Dell XPS 13 の弱点・HP Spectre x360 の魅力

Dell XPS 13

私はちょっとしたことであれば、XPS 13 というノートパソで諸々の用事をすませて重宝しているのだが、この XPS 13 、長期使用すると弱点が見えてくる。

 

フレームにガタがくる

北米系の youtuber がよく報告している。

水平が出ていない机の上などで長期使用しているとそれに応じて筐体のフレームが歪む。

機能的には問題ないのでいいといえばいいのだが、以降、使用にあたって強度的な不安を覚えるようになる。

やはり、アルミ削り出し+カーボンファイバー張り合わせ、という合わせ技が響いたか。こういう体験をすると Mac 系ノートのアルミ削り出し一体成型の筐体としての優秀さが納得できるようになる。

 

電源はオンなのに画面は真っ暗、キー入力などを受け付けなくなる

使用期間が1年を過ぎたあたりからこの現象が出るようになった。

前面にあるインジケーターも橙色に点滅し、不安を覚えたが、これには解消方法がある。

電源ボタンを長時間(15 秒以上)押して再起動をかける

と何事もなかったかのように立ち上がる。数秒ではダメで15秒以上というのがコツでしょうか。

 

ただ、だからといって XPS 13 がダメダメかというとそんなことはなく、ディスプレイの美しさやフットプリントの小ささなど、他のノートに負けない強みがある。発表からしばらく経ちましたが、いまだに普段使いにちょうど良い機種だと思います。

基本的に win 系ノートは数年で買い換えるものだと考えておいた方がいいのではと思います。

 

HP Spectre x360

次に買い換えるとすれば、もう一回 XPS 13 でもいいのだが、流石に芸がない。

HP の Spectre x360 が候補でしょうか。XPS 13 の弱点だった筐体強度も十分にありそうだし、何よりデザインが美しい。プログラミングにも使うようなら、4K ディスプレイは必要になってくるので、パフォーマンスモデルの一択になりますかね。

色は当然アッシュブラック。 これはかっこいい。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です