HorliX カスタマイズ案件

HorliX は、AppStore から撤退を余儀なくされたわけだが、やはりというべきか、直接問い合わせ・カスタマイズが増えるようになってきた。
先日、某医療系団体からこんな問い合わせがあった。一部掲載。


メールにてもうちょっと詳細な技術的な回答をおこなったが、ここでも軽く解説しておくと…

シネマティックレンダリング→おそらく無理です。シネマティックレンダリングは、確か、複数の光源を設置し、その反射光をかなりのレベルまで計算させないと(有名メーカーがおこなっているようなレベルの)奇麗な画像は得られないと思います。現行のアルゴリズムを少々いじった程度ではでは難しい。

(ボクセルなどの)独自計算アノテーション→領域が確定したボクセルを数え上げるのは、さほど難しくない。問題は、数え上げたい領域をセグメントすることで、プラグイン作成の難易度は、領域を確定させるアルゴリズムによると思う。可能なものであれば前向きに取り組みたい。

こういう質疑応答はなんかいいですね。

【重要】HorliX プラグインインストールの不具合について【告知】

先ほどユーザー様からメールがきて気がつきましたが、現行の HorliX だとプラグインのインストールができません。
これは、HorliX を MacAppStore に上げた際、プラグインを置いてあるサイトの URL を指定し忘れたためです。サイトにアクセスはしますが OS X のサンドボックスに阻まれ、インストールができないはずです。

解決策は、プラグインを入れた Plugins フォルダを「手動で」

ユーザ/(ユーザーアカウント名)/ライブラリ/Containers/info.phazor.horlix/Data/Library/Application
Support/HorliX/

以下に配置すればプラグインが使えるようになります。

JPEGtoDICOM.horlixplugin を同胞した Plugins.zip をご用意させていただきましたので、必要あればダウンロード後、解凍してお使いください。

Plugins.zip

 

開発環境だとサイトからダウンロードするのでなく、プラグインを直接フォルダに放り込むため、この現象に気がつきませんでした。

ユーザーの皆様には大変ご迷惑をおかけしました。
心からお詫び申し上げます。

HorliX 開発チーム一同

【参考】
JPEGtoDICOM を使うと .jpg ファイルや .png ファイルを dicom ファイル化して HorliX に取り込むことができます。


トプコン様からお借りしました。元画像は、https://www.topcon.co.jp/eyecare/products/diagnostic/oct/3DOCT-1_Maestro_J.html にあります。


Si(111) 7×7 STM 観察像。

 

お知らせ

プラグイン

「HorliX でプラグイン JpegToDicom が使いたい」という要望があった。

これを聞いた時、「あ、しまった」と思ったのだが、回答を先に書くと「HorliX では、既に JpegToDicom は使えます」というもの。インストール方法、使い方は、

HorliX/Horos 動作テスト プラグイン周り

を参考にしてください。HorliX がまだ HorosJ と名のっていた頃、開発状況や使い方・Tips などは

Contre-Attaque

というブログにまとめていたのだった。

引っ越すの忘れてたわ。

 

HorliX と AI

HorliX の未来の一つの形について

医療「AI」ソフト

に書いておきましたので、こういうのが好きな人はご一読のほどを。

日本語化

ツールバー周りも日本語化。

 

2D ビューアもちょっと手入れ。

 

ROI アイコン

ROI に ROI-color-rotation-UI (@omrd さん提唱、私が実装)を採用したため、関連アイコンも修正した。

 

Weasis

クライアントの Weasis を Ver 3.0.1 に変更。