著作権法違反が疑われるコメントの掲載はできかねます

当サイトに限らず、いくつかのHPを管理している身としては、記事へのコメントなどの投稿は歓迎していますが、内容に関わらず社会常識的に不適切なものは公開できません。

一般に twitter など SNS でアニメや漫画のキャラをアイコン・アバターにしているケースは散見されますが、著作権者からの許可を得ていない場合の使用は厳密には著作権侵害にあたります。
(一般向けのわかりやすい解説がこちらにあります)

HPを管理している側からすると、投稿者が著作物の使用許可を管理団体などから受けているかどうかのチェックをすべて行うのは現実的には不可能です。
このような投稿は内容に関わらず公開はしません。

また、公的機関に所属している方の場合、その機関が保有するインフラを介しての投稿も避けてください。

所属組織の公的な見解なのか個人的な意見なのか、コメントだけからでは判断してみようがないからです。

例えば、以前に以下のようなコメントが京都大所属(当時。現在は保健医療科学院)の小林慎治という人からありました。
「公共に益する」といった表現などからさも所属組織の公式見解のような印象を受けます。

ですから、このような場合には、
・京都大の IP アドレスから送信されているため、これが京都大の公的見解なのか
・その上で京都大がこのアイコンの使用許可を得ているのか
調べる必要があります。
この作業には、それなりの労力がかかりました。
内容的に吟味する前に、形式的に違法性がないか確認するだけでこれだけの手間がかかるわけです。

内容に関してはここでは細かい話はしませんが、一般に知的財産権(著作権も含まれます)と言われる事柄に関することです。コメントの「公開」を要望されても、そのコメント関連情報が著作権法的に違法が疑われる場合は、当然ですが掲載・公開はできません。

以上、よろしくお願いします。

 

air-h-128k-il

クリックclose

“著作権法違反が疑われるコメントの掲載はできかねます” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です