MacPro の衝撃

先日、MacPro の今秋の発売がアップルから公式にアナウンスされた。

当初は、その形状から「おろし金」などと言われていたが、徐々にそのハイスペックぶりに注目が集まっている。なにしろ、RAM だけで 1.5T 積めるらしい。
今から思うと OSX が「OpenGL 非推奨、Metal 推奨」になったのはこの布石だったのかもしれない。
画像処理を重視するなら、GPU を低レベルから操作できる Metal の方が処理速度の点で有利になることが予想される。現状では、OpenGL の Ver3, 4 の方が Metal より速いようであるが、コードが熟成すれば Metal の方が速くなりそうだ。
業務用途で凝った3Dキャラをストレスなく動かすには、ここまで必要なのかもしれない。ちょっとした画像処理でここまでの必要性があるのか判断しかねるが、アップルからしてみれば「業務用の高負荷のかかる映像処理は、Metal 対応のソフトで MacPro を使いなさいよ」ということなのだろう。

こういった明確なメッセージは、アップルらしいなあと思える。

 

 

HorliX sandbox 版からのデータ移行

HorliX MacAppStore 版では、sandbox 機能が強制的にオンになっているため、データなどが特殊領域(しばしばコンテナ領域といわれる)に書き込まれています。
具体的には、以下にありますので、AppStore 版から移行される際には、この HorliX Data を『書類』などに移動させてデータ移行させてください。

Web Server 機能 -iPad の場合-

HorliX の機能のうち小規模診療所などで喜ばれることの多い機能に Web Server 機能がある。(元々は OsiriX の機能だが)
これはネットワーク上で HorliX をウェブサーバーとして使い、他端末のブラウザでサーバーの画像を閲覧できるようにするという機能だ。さすがに3次元構成像やシリーズものは無理だが、ちょっとしたレントゲン像なら iPad などでチェックすることができる。Windows 機なら weasis が立ち上がる。
設定はいたって簡単。
設定(preference)画面で Web Server を押下。
すると、設定ダイアログが出てくるので、Activate the built-in Web Server にチェックを入れ、IP アドレスとポート番号を適切に設定する。

これで、サーバーが立ち上がる(リスタートすればより確実)。

サーバーが立ち上がった状態で、例えば iPad のブラウザで上記のアドレスにアクセスする(この場合なら http://192.168.100.108:3333 )。
すると…

とポータル画面が出現する。あとは、閲覧したい画像を検索画面を使って選んでいく。

胸部レントゲン程度なら、こんな感じで表示されます。

簡易なものですが、これで、施設内 LAN に繋がっている iPad などから HorliX データベースの画像が閲覧できるようになります。

【祝!】MacAppStore メディカル部門1位【全体でも5位】

集計の方法が今ひとつわからないのですが、HorliX、MacAppStore のメディカル部門でトップをとったようです。

アプリ全体でも5位と検討。

あ、でも、Mac 自体の販売台数が iPhone あたりに比べると圧倒的に少ないってのと HorliX 自体の販売価格が安いってのがあって、これでも余裕で赤字です(笑)。

 ! 現在は直接配信に切り替えています。

 

【重要】HorliX プラグインインストールの不具合について【告知】

先ほどユーザー様からメールがきて気がつきましたが、現行の HorliX だとプラグインのインストールができません。
これは、HorliX を MacAppStore に上げた際、プラグインを置いてあるサイトの URL を指定し忘れたためです。サイトにアクセスはしますが OS X のサンドボックスに阻まれ、インストールができないはずです。

解決策は、プラグインを入れた Plugins フォルダを「手動で」

ユーザ/(ユーザーアカウント名)/ライブラリ/Containers/info.phazor.horlix/Data/Library/Application
Support/HorliX/

以下に配置すればプラグインが使えるようになります。

JPEGtoDICOM.horlixplugin を同胞した Plugins.zip をご用意させていただきましたので、必要あればダウンロード後、解凍してお使いください。

Plugins.zip

 

開発環境だとサイトからダウンロードするのでなく、プラグインを直接フォルダに放り込むため、この現象に気がつきませんでした。

ユーザーの皆様には大変ご迷惑をおかけしました。
心からお詫び申し上げます。

HorliX 開発チーム一同

【参考】
JPEGtoDICOM を使うと .jpg ファイルや .png ファイルを dicom ファイル化して HorliX に取り込むことができます。


トプコン様からお借りしました。元画像は、https://www.topcon.co.jp/eyecare/products/diagnostic/oct/3DOCT-1_Maestro_J.html にあります。


Si(111) 7×7 STM 観察像。

 

Mojave

Mac OS X 10.14(通称 Mojave)では OpenGL が deprecated (非推奨)になったため、現行の HorliX では正常動作しないだろうと思っていたのだが、試しに動かしてみたら、2DViewer や 3DViewer などの主要機能は問題なく動いているようだ。

今のところ、不具合の報告も上がってきていない。
これは deprecated になったというだけで「使ってはいけない」ということではないためと思われる。他に cocoa の機能が大幅に変わったという話は聞かないので、現行の HorliX は Mojave でもほとんど問題なく使えると思います。

 

 

国内ユーザー第1号

HorliX、元々が Horos だったこともあり、今のところ、国外でのユーザーの方が多い。

Ver 1.0.3 になって、開発協力者に近い範囲で国内での普及も意識し始めた。1.0.3 になってからの国内ユーザー第1号は、湘南鎌倉病院の radialist 先生(お名前をお出しするのはなんだか気がひけるので、ハンドルで)。

ご自身のブログにこんな記事も

まったく大変でした そして HorliX

書いていただいた。

有り難い限りだ。

 

(追記)radialist 先生、さらに

HorliX の少しの tips

という記事も書いてくれました。既に OsiriX MD を使っていた場合、データベース(OsiriX Data)を移行させたいと思いますが、その時の手順が書かれています。データベースの読み込みからアルバムの移動のさせ方、さらにサンドボックスしたアプリ一般に関するかなり重要な情報も含まれており、ビギナーからヘビーユーザーまで役に立つ内容になっているかと思います。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

 

新型 Mac Book Pro & HorliX 0.0.2

新型 Mac Book Pro

もともとマカーでもなんでもない私は、HorliX 開発に 12 inch MacBook を使っている。けっこうライブラリなどにも細工しているので、そろそろビルド時間も気になるようになってきた。また、ビルドが始まってしまうと計算リソース持っていかれるせいか他の作業はほぼできない。

そろそろ限界でしょうか。

こういうときに限って「新型 Mac Book Pro」のニュースが…。

現在の用途に合わせるなら、とにかく速度の出るマシンが欲しい。

となると core i7, 16G メモリ, 512G SSD あたりか。この構成だと ¥302800 だそうだ。やや高い。

core i9 にグレードアップすると¥ 335800。これはさすがに二の足を踏む。

 

HorliX 0.0.2

まだ公開はしてませんが、内部の方も徐々に手をつけています。

ようやくコードに署名し始めたのが大きく変わった点でしょうか。

細かいところでは通知の方式を変更しました。

外見上は特に変わってないと思いますが。