さらば XPS13 ! でも、SSD は救うよ(2)

Dell XPS 13 から取り出した SSD はこれ。

Samsung の NVMe 256G であることがわかる。
要は、これを USB などを介して別のパソにつなぐ。

USB 変換アダプタ付きの SSD ケースは、家電量販店やネットショップで多数販売されているので、適当にチョイスすればいい。

今回はこれにした。

選んだ理由は、スケルトンのケースが珍しかったから。単純に見た目。

ケースへの SSD の装着は、取り出しができる人ならば、たぶん、簡単にできる。スライドを滑らせてカバーをカパッと外し、SSD をソケットに挿入。付属のスペーサー兼固定具をネジで締め付ける(工具も同包されてます)。で、カバーを戻せば完了。

USB-C ⇄ USB-C と USB-C ⇄ USB-A のケーブル両方ついているのも嬉しい。

とりあえず Mac に繋いでみる。

しっかり認識してくれました。

あと、アルミの放熱板はけっこう効いてますね。

なかなかバランスの良いアイテムでした。

 

air-h-128k-il

 

 

さらば XPS13 ! でも、SSD は救うよ(1)

以前から何度か書いているが、windows 系のノートパソは、一時期は Dell の XPS13 を愛用していた。

バッテリーパックが膨れ上がる、筐体に歪みが出る、といったよくある症状の他に本格的に電源が入りにくくなってきたため、廃棄処分することにした。

とは言っても大事なデータはまだパソ上に残っている。

ここが Dell パソのいいところだと思うのだが、最初から分解・廃棄しやすいつくりになっている。今回の場合であれば、データが蓄積されている SSD を外部に取り出して何らかの形で使えるようにすればいいわけだが、筐体の分解の仕方が公開されているし、これから書くように SSD の取り出しはかなり楽だ。

本体をひっくり返す。

隅などに配置しているネジをはずす。ロゴヒンジの中にもネジ止めされているので、これも忘れず取り外す。
私の場合は、既にバッテリーは取り外してあったので、裏蓋をガバッと取り外すと、すぐにファンなどの各種パーツが露出する。

赤枠に囲った部分が SSD 。意外に小さいでしょ?

この取り外しがこれまた楽なんだな。

コネクタの逆側についているネジをはずすと SSD が浮き上がる。あとは本体をコネクタから抜けばいい。

これだけ。

基盤にベタ付けされていたら、こんなに簡単にはいかない。

 

このSSDを再利用するのが次の目標。

 

air-h-128k-il

続くよ

 

手帳型スマフォケース・スマフォケース付手帳

なぜかギャラクシーシリーズ第三弾。

結局、ギャラクシーは透明なケース・透明なフィルムで保護、というシンプルな構成におちついたわけだが、手帳型スマフォケースも便利かな?と思ったこともある。ちょっとしたメモか何かしたいときは、そちらの方がいい。ただ、鞄の中に入れておくならいいが、手ぶらで外出したいときなどにこれだとカサんでしまう。
先日、書店に立ち寄ったとき、ここら辺の問題を解決してくれるのでは?と思えるグッズに出会った。
私は、手帳は聖書サイズのシステム手帳を使っているが↓、

これ用の透明ポケットリーフが存在した。

そのままギャラクシーを放り込んでみる。


ぴったりというわけではないが、オサまりはいい。
以降、長期出張で半日くらいスマフォに触らなくていいときは、この状態で運搬している。
けっこう便利。

 

Galaxy S9 に機種変

以前に iPhone から乗り換えた AQUOS のコンパクト機も3年目に突入。画面の端の方のタッチレスポンスも悪くなってきたので機種変更を試みた。

 

検討機種

iPhone X か galaxy S9。
ネット上で調べると iPhone, android のハイエンド機を比較するとこの2機種になるらしい。

ネットだけではあてにならないので店頭に出向く。

 

shop にて

両者を手に持って比較。

スマフォの大画面化もひと段落し、コンパクト機好きの私でも両者とも許容範囲。並べると見た目的には、iPhone X の方が小さく感じるが、そこはエッジディスプレイの長所、持ってみると galaxy S9 の方がしっくりくる。

店員さんに料金などを相談。

店員「iPhone X の 256G は本体だけで 15 万くらい…」

私「galaxy S9 でお願いします」

最後は料金で決まった (^^;)

