【魔改造】Surface Pro 7 (+)【SSD 128G→1T】

これまで windows マシンは、Dell XPS 13HP Spectre x360 と乗り換えてきた。ややスペックが見劣りするようになってきたが、通常使用では問題はない。
ただ、Spectre はサイズ的にやや大きく出先に持っていくのに若干躊躇する。

そこで、ネットや量販店などで物色。

最近では(機種にもよるが)、MS (MicroSoft) 謹製の surface シリーズもお値打ち感が出てきた。

外に持ち出せて、そこそこパワフルなスペック、というと surface pro シリーズが良さそう。

⭐️ 無印 Pro 7 と Pro 7 + の違い

この度 Surface Pro 7 で良い出物があったので導入した。

ただし、Surface Pro 7 + という法人・教育機関向けのもの。

無印と + の機能面での違いは CPU の世代と SSD の形態。
CPU は、無印が Intel core i シリーズ 10 世代、+ は 11 世代。
SSD は、無印が(おそらく基盤にベタ付けで)換装はほぼ不可能、+ は最初から交換することを前提に設計されているので当然可能。

在庫の関係で CPU i5 SSD 128G にしたのだが、これではストレージが物足りない。2021 春現在で 12万弱程度で購入できるのでコスパはいいんですが。

そこで、早速、SSD の交換を試みた。

⭐️ エントリーマシンを大容量 SSD に換装

まず、MS 公式が YouTube 上で SSD の取り外し方をご丁寧に解説してくれているので、これをチェック。

はっきりとは言及されてないが、自分で SSD を交換した場合は改造にあたり保証などは受けられなくなりそう。

まあ、ここから先は自己責任ですね。

さっそく、Surface のキックスタンドを開けて該当部位を探る。

 

SIM トレイを外すときに使うピンをポチ穴に押し込むと外蓋は簡単に外れる。
128G と書かれた黒いプチモノリス?が 元々の SSD です。

T3トルクレンチで黒いネジを外すと着脱できるようになります。

黒い筐体に囲まれているので一見わかりにくいが、この SSD の仕様は

NVME m.2 2230

という規格です。

だから、この規格の大容量の SSD が入手できれば、(システムの問題はさておき)SSD の換装はできるわけです。

検索かけるなどして調べてもらえればわかると思いますが、この規格で 1T くらいだと現在(2021 春)2 万円くらいです。

まだ、そんなにタマが出回ってませんが、ちょいちょい探していると見つかると思います。

入手できれば、挿入は簡単。

SSD 端子が、Surface の受け口に差し込まれると反対側がちょっと浮いた感じになるので、ここがコツと言えばコツでしょうか。浮いてない場合は変なところに入ってます。修正しましょう。

あとは再度ネジを止めるだけ。

これで、物理的な SSD の交換は終了。

簡単といえば簡単。

ただ、これだけでは、システムが入っていないので、このままでは起動はできません。

正常動作させるためにはシステムを入れ込む必要がある。

⭐️ システム・データの入れ替え

windows マシンの SSD 換装のとき、換装した SSD にシステムを入れ込むには大雑把に次の二つの方法がある。

・SSD 換装前に回復ディスクを作り、換装後に回復ディスクから起動してシステムを復旧させる
(この場合、ユーザーデータなどは当然移せない)

・SSD 換装前に元 SSD を換装用の SSD にシステムごとコピー(クローン)
(この場合は、換装後ユーザーデータ・アプリケーションなどもそのまま使える)

今回は、導入直後だったため前者を選択。
後者のときは easeUS などで SSD を丸ごとコピーしてください(解説記事はググればたくさん出てくると思います)。

回復ディスクは 32G 以上の USB メモリ推奨です。あらかじめ作成しておいてください。

私はこれを使いました。

Lexar、 私、よく使うんですが、あまり有名じゃないですね。ですが、使っていて不良品つかまされたことはないので、けっこうオススメです。
なにしろアマゾンでけっこう安い(1000円程度)。残っているかどうかわかりませんが、アマゾン該当ページはこちら

