中学理科で学ぶ肝臓の構造と機能

大海薬子
さて、今日は何の話をしようかしら…..

そうだ! 困ったときは、受験ネタ

nomad 先生、中学理科の知識を使って、例えば、大学受験の生物の問題を解く、みたいな話ができるでしょうか?

これで教育ママさんたちの心もがっちりキャッチ!

nomad
どこかの進学塾のパンフレットに載ってそうな企画ですね。

やってみましょう。ですが、着地点が大学受験では面白くないので、中学理科の肝臓の話から出発してもっと意外なところに着地してみせます。

 

臨床で使う知識はなるべくコンパクトに頭にしまっておく方がいい!というわけで中学の理科レベルの知識から出発して肝臓の構造と機能に迫っていきたいと思います。

 

中学の理科ででてきそうな血液循環の模式図ですね。『みなみの香草屋』さんからお借りしてきました。

ちなみに「➂もっとも養分を多く含む血液が流れている血管」の答えは g で門脈といいます。肝臓は通常の臓器と同様、動脈によっても栄養供給を受けていてそれが f で肝動脈といいます。肝臓が門脈と肝動脈によって二重に栄養されているのは、臨床的にも重要で肝臓がんに対する治療(肝動脈塞栓術)に応用されています。e は肝静脈。

肝臓の機能の一つとしてあるのが胆汁の産生で、胆管を経て腸管(十二指腸)内に排泄されます。上図を活かすならこんな感じでしょうか。

肝臓には、四本の管が接続されているので解剖学的把握がちょっとばかりややこしいわけです。

もうちょっと立体構造を意識するとこんな感じになります。(元画像はここ

胆嚢・肝管・総胆管とありますが、まとめて胆管系という理解でいいと思います。解剖学的には、胆管(系)・門脈・肝動脈は三本が束になって肝臓に接続されているわけです。

ところで肝臓がその機能を実現する上での最小構造は肝小葉です。肝小葉の模式図は以下のようになっています。(元画像はここ

スケールがミクロになっても胆管・門脈・肝動脈は三本組のままになっていることに注意してください。もちろんここに行き着くまでには何回か分岐してますが。

肝臓の機能は「解毒・代謝」ですが、その機能を担っているのは肝細胞です。栄養分リッチな門脈血・肝動脈血は上図では類洞を通って中心静脈へ注ぎ込みます(中心静脈は寄り集まって肝静脈になります)。そしてこの類洞を通っている間に門脈・肝動脈は栄養分を肝細胞に引き渡しているわけです。また代謝された物質の一部を速やかに(毛細)胆管へ排出することができます。

要するに肝臓はミクロでもマクロの構造をかなり維持していて、そのおかげでシンプルな構造ながらもその機能を実現しています。

ここらへんの構造と機能の関係は、解剖学・組織学を学ぶときに感動するものの一つではないでしょうか。まさに「人体の神秘」という感じですね。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ



クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です