なぜECTでは「ボタンを押すだけ」ではダメなのか?

私が、ECT(ElectroConvulsive Therapy 電気けいれん療法)を初めて見学したとき思ったことの一つは「通電時の頭部の電磁気学的状況ってどうなってんの?」ということ。

まあ、そこらへんは腐っても物理出身、患者さんの DICOM ファイルもらってきてシミュレーションに勤しむことになった。

モデルの取り方は色々あるのだが、下のケースだと頭蓋骨が電気の侵入をむちゃくちゃ邪魔している。(pterion あたりから侵入してそうだが)


あとこの配置だと電気は海馬直撃(→健忘症状につながりやすい)になりそう。

実際の患者さんの頭部形状は様々で(例えば認知症高齢者なんて大脳自体がかなり萎縮している)、決まりきった配置にしても効率よく脳内に電気を送り込むことはできないということにすぐに気が付く。

要するにECTの試行ってのは「任意の形状の複合誘電体が与えられたとき、外部から電気侵襲を与える際、もっとも効率よくニューロンを発火させる条件は何ですか?」という問題に帰着されるんだが、そう思えない人は相当センスないと思う。

つか、それ意識せずにやったら、患者さんへの虐待でしょ。

 

猪股弘明
精神科:精神保健指定医
理学士:物理

クリックclose