1台の Mac でマルチアカウントで homebrew を使う

為替の関係なのか apple 製品値上げしそう。

というわけで現在主流である arm 系の Mac をホイホイ買うことが難しくなった。

そうなると当然1台の Mac を複数人で「仲良く」共有ということになる。
本当にできるかどうかは別にしてw

ちょっと引っかかったのは Mac の定番パッケージマネージャー homebrew を複数アカウントで使うとパーミッションの関係で色々と不具合が出るという問題。

ググってみたが、「個々のアカウントのホームにそれぞれ homebrew をインストールする」というのが一番シンプルな解決法のようだ。

なので、ホームに homebrew フォルダをつくり、そこに homebrew を展開して使ってもらうことにした。

$ cd ~
$ mkdir homebrew
$ curl -L https://github.com/Homebrew/brew/tarball/master | tar xz --strip 1 -C homebrew

これに合わせて、.zprofile に以下の一行を追加。

export PATH=$HOME/homebrew/bin:$PATH

本来の brew コマンドより「優先して」自分の brew コマンドが動くようにする、という理屈ですね。

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です