⭐️ 復旧

ここまで済んだら、回復ディスク(というか USB)を Surface に刺して電源投入。
そのままでも復旧できると思いますが、できない場合は電源投入直後に

F8キーを連打して USB から起動

できるようにしてください。

起動できれば、あとは復旧プロセスが始まります。

⭐️ 読み書き速度

そのうち示しますが、純正品より速くなってます。

 

以上、無事、SSD の換装ができました。

⭐️ その他、あった方がいい小物類

surface の電源供給は以前の Mac の MagSafe っぽい独自仕様。
これは良い仕様なんですが、Mac や android スマフォなどは PD の USB-C が一般的。
なので、スマフォと surface を持って外出、なんてときには、電源アダプタも二つ必要になってくる。
これは避けたい。

有難いことに USB-C → surface PD の変換アダプタはサードパーティでけっこうある。
今回はこれをアマゾンで購入(画像クリックでアマゾン商品ページに飛びます)。

実際に使うとこんな感じです。けっこうスッキリしてますね。

安くて若干不安だったんですが、機能的には問題なく充電できてました。

 

Mac ノートはマウスなしでも作業できると思いますが、Windows マシンの場合、マウスは必須でしょう。
今回はケースカバーの色(ポピーレッド。なんかお菓子っぽい)に合わせて MS 純正のやつにしました(アイキャッチ参照)。
他にも純正ありますが、お好みで。
ちなみに言うと、こちらのホイール付きの方が安いです。

なお、マウスの乾電池(単4二本使用)は購入時に入ってます。別途購入する必要なし。
何でも通常使用なら1年は持つとか。
ここらへんは地味ながら便利になりましたね。

 

air-h-128k-il

 

お知らせです -2021/02/07-

別サイトにも寄稿したので、お知らせ。

OpenDolphin 関連

マニュアル本『無料電子カルテ OpenDolphin パーフェクトガイド』の幻のレビュー
関係者一同、「そういえば、あった、あった、これ」と懐かしんでくれたブツが見つかったので、記事にまとめた。
そこでは書かなかったが、LSC 系統の OpenDolphin の取り扱いは関係者で協議中。

iOS/iPadOS/watchOS 関連

最近の iPhone/iPad の「プライベートアドレス」がわかりにくい件
apple の言うところの「プライベートアドレス」が、最初、何を言っているかわからず、右往左往したので、まとめてみた。
これに言及した情報はネット上には確かに見つかるのだが、具体的な解決方法がバシッと書かれていないので苦労した。

iPhone と SIM と楽天モバイル

SIM なしでも iPhone 自体はアクチベートできるし、eSIM のみでも回線は開通できる -楽天モバイルを例に-
数年ぶりに iPhone を持つことにしたのだが、メインはしばらく android にするつもりなので回線はコスパ重視で楽天モバイルにした。
設定はそれほど苦労なくできたのだが、若干不安になったのはネット上に「iPhone を楽天モバイル eSIM 単独で使う場合」の情報がほとんどなかった点。
いや、普通にできます。

* * * * *

従来のブログの手入れや新規ブログのお試し利用など。

air-h-128k-il@hatena

そういえば hatena にもブログがあったのだが、全くと言っていいほど使ってなかった。
「geek な日々」から air-h-128k-il@hatena に名前を変更して若干手入れしてきた。

air-h-128k-il@tumbler

よく「SNS的ブログ」と言われる tumbler 、気になっていたので一応は開設してきたが、今後、メイン(に近い形)で使うかというと・・???
ハイソでお洒落で、意識高い系の人にはいいかもしれない。

air-h-128k-il@goo

なんとなく開設。

air-h-128k-il@jugem

これも何となく開設。

 

air-h-128k-il

さらば XPS13 ! でも、SSD は救うよ(2)

Dell XPS 13 から取り出した SSD はこれ。

Samsung の NVMe 256G であることがわかる。
要は、これを USB などを介して別のパソにつなぐ。

USB 変換アダプタ付きの SSD ケースは、家電量販店やネットショップで多数販売されているので、適当にチョイスすればいい。

今回はこれにした。

選んだ理由は、スケルトンのケースが珍しかったから。単純に見た目。

ケースへの SSD の装着は、取り出しができる人ならば、たぶん、簡単にできる。スライドを滑らせてカバーをカパッと外し、SSD をソケットに挿入。付属のスペーサー兼固定具をネジで締め付ける(工具も同包されてます)。で、カバーを戻せば完了。

