むくみ

大海薬子
今日は、病態生理のお話をします。

この分野を苦手にしている薬剤師さんは多いのではないでしょうか?

でも、これを克服しないと患者さんが納得するような説明をその場でできないのではないかと思います。

ちょっとややこしいですが、いっしょに勉強していきましょう!

 

在宅など患者さんに近い位置で仕事をしていると患者さんやその家族が疑問に思っていることを訊ねられることが多い。高血圧だとか糖尿病などは、患者さん自体が外来の主治医の先生からレクチャーを受けている場合が多いので、質問を受ける頻度は意外に多くない。多いのは、疾患と目に見える症状との関連性がぱっと見わかりにくい病態に関するものだ。その一つに「むくみ」というものがある。

今回は「むくみ」に関して取り上げたい。なので、ちょっと専門家向けでしょうか。

「むくみ」は、医学用語では「浮腫」という。wiki では「細胞組織の液体(細胞質間液)と血液の浸透圧バランスが崩れ、細胞組織に水分が溜まって腫れる」状態と定義されているが、これで具体的なイメージが湧けばいいのだが、なかなかそうもいかないでしょう。ちょっとイメージを図にしてみました。

血液の液体成分(血しょう)は、心臓から送り出された後、①動脈→②組織(間質)→➂静脈・リンパ管の順に灌流し、再び心臓に戻ってくる。この流れが何らかの事情で阻害され、液体成分が②に留まっていると、組織はぱんぱんに膨れる、つまり「浮腫」の状態になる、という理屈です。

次に、どういう場合にこの流れが阻害されるか?考えてみましょう。

一番、わかりやすいのは、①→②の流量が増大する場合でしょうか。具体的には、炎症がおこって①動脈の血管透過性が亢進している状態や低栄養状態で血管内の浸透圧が低下し水分が過剰に組織に移行する状態がこれにあたります。

また、深部静脈血栓症などで➂静脈・リンパ管が物理的・機械的に閉塞した状態も灌流がうまくいかず浮腫をひきおこします。

わかりにくいのは、心不全で足がむくむ場合(下腿浮腫)でしょうか。これは右心不全では、静脈がうっ滞し静脈血圧が上昇し、結果として②→➂の流れが阻害されるためです。

以上、かなり図式的に浮腫に関して軽くまとめてみました。

ところで、「浮腫」からこのような病態をぱっとイメージできる医療関係者は医師や看護師をのぞいて、そう多くない、というのが私の印象です。あくまで経験的な推測ですが。理由はいろいろあると思うのですが、臨床的な訓練が不十分であったり、臨床生理に慣れていない(解剖用語や浸透圧だとかの物理化学的な概念が乱れ飛ぶので統合して理解することが難しい)のが背景にあるのかなと思います。

まずは、臨床で必要とされる概念を使える形で把握し、患者さんの症状と結び付けて考えられるか、というところから始めるのがよいのではないかと私は思います。



 

クリックclose

“むくみ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です