糖尿病とは?

薬子
今日は、コモンディジーズ中のコモンディジーズ、糖尿病に関してまとめます。

というのは、糖尿病はここ数年で治療薬・治療戦略が大きく変化したから。

現場復帰したときは、知識をブラッシュアップするのが大変でした。

苦労しましたが、それでもついていくことができたのは、糖尿病の病態に関する基本的な知識があったからだと思います。基本て大事ですね。

だから、一般の人でも知識が定着しやすいように基本的なところから書いていこうと思います。

 

そもそも糖尿病とはなんでしょうか?

糖尿病は、世間的にもかなり誤解を受けている疾患ではないでしょうか。いわく「甘いものを食べすぎているとなりやすい」とか「おしっこが甘くなる」とか。。。断片的なイメージが先行しているように思う。私も医療職につくまでは、似たり寄ったりでしたが。

まず、糖尿病の本質ですが「血液中の糖の濃度(=血糖値)が持続して一定値を超えている状態」と捉えるといいと思います。

ここでまずでてくる疑問が「糖は、運動するためのエネルギー源と習った。人間に必要なものである。血糖値が高いとなぜまずいのか?」というものです。なるほど。確かに、例えば、通常の人でも食後数時間は高血糖の状態になることはあります。ですが、通常の食生活をしている人が重篤な疾患になるかというとそういうことはありません。なぜなら、通常は、インスリンというホルモンが分泌されて、全身の臓器で血液中の糖が取り込まれて血糖値は正常値に戻るからです。問題なのは、持続的に高血糖が続くことです。糖分子に含まれるアルデヒド基やケトン基は、基本的に反応性が高く、無秩序にたんぱく質や脂質と反応します。これから始まる一連の化学反応(糖化反応)が、生体にとって非常によくないのですね。具体的には、血管や神経にダメージをあたえ、糖尿病性腎症・糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症といった合併症をひきおこします。「糖病病を放置していたら、透析を受ける羽目におちいったり、失明してしまった」という話を聞くこともあるかと思いますが、それはこれら合併症によるものです。また、このように数年~数十年にわたって慢性的に進行する病態の他に、何かの拍子に急激に血糖値が上昇する糖尿病性高血糖という状態もあります。こちらの場合は、意識障害をともなうものもあり、迅速な処置が必要です。慢性的な症状も急性的な症状どちらもありますが、生体の許容量を超えた高血糖はいずれにしてもよくないわけです。

なお、血液中の糖が一定値(具体的には 180 mg/dl 程度)を超えると糖が尿中に漏れ出すため、「糖尿病では尿が甘くなる」というのは、ある程度、あたっています。ですが、単純に腎臓の病気で尿中に糖がじゃばじゃば漏れ出している病態も考えられるため、尿糖が糖尿病の本質かというとちょっと違うようです。

 
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

クリックclose

“糖尿病とは?” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です