USB-C ⇄ USB-C と USB-C ⇄ USB-A のケーブル両方ついているのも嬉しい。

とりあえず Mac に繋いでみる。

しっかり認識してくれました。

あと、アルミの放熱板はけっこう効いてますね。

なかなかバランスの良いアイテムでした。

 

air-h-128k-il

 

 

さらば XPS13 ! でも、SSD は救うよ(1)

以前から何度か書いているが、windows 系のノートパソは、一時期は Dell の XPS13 を愛用していた。

バッテリーパックが膨れ上がる、筐体に歪みが出る、といったよくある症状の他に本格的に電源が入りにくくなってきたため、廃棄処分することにした。

とは言っても大事なデータはまだパソ上に残っている。

ここが Dell パソのいいところだと思うのだが、最初から分解・廃棄しやすいつくりになっている。今回の場合であれば、データが蓄積されている SSD を外部に取り出して何らかの形で使えるようにすればいいわけだが、筐体の分解の仕方が公開されているし、これから書くように SSD の取り出しはかなり楽だ。

本体をひっくり返す。

隅などに配置しているネジをはずす。ロゴヒンジの中にもネジ止めされているので、これも忘れず取り外す。
私の場合は、既にバッテリーは取り外してあったので、裏蓋をガバッと取り外すと、すぐにファンなどの各種パーツが露出する。

赤枠に囲った部分が SSD 。意外に小さいでしょ?

この取り外しがこれまた楽なんだな。

コネクタの逆側についているネジをはずすと SSD が浮き上がる。あとは本体をコネクタから抜けばいい。

これだけ。

基盤にベタ付けされていたら、こんなに簡単にはいかない。

 

このSSDを再利用するのが次の目標。

 

air-h-128k-il

続くよ

 

手帳型スマフォケース・スマフォケース付手帳

なぜかギャラクシーシリーズ第三弾。

結局、ギャラクシーは透明なケース・透明なフィルムで保護、というシンプルな構成におちついたわけだが、手帳型スマフォケースも便利かな?と思ったこともある。ちょっとしたメモか何かしたいときは、そちらの方がいい。ただ、鞄の中に入れておくならいいが、手ぶらで外出したいときなどにこれだとカサんでしまう。
先日、書店に立ち寄ったとき、ここら辺の問題を解決してくれるのでは?と思えるグッズに出会った。
私は、手帳は聖書サイズのシステム手帳を使っているが↓、

これ用の透明ポケットリーフが存在した。

そのままギャラクシーを放り込んでみる。


ぴったりというわけではないが、オサまりはいい。
以降、長期出張で半日くらいスマフォに触らなくていいときは、この状態で運搬している。
けっこう便利。

 

【悲報】Galaxy S9 充電コネクタ逝きました【交換】

重宝していた Galaxy S9 であるが、当たったタマが悪かったためか使用不能になり、交換してもらった。

具体的に言うと、USB-C を挿しても何にも反応しない、つまり充電できない状態になってしまった。悪いことに、この不具合に気がついたのが、電池残量 18 %の時点。充電できないわけだから、この残量を使い切ってしまうとこのスマフォはただの黒い平べったいオブジェと化してしまう(いわゆる「文鎮」)。また、カメラアプリも起動はするものの黒い画像が表示されるのみだ。その他の機能もどんどん正常動作しなくなっていった。電源ボタンの反応も悪く、かろうじて指紋認証だけは生きていたので、これでアンドロイドを立ち上げて急いでサポートに連絡した。

が、このサポートの対応が最悪に近く、だらだらと「相談」しているうちにとうとう電池残量はゼロになり、データの移行も間に合わなくなった。データの中には、某交通系アプリにチャージした電子マネーも含まれている。痛い。

工業製品である以上、不良品の混入はしょうがないと思う。

でも、この際、au サポートと私とで「不良品」に関して見解の相違があり(はっきり言うとサポートは「不良品」と最後まで認めなかった。私のミスが原因で立ち上がらなくなったことにしたかったらしい。自発的に交換機送らなかった。アホか)、それが原因で交換プログラムの発動が遅れたし、結果的にデータの移行もできなくなった。

