HorliX Ver 0.0.1

ホロス( Horos ) のコードを少々手直しすれば、Xcode 9.3 でもビルドは可能です。

まだ gihthub にあげる段階ではないのですが、少々解説します。

Horos on Xcode 9.3

なぜ、ホロスのコードが Xcode 9.3 でビルドできないのかといえば、同包されているライブラリのうちいくつかが 32bit でしかコンパイルされていないためです。

たいていのライブラリはソースを 64bit でコンパイルし直せば、問題ありません(この作業はほぼ終了)。

問題は、ソースがもはや存在しないライブラリです。

ここは私もちょっとひっかかったのですが、そういったライブラリのうち内容が推測できるものに関しては機能を新たに実装し直してビルドを通すことにしました。

こうするとビルドは通るのですが、その代わり元のライブラリはもう使えません。

結局、DICOM Viewer を部分的に作り直しているようなものですね。

このせいでファイル構成などはかなりすっきりしてきたと思うのですが、その代償として機能の一部が犠牲になりました。

代表的なところだとダイコムプリントでしょうか。

関連ソースを読むとネットワーク上のダイコム対応プリンタというものに独自のデータ形式で印刷データを渡しているのですが、前述のように機能が実装してあるソースがありません。がんばれば、実装も可能なんでしょうが、データ形式もよくわからないし、そもそもダイコム対応プリンタなるものが普及しているようには思えない。なので、この機能はオミットしました。

いや、どうしてもダイコムプリンターを使いたいという人がいれば、実装をがんばってみてください。みんな幸せになれますから。

HorliX

また、64bit 化を推し進めるうちにプロジェクト自体が本家 Horos から、微妙に離れてきたようなので(もう、コードも機能も違ってきている)、以前使っていた HorosJ というネーミングは今後止めます。

いちおう、HorliX (ホーリックス)と名付けましたので、今後はこの名称でお願いいたします。

Horos + OsiriX 

なので、Horlix ですね。

 

 こちらの名馬の名にもちらっとひっかけてたりもしますが。

 

クリックclose

“HorliX Ver 0.0.1” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です