS には振せんやジスキネジアといったパーキンソンの代表的な症状を検知する機能が既に実装されているため、Apple Watch 向けアプリ、およびそれと連動する iPhone アプリなどがリリースされるのは時間の問題と思われます。

 

次は、自閉症のスクリーニング用の iPhone アプリ。

ただ、この分野は日本では保健師さんたちが保健所の検診などで頑張っていると思います。(けっこう拾えている印象)

 

最後は、てんかんの記録アプリ。これはぐりぐりの watch アプリのようですね。

さすがに脳波までは拾えないと思うので、信頼性はなんとも評価しにくいですが、興味深い試みだと思います。

 

 いずれにしても、日本では真似できないような産学連携っぷりですね (^^;)

疫学研究で次世代プラットフォームになりそうな本格派感がそこはかとなく出ているような気がします。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

そうだ、猫に会いにいこう

実質、『猫のいる病院』の続編。

最近、忙しくなったのもしょうがないかあと思っていたのだが、先日、ベッドにどすんと腰を下ろした瞬間に大量の鼻出血。
私の場合、諸々の疲れがたまるとこうなる。
さすがにやばいと思った私は、猫をモフりに某病院に向かうのであった。

(元)ボス猫は顔つきも精悍。白黒は舎弟感出てる(笑)。
↓ ふみふみしている様子も動画におさめてみました。

なお、猫がいるこの病院は、隔離・拘束患者はほとんどいない。正直、楽だ。
必然、拘束患者は目立つので病歴などをチェックする。ある患者さん(知的障害)の黄紙(医療保護入院をさせるとき指定医が記載する黄色の所定の用紙)を読むと…

200x. x 月、家族に対する暴力が止まらず、都立松沢病院医療保護入院(初回)。

って僕が初期研修医二年目のとき、病院のどこかにいた患者さんじゃん。
その後も何回か入院しているので、ひょっとすると僕が担当してたかもだね。

黄紙によれば、松沢をめでたく卒業された後は、郊外の病院で社会復帰に向けた治療が継続。数年前より、遂に自宅への帰還を果たしたそうだ。
今回は、作業所で軽い威嚇行為があったそうだが、どちらかといえば、スタッフにかまってほしい故のアピール的行為のようだ。猫にたとえていうなら「甘噛み」みたいなもんだろうか。
今回も周囲のスタッフを休ませるための変則的な休息入院的意味合いが強い。
松沢初回入院時に100キロ近くあった体重(当然DM持ち)も、70キロ程度に落ちDMの薬は現在不要になっていた。空腹感にも耐えられるようになったんだ。えらいな。
夜間の他患への干渉防止目的で胴抑制だが、それを受ける姿にも強く抵抗する様子はみられない。

君は、この10年よくがんばったね

と少し嬉しくなりながら、心の中で思うのであった。
衝動的な暴力により強制入院させるしかなかった患者が10年かけて地域に戻る。どちらかといえば地味な症例かもしれない。
でも、私には、これが近代日本精神医療のささやかな勝利のように思えるのだ。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

Kamakura Live 2018 予習

日頃からお世話になっている湘南鎌倉総合病院の斎藤滋先生主催の「鎌倉ライブ」が今年も 12/15-16 横浜にて開催されます。

事前登録は 12/7 までですので、ご興味のある方はお早めに。

なお、HPは齋藤先生お手製。制作過程は

この10日間 悩み抜いたバグがようやく解決

などをご覧ください。

 

予習など…

🌟 TAVI

Transcatheter Aortic ValveImplantation 経カテーテル大動脈弁置換術 の略。

外科的な大動脈弁置換術が受けられない患者さんに適応あり。
なお、一昔前だと、溶連菌感染症→リュウマチ熱→(確か、疣贅形成)→弁膜症という経過が多かったが(私はそう習った)、早期の抗生物質投与でこの数は激減。現在は動脈硬化性の弁膜症が増えている。高齢のため全身状態が悪く、外科手術の適応がないため、TAVI が行われるようになった、と。
なるほど。

齋藤先生、これを橈骨動脈からアプローチするんすか。
化け物ですね。

 

🌟 FFR

Fractional Flow Reserve 冠血流予備比の略。

定義は「最大充血時の、病変よりdistalの圧力 / 大動脈圧」。

圧力はそれ用のワイアがあるらしい。直接測る。

FFR < 0.8 (=distal での圧力が大動脈圧に比べ小さい)あたりで要治療。

けれど、理想を言えば ∫vdS (速度場 v を distal 冠動脈の任意の断面で面積分) の方が指標(絶対量として定義できる)としてよくないか?

 

🌟 冠動脈イメージング

測定装置は US, OCT, 内視鏡, 近赤外 色々ある。個人的に大好物。

 

🌟 Mitral clip

僧帽弁の逆流防止のための治療。

確かにクリップですね。

 

🌟 3文字言葉

LMT (Left Main coronary Trunk) 左冠動脈主幹部

LCX (Left CircumfleX coronary artery) 左冠動脈回旋枝

LDA (Left anterior Descending coronary Artery) 左冠動脈下行枝

RCA (Right Coronary Artery) 右冠動脈

以上、4 区分が基本。さらに 15 くらいに分類している模様。


元画像はこちら

 

慢性完全閉塞 (CTO Chronic Total Occulsion) に関する問題の一つは、これらの部位で慢性に閉塞していった場合、閉塞・狭窄にどのような規則性があるか?ということだと思う。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

猫のいる病院

先日精神科病院に営業&開発に行ってきた時の話。
まず、建物外観に軽くときめく。


今どき、こんな昔ながらの精神病院精神病院した建物ってなかなかない。
古いが手入れはちゃんといき届いている。
まず、猫ちゃんがスリスリとお出迎え。


良い精神病院にはアイドル猫がいるものだが、ちゃんといた。
フレンドリーな職員さんに聞くと「以前は茶トラがこの地域のボス猫で白黒ブチをボコボコにしていた。ある時、ボランティア団体が去勢手術をしてボス猫の性格が一変。二人は仲良しになった」ということだった。
エピソードも完璧に近い。
しかし、その頃の名残なのか白黒ブチは今もボス猫の背中をふみふみ。


可愛すぎる。

管理職との方と2時間ほどお話してきたが、そのときの細かい話はビジネスっぽくなるので割愛。ただ、建物は現在の基準にあっておらず建て替えざるを得ない、経営的に苦しくなるが地域のためにも何としても精神医療は継続していきたいとのことだった。ぜひ、継続させてください。
まったくアタリの病院で、一回でファンになってしまったのだった。
あ、当直もしてきました。指定医業務もまっとうしたかと。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