結局、監督省庁である総務省に間に入ってもらった。同様の件でお困りの方がいるかもしれないので、書いておくと、相談窓口は、関東の場合、

総務省関東総合通信局

である。
この類のおざなりないわゆる「お役所対応」とは違い、かなり現実的に動いてくれたので、今回はこれで救われそうです。

まあ、よかった。

 

(追記)ショップの方も抗議してくれたおかげで、この件は本社預かり。さすが、本社社員は即座に状況を理解してくれて、対応に関して謝罪、速やかに交換機を発送してくれました。また「交換」扱いではあるが、「文鎮」はデータ復旧のために私の手元に置いておいてかまわないということになりました。まあ、コネクタなどバラした金属片送りつけられても向こうも困ると思うけど。
でも、これでも私の方が損しているんですよね。データ復旧も必ずしも成功するとは限らないし。(→結局、社員さん気を利かしてポイント付与という形で一種の「補填」をしてくれました)

電波は公共財なので、それ取り扱っている会社が、こういう対応をするのはまずいと思う。少なくとももうちょっとマシなサポート体制を敷くべきでしょう。

 

(追記)この記事を某アップルのユーザーグループに流したところ、管理人の 川重光弘 という人が「管理人を煽ったから」とかいう訳のわからない理由で私の方が退会処分になった。解せぬ。
たぶん、これ、川重光弘という人(一面識もない。広島在住のようだが)が、不具合が見つかった後でも、しつこく「新型コロナ接触確認アプリ cocoa をインストールしましょう」と会員を煽っていたのを、私が軽く咎めたからだと思う。
この川重って人、開発に関してはまったく詳しくないらしく、オープンソースの概念や GitHub でどんな議論が行われているか、私にしてはかなり丁寧に助言したつもりだったのだが、まるっきり理解できていないようだった。
本人も何度も訂正いれていたが、間違った記載は消えることはなく私も最後には匙を投げた。
気になってタイムラインもチェックしたが、COVID-19 関連の情報を流していた。やはり、というべきかここもポイント外した感じの解釈してた。おそらくだが、その言動から医療系の資格は一つも持ってないと思う。
一般の人が COVID-19 に興味を持ってもらうのは悪いことではないが、誤った情報を流すのは医療関係者にとって迷惑でしかない。
地獄への道は善意で敷き詰められているというではないか。
自分が扱いきれない事柄を人前で語るのはまあいいとしても(それでも見識のある人は普通はやらないことだが)、間違っていたら謙虚な態度を取って欲しいと思う。
ましてや、医療系の情報なのだから。

(追記)この話題を出したとき、やたら「データ管理は自己責任」というのにこだわる人がいた。こういう人は製造物責任法の理念をわかってないと思う。
情報機器を個人で運用している場合、「データ管理は自己責任」というのは一般的にも受け入れられていることで原則正しいと思うのだが(それでも法人間契約になるとデータに関する免責契約はない方が多いくらいだと思うが)、上の事例はハードの初期不良に起因する電子マネーの取り出し不能というのが本質的な問題点で、製造物責任法の理念を考慮すると(微妙なところではあるのだが)損害賠償請求できるくらいの案件だ。だから、担当社員は「補填」という形で事をおさめたのではないかと思う。
私も現実的にはこれくらいの解決案が妥当だと思う。
なお、当事者間で合意ができている事柄に、「それは違う!」と言ってくる輩もいたことにも少々驚いた。

(追記)この手の facebook 内グループの運営の悪さが目につくようになったので、
android /iPhone ユーザー友の会
apple 信者ではないが apple 製品を愛用している人たちの集い
というのを急遽作成しました。しばらく、自動承認。
いわゆる宗教的な感じのアップル信者が入ってくると、取り扱い面倒くさいのでそういった人でなければ、welcome !。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

Galaxy S9 に機種変

以前に iPhone から乗り換えた AQUOS のコンパクト機も3年目に突入。画面の端の方のタッチレスポンスも悪くなってきたので機種変更を試みた。

 