店員さんは中国の方で、中国でのスマフォ事情なども雑談。

 

galaxy S9  -first impression-

S8 時代にあったコーラルブルーにしたかったのだが、S9 では廃止されたらしくライラックパープルにした。

あの独特の青がいいと思うのだが、ないものはしょうがない。

壁紙はグラデーションがかかった単色青にした。やはりエッジディスプレイにはこの色が似合う。

指紋・虹彩なども登録。初期設定を進めるうちに虹彩認証が使いやすいことに気がついていく。デメリットとしては虹彩認証使いすぎてパスワードを忘れちゃうことでしょうか。なお、再起動時にパスワード認証を求められるので、普段使わないからといって、あまりに凝ったパスワード設定すると入力が間に合わなくなるので注意しましょう。

その他、PowerAmp や toNote など必要なアプリをインストール。

付属されていた TPU の本体カバーは十分使えるレベル。購入してからしばらくたったが、今でも使っている。

保護フィルム

画面の保護フィルムを amazon で購入したのだが、こちらは見事に失敗。

もう見た目からしてフィルムじゃないとわかる(笑)。
実体は、「エッジディスプレイ用に局面加工が施されたプラスチック製の透明板。」厚い。確か 0.3mm 。
届いて開封した瞬間に嫌な予感しかしなかったのだが、実際に貼り付けても予想通り。こんだけ厚さあるので、当然のようにタッチの反応が鈍くなった。何のために機種変したのかわからない。

さらに、ウリの一つである「曲面にぴったりフィット」も一晩で端の方からベキベキと剥がれ始めた。やっぱり…orz

新しいスマフォで舞い上がっていたんでしょうね。
普段だったら絶対しないようなチョイスやらかしました。

保護フィルムは、「操作の邪魔しないような薄さのもので水張りが効くタイプ」が一番ではないかと思います。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

 

Dell XPS 13 の弱点・HP Spectre x360 の魅力

Dell XPS 13

私はちょっとしたことであれば、XPS 13 というノートパソで諸々の用事をすませて重宝しているのだが、この XPS 13 、長期使用すると弱点が見えてくる。

 

フレームにガタがくる

北米系の youtuber がよく報告している。

水平が出ていない机の上などで長期使用しているとそれに応じて筐体のフレームが歪む。

機能的には問題ないのでいいといえばいいのだが、以降、使用にあたって強度的な不安を覚えるようになる。

やはり、アルミ削り出し+カーボンファイバー張り合わせ、という合わせ技が響いたか。こういう体験をすると Mac 系ノートのアルミ削り出し一体成型の筐体としての優秀さが納得できるようになる。

 

電源はオンなのに画面は真っ暗、キー入力などを受け付けなくなる

使用期間が1年を過ぎたあたりからこの現象が出るようになった。

前面にあるインジケーターも橙色に点滅し、不安を覚えたが、これには解消方法がある。

電源ボタンを長時間(15 秒以上)押して再起動をかける

と何事もなかったかのように立ち上がる。数秒ではダメで15秒以上というのがコツでしょうか。

 

ただ、だからといって XPS 13 がダメダメかというとそんなことはなく、ディスプレイの美しさやフットプリントの小ささなど、他のノートに負けない強みがある。発表からしばらく経ちましたが、いまだに普段使いにちょうど良い機種だと思います。

基本的に win 系ノートは数年で買い換えるものだと考えておいた方がいいのではと思います。

実際、XPS13 は、分解・修理しやすい設計になっていて、SSD の換装などはよく記事化されてます。

使用済みの XPS13 から、SSD のみ取り出して外付け SSD として使う方法を
 さらば XPS13! でも SSD は救うよ 1
 さらば XPS13! でも SSD は救うよ 2
として書きましたので、よかったらどうぞ。

 

HP Spectre x360

次に買い換えるとすれば、もう一回 XPS 13 でもいいのだが、流石に芸がない。

HP の Spectre x360 が候補でしょうか。XPS 13 の弱点だった筐体強度も十分にありそうだし、何よりデザインが美しい。プログラミングにも使うようなら、4K ディスプレイは必要になってくるので、パフォーマンスモデルの一択になりますかね。

色は当然アッシュブラック。 これはかっこいい。

★使用後レビュー

実際に使ってみた感想だが、XPS13 とは直接比較対象にはならないような気がしてきた。

まず、フットプリントが XPS13 より若干大きい。Mac に例えるなら、MacBookPro 13 とほぼ同サイズだ。XPS13 の方が手軽に持ち運べる。

だが、筐体の剛性感はこちらの方が遥かにありそう。

だから、外出時にしっかり使うなんて場合は、Spectre の方が向いてそうだ。

タッチパッドはもうちょっと改善の余地があるでしょうか。

air-h-128k-il

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