保健医療科学院 小林慎治が国家公務員法違反疑いで厳重注意を受けた件について

こういうのをタナボタというのだろうか、かねてから小林慎治という人から 「OpenOcean は GPL に違反している」という根も葉もない批難を受けていたのだが、別系統でこの件に関して彼の現所属組織から謝罪のメールをいただいた。

単なる事実誤認だと思っていたので放置していたのだが、OpenOcean とは別件のオープンソースのプロジェクトで何かトラブルを起こしたらしく、当方にも現所属先の保健医療科学院の幹部の方から事実確認などの照会を受けた。

なるべく主観的な感情などを入れず、事実と明らかに異なる点に関していくつか返答させてもらった。

そのうちのいくつかを書いておくと

・彼は www.moss.gr.jp というサイトで
「OpenOcean は dolphin-dev の Fork の Fork の Fork」
と紹介していたのだが、これは完全に誤り。
dolphin-dev/opendolphin → Hiroaki-Inomata/OpenDolphin-2.7mOpenOcean
の順で Fork しているので明らかに一つ多い。正確には Fork の Fork。

・「(皆川和史という人の)著作権表示を隠蔽しているから GPL 違反」という主張をしているのだが、おそらくこれはスプラッシュ画面で (C) air-h-128k-il という表示をしたことに起因していると思う。が、これに関しては当時の LSC に確認を取ったところ「配布元がわかりにくくなるので、むしろスプラッシュ画面の(C) 表示は変えてくれ」という返答をもらっていた。その旨の回答をさせてもらった。
また、ついでで言っておくと LSC からは「皆川は現在では会社にも出勤しておらず、OpenDolphin の担当ではないから、気にしなくてもいい」という回答ももらっている。

・上に関することでもあるが、GitHub 上で「一般公開」していたソースコード上では、author 表示の類は一切変えていない。

・GitHub 上で OpenOcean のメンテナをしていた際、小林慎治がプルリクエストを送ってきたのだが、一方的に「マージせよ」と言い張るのみで迷惑したこと。(一般的にオープンソースのプロジェクトでは、メンテナがレビューしたのち、メンテナの責任においてマージする)

と言ったところだろうか。
他にも細かい点も指摘したのだが、主な点はそんなところだろうか。

保健医療科学院の担当の方はかなり丁寧に調べてくれたようで、他のプロジェクトの関係者にも調査をしてくれたようだ。
もちろん、他のプロジェクトの調査内容の詳細は私はわからないのだが、なかには、法律違反を煽る内容もあったとか。
何が決定打になったかわからないが、結果としては「国家公務員法違反(守秘義務違反、信用失墜行為の禁止、政治的行為の制限に関する違反)の疑いがあるので厳重注意をした」という処分になったということだ。

なお、担当者からのメールには「不快な思いをさせて申し訳ありません」という謝罪の言葉も添えられていた。
この言葉には、いくらか救われた。有り難かったですね。

 

air-h-128k-il

(参考1)これは特に誰というわけではないですが、けっこう SNS のアイコンなどに無頓着な人がいるようなので、一般的なお願いということで挙げておきます。

著作権法違反が疑われるコメントの掲載はできかねます

(参考2)ちょっとマニアックですが GitHub も SNS 的要素はあります。プルリクエストを送る場合やイシューを立てる場合、内容もさることながら、アイコンなどにもやはり気を使いましょう。

オープンソースの世界 〜残酷な自由さ〜

 

 

クリックclose

“保健医療科学院 小林慎治が国家公務員法違反疑いで厳重注意を受けた件について” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です