検討機種

iPhone X か galaxy S9。
ネット上で調べると iPhone, android のハイエンド機を比較するとこの2機種になるらしい。

ネットだけではあてにならないので店頭に出向く。

 

shop にて

両者を手に持って比較。

スマフォの大画面化もひと段落し、コンパクト機好きの私でも両者とも許容範囲。並べると見た目的には、iPhone X の方が小さく感じるが、そこはエッジディスプレイの長所、持ってみると galaxy S9 の方がしっくりくる。

店員さんに料金などを相談。

店員「iPhone X の 256G は本体だけで 15 万くらい…」

私「galaxy S9 でお願いします」

最後は料金で決まった (^^;)

店員さんは中国の方で、中国でのスマフォ事情なども雑談。

 

galaxy S9  -first impression-

S8 時代にあったコーラルブルーにしたかったのだが、S9 では廃止されたらしくライラックパープルにした。

あの独特の青がいいと思うのだが、ないものはしょうがない。

壁紙はグラデーションがかかった単色青にした。やはりエッジディスプレイにはこの色が似合う。

指紋・虹彩なども登録。初期設定を進めるうちに虹彩認証が使いやすいことに気がついていく。デメリットとしては虹彩認証使いすぎてパスワードを忘れちゃうことでしょうか。なお、再起動時にパスワード認証を求められるので、普段使わないからといって、あまりに凝ったパスワード設定すると入力が間に合わなくなるので注意しましょう。

その他、PowerAmp や toNote など必要なアプリをインストール。

付属されていた TPU の本体カバーは十分使えるレベル。購入してからしばらくたったが、今でも使っている。

保護フィルム

画面の保護フィルムを amazon で購入したのだが、こちらは見事に失敗。

もう見た目からしてフィルムじゃないとわかる(笑)。
実体は、「エッジディスプレイ用に局面加工が施されたプラスチック製の透明板。」厚い。確か 0.3mm 。
届いて開封した瞬間に嫌な予感しかしなかったのだが、実際に貼り付けても予想通り。こんだけ厚さあるので、当然のようにタッチの反応が鈍くなった。何のために機種変したのかわからない。

さらに、ウリの一つである「曲面にぴったりフィット」も一晩で端の方からベキベキと剥がれ始めた。やっぱり…orz

新しいスマフォで舞い上がっていたんでしょうね。
普段だったら絶対しないようなチョイスやらかしました。

保護フィルムは、「操作の邪魔しないような薄さのもので水張りが効くタイプ」が一番ではないかと思います。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

 

Dell XPS 13 の弱点・HP Spectre x360 の魅力

Dell XPS 13

私はちょっとしたことであれば、XPS 13 というノートパソで諸々の用事をすませて重宝しているのだが、この XPS 13 、長期使用すると弱点が見えてくる。

 

フレームにガタがくる

北米系の youtuber がよく報告している。

水平が出ていない机の上などで長期使用しているとそれに応じて筐体のフレームが歪む。

機能的には問題ないのでいいといえばいいのだが、以降、使用にあたって強度的な不安を覚えるようになる。

やはり、アルミ削り出し+カーボンファイバー張り合わせ、という合わせ技が響いたか。こういう体験をすると Mac 系ノートのアルミ削り出し一体成型の筐体としての優秀さが納得できるようになる。

 

電源はオンなのに画面は真っ暗、キー入力などを受け付けなくなる

使用期間が1年を過ぎたあたりからこの現象が出るようになった。

前面にあるインジケーターも橙色に点滅し、不安を覚えたが、これには解消方法がある。

電源ボタンを長時間(15 秒以上)押して再起動をかける

と何事もなかったかのように立ち上がる。数秒ではダメで15秒以上というのがコツでしょうか。

 

ただ、だからといって XPS 13 がダメダメかというとそんなことはなく、ディスプレイの美しさやフットプリントの小ささなど、他のノートに負けない強みがある。発表からしばらく経ちましたが、いまだに普段使いにちょうど良い機種だと思います。

基本的に win 系ノートは数年で買い換えるものだと考えておいた方がいいのではと思います。

実際、XPS13 は、分解・修理しやすい設計になっていて、SSD の換装などはよく記事化されてます。

使用済みの XPS13 から、SSD のみ取り出して外付け SSD として使う方法を
 さらば XPS13! でも SSD は救うよ 1
 さらば XPS13! でも SSD は救うよ 2
として書きましたので、よかったらどうぞ。

