MacPro の衝撃

先日、MacPro の今秋の発売がアップルから公式にアナウンスされた。

当初は、その形状から「おろし金」などと言われていたが、徐々にそのハイスペックぶりに注目が集まっている。なにしろ、RAM だけで 1.5T 積めるらしい。
今から思うと OSX が「OpenGL 非推奨、Metal 推奨」になったのはこの布石だったのかもしれない。
画像処理を重視するなら、GPU を低レベルから操作できる Metal の方が処理速度の点で有利になることが予想される。現状では、OpenGL の Ver3, 4 の方が Metal より速いようであるが、コードが熟成すれば Metal の方が速くなりそうだ。
業務用途で凝った3Dキャラをストレスなく動かすには、ここまで必要なのかもしれない。ちょっとした画像処理でここまでの必要性があるのか判断しかねるが、アップルからしてみれば「業務用の高負荷のかかる映像処理は、Metal 対応のソフトで MacPro を使いなさいよ」ということなのだろう。

こういった明確なメッセージは、アップルらしいなあと思える。

 

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です