精神保健指定医講習会

精神科領域では、「精神保健指定医」なる資格がある。
患者さんに「自傷・他害のおそれ」がある場合、誰かが入院・隔離・拘束などを決めなくてはいけないが、これは基本的人権を侵害することにもあたるので、国から「指定」された医師がおこなうことになっている。なので「指定医」などと呼ばれている。
精神科病院で当直などをする場合、ないと仕事にならない場合が多いので、これだけはメンテしないといけない。
大抵の精神科医は、臨床でいっぱいいっぱいの時に取る資格なので、以前にその取り方が問題になったりもした。

私も保持しているが、指定医を規定している精神保健福祉法の改正などがあるため、5年に1度は決められた講習を受けなくてはいけない。
先日、講習会があったため、私も参加した。本年度、最終だったため、会場は人でいっぱい。

午前は、最新統計などチェックできたりするので、興味深く聞けた。措置入院の数が微増しているのは意外だった。拘束の数減らすより、こちらの件数減らす方が、(長い目で見ると)優先じゃないかなあ、などと思った。

午後は眠気との闘いになる。

次回からは、意見書いたりする形式に変わるとか。
かなり実務的な資格なので、そちらの形式の方がいいように思う。

 

🌟精神保健指定医と私というと『精神保健指定医レポート作成マニュアル』ということになるかと思いますが、現在は、諸々の事情で Puboo での配信を停止、amazon  のみでの配布になっております。
改訂したいんですけどね。時間の関係で…ごにょごにょ。

小保方-笹井事件と不正告発制度

STAP 騒動だとか小保方-笹井事件だとか云われているものは、マスコミにニュースネタを提供しただけなく、今も研究・開発の現場に影響を与えている。

この事件をきっかけに

研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン

というものが文部科学省で定められたからだ。

これを受けて国の研究関連予算の分配機関を中心に組織毎に研究上の不正に関する規定・ガイドラインを設けるようになった。
ネット上で窓口を設けているところも多い。

・問題となった組織を抱えていた JST (科学技術振興機構)。

・文部科学省直接にはここ

・経済産業省管轄でも同様の窓口が新設された。

私自身は、国から大型の予算を直接受領したことは一度もないし、そもそも自分が純粋な研究者だとも思っていないが、分配を受けた組織で働いていたことは過去にあるソフト開発などもやっている関係上、当局から関連領域の関与者とみなされたりもする。

そのせいか協力を求められている案件がいくつかある。主に資料提出要請だが、昨年は当局に直接出向いた。

こういった制度ができる前は、今でいう「不正」がかなりの頻度であったことは認識しているし、それで泣いた人も身近によくいた。

この制度の特に運用面に関しては言いたこともあるのだが、まずは、被害にあった人の無念のようなものが晴らされれば良いのになあと思う。

 

 

ゲーム療法

昔、将棋 AI さらには機械学習まで手を出したくて、古典的な手法でリバーシのプログラムを書いたことがある。

Reversi -AI の基本-

よかったら遊んでみてください。クッソ弱いですが。

なお、うつ病の回復過程で単純なゲームをやると効果的な場合があって、それはたぶん、頭脳に適度な負荷をかけてちょっとした達成感を味わうのが集中力を取り戻すのに適しているからでしょう。密かに『ゲーム療法』と呼んでいましたw
他には『コミック療法』 だとか『安っぽい歌謡曲聴きまくり療法』というのもありますが、それは機会があったらおいおい。

 

2019 上半期 メンクリ外来

ちょっと以前から、東京は五反田駅前にある『五反田駅前メンタルクリニック』というところで

水曜日 午後 3:30 〜 8:00

で外来を持っています。

ピンチヒッターがそのまま毎打席バッターボックスに立っているみたいな感じなんですが、4月くらいまではオープンしておきますので、よろしかったらぜひお立ち寄りください。

猪股弘明(精神保健指定医)

 

【Watch】米国では使えるが日本では使えないメディカル・アプリ3選【iPhone】

日本では心電図アプリが使えないということで Apple Watch が話題になった。iPhone アプリを含めると、当局承認の問題で、他にも米国では使えるが日本では使えないアプリはけっこうある。

 

今回は、3つほど選んで紹介。 まず、パーキンソン病のモニタリングアプリ。

iPhone アプリのみだが、watchOS には振せんやジスキネジアといったパーキンソンの代表的な症状を検知する機能が既に実装されているため、Apple Watch 向けアプリ、およびそれと連動する iPhone アプリなどがリリースされるのは時間の問題と思われます。

 

次は、自閉症のスクリーニング用の iPhone アプリ。

ただ、この分野は日本では保健師さんたちが保健所の検診などで頑張っていると思います。(けっこう拾えている印象)

 

最後は、てんかんの記録アプリ。これはぐりぐりの watch アプリのようですね。

さすがに脳波までは拾えないと思うので、信頼性はなんとも評価しにくいですが、興味深い試みだと思います。

 

 いずれにしても、日本では真似できないような産学連携っぷりですね (^^;)

疫学研究で次世代プラットフォームになりそうな本格派感がそこはかとなく出ているような気がします。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