 

HP Spectre x360

次に買い換えるとすれば、もう一回 XPS 13 でもいいのだが、流石に芸がない。

HP の Spectre x360 が候補でしょうか。XPS 13 の弱点だった筐体強度も十分にありそうだし、何よりデザインが美しい。プログラミングにも使うようなら、4K ディスプレイは必要になってくるので、パフォーマンスモデルの一択になりますかね。

色は当然アッシュブラック。 これはかっこいい。

★使用後レビュー

実際に使ってみた感想だが、XPS13 とは直接比較対象にはならないような気がしてきた。

まず、フットプリントが XPS13 より若干大きい。Mac に例えるなら、MacBookPro 13 とほぼ同サイズだ。XPS13 の方が手軽に持ち運べる。

だが、筐体の剛性感はこちらの方が遥かにありそう。

だから、外出時にしっかり使うなんて場合は、Spectre の方が向いてそうだ。

タッチパッドはもうちょっと改善の余地があるでしょうか。



air-h-128k-il

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

OpenDolphin2.7m → OpenOcean

電子カルテ OpenDolphin に関する話。

どうやら私は今まで勘違いしていたようなのだが、ドルフィンプロジェクトの開発元の LSC(現在は運営権などもメドレーに移管) は、ドルフィン「亜種」には「ドルフィン」という名称は使ってほしくないようなのだ。

私なんかからすると、それぞれの特徴をいかした「〇×ドルフィン」があった方が多様性があって賑やかで良いように思うのだが、そこらへんは考え方の違いか。

細かな事情はよくわかりませんが、某先生からフォークした私の OpenDolphin-2.7m は、 OpenOcean と名前を変えますので、今後はこれでお願いします。

 

先ほど github のリポジトリ名を変えてきましたが、ある意味、気が楽かもしれませんね。ドルフィンの看板が外れるので。

 

これからは、ダイコムビューア HorliX ともども電子カルテ OpenOcean の方もよろしくお願いします。(大事なことなので2回言いました)

【追記】
開業されている先生からもメールをいただきました。

OpenOceanの自動でバックアップする機能は的を射てると思います。おかげで安心して電子カルテ化できます。

私もそう思います。自力で運用をはかる場合、この手の機能がないと使うのに心理的な抵抗が出るのではと思います。より完璧なデータ移行を目指すなら(いわゆる真正性まで満たすなら)、データベースから直接データを抜いてくることもできます

データ移行ツール。データベースに直接アクセスしてカルテ記載内容その他諸々を外部に取り出します。

自力運用を目指す開業医の方からはおおむね好意的な評価をいただいているようなのですがありが、OpenOcean 作り直すかもしれません。
経緯は、『OpenDolphin について』などをご参照ください。個人的には、テキストマイニングをがんばりたい。
HorliX に関してはこちらに解説記事があります

【ちょっと付け足し】
何かのときにLSCさんに聞いたのだが、現在では「OpenDolphinという名称は使っていただいてけっこうです」だそうです。実際、以前にサーバー上に残っていたけっこう物騒な警告文書も削除されたようです。

この辺の経緯は『医療システム』,オープンソースと知財権に関するちょっと小難しい話などをご参照ください。

方針が変わったということなんでしょう。じゃあ、なんで変える必要があったのか?という気がしないでもないですが、新規作り直しするなら、結果的にはよかったのかなと。
OpenOcaen に関してはこことかこととか『OpenOcean 2.0』サイトでまったりと議論が進んでいます。

 

【その他】

開業時のポイント 電子カルテ

地方中核都市で密かに開業計画をたてている医師の記録

でご紹介いただきました。あざーす。

【ソースコード】
https://github.com/Hiroaki-Inomata/OpenDolphin-2.7m

【インストール方法】
OpenDolphin 2.70b を windows10 にインストールしてみた
OpenDolphin-2.7(m) を Mac OSX にインストールする
OpenDolphin-2.7m を M1 Mac にインストールする

 

air-h-128k-il フェイザー合同会社

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