医工連携−学会出張編−

この4月に医用工学系の学会にいってきた。自分の発表をするためもあるが、工学系の研究者がどんなことをしているのか興味があったからだ。

私の発表は、数少ない医学系研究者にはそれなりに評価してもらったようだが、一般の工学系の方々には今一つうけなかったようだ。テーマ自体が精神科領域のECTということに加え、最終的な主張が「現在使われている医療機器も、手技の進歩に応じてマイナーチェンジすべきではないだろうか」というおそろしく地味なものだったせいだろう。あー、でもこの主張をひっこめるつもりはありません。

工学系の発表を眺めると…。なんか微妙。現行の装置の改良というよりは「第二のCT・MRI」を目指したネタが多かったように思う。現場をくぐりぬけた立場からいえば、なんか夢みたいな研究だなという印象。夢みたいなことをいうのはいいんだが、臨床的な感覚がないがゆえに研究自体が変な方向にいっちゃてるのもけっこうあったような・・・。

例えば、TMS。

かつては「未来のECT。しかも安全」ということでそれなりに期待されていたが、期待ほどは普及しなかった(→これは、その後、保険収載されて 2019 現在ではそこそこ普及してきたが、設置基準などの問題もあり、今でもどこでも受けられる治療法ではない)。これにはかなり納得すべき理由がある。実は「ECT vs TMS」の比較化試験は既におこなわれており、その結果は「うつ病の中等症までは効果は同等、しかし重症ではECTの圧勝」というものだったからだ。一見するとTMSも有用に見えるが、現在のところ、うつ病の治療戦略全体から考えると重要度はそれほどまで高くない。なぜならば、中等症までならば「精神療法+薬物療法、さらに環境調整」でなんとかなってしまうケースが多く、あえてTMSを持ち出す必然性が見当たらないからだ。というより、軽症〜中等症までならECTもTMSも使わずになんとかしようと思うのが普通ではないだろうか。(ただし、日本でのTMSは海外で行われているそれより成績がいいという報告もちらちらある。が、これは本邦の精神科医が熱心で、治療のために患者さんの通院頻度が上がり、さらにそのときに医師・カウンセラーとの接触が増えるので、そのためではないかと推測されている)

話が若干逸れたが、工学系の方々も臨床の、特に疫学系の論文を読んだほうがいいんではないかと思った次第だ。

 

猪股弘明(医学士・理学士)

 

クリックclose