(c) マークの謎

ネット上などでよくみかける (c) マークであるが、あれの意味について以前から気にはなっていたのだが、はっきりとした理解を持っていたわけではなかった。たぶん「著作権法で保護しますよ」的な意味合いで使われているのだろうと漠然と思っていたが、本当のところはどうなのだろう?

ちょっと調べてみた。

やはり wiki はよくまとまっている。

この (c) マークだが、法的な意味合いでは無意味らしい。

>著作権者を表すコピーライトマーク「©」は、現在では、方式主義をとるカンボジア以外では

>著作権の発生要件としての法的な意味はないが、著作権者をわかりやすく表すなどのために

>広く使われている。

日本では、「著作物を創作した時点で著作権が発生する」と考えるため、表現したものが「創作的」であればこのマークは意味を持たない。

また、 著作したものがすべて保護の対象となるかというとならない。 wiki にもばっちり事例として取り上げられていたのだが、定型的な文章、例えば、

>長い間ご愛読いただきましたBON TONは今月号(5月号)をもって休刊し、誌面

>を一新して7月発売で新雑誌としてデビューいたします。どうぞ、ご期待ください!!

は、保護の対象とならない。それはそうだ。こんなものまで保護の対象にしていては、まともな文章が綴れない。

さらに、著作権は「相対的独占権あるいは排他権である[7]。特許権や意匠権のような絶対的独占権ではない」。 要するに、異なる二人がほぼ同一の文章を書いて公開したとしても、それは両立してもいいってこと。歌謡曲などでも似たような節回しの曲が存在するがそれが「たまたま」なら、それはそれでかまわないわけで、実際、そういった事例は山ほどある。これが特許だと事情ががらりと変わる。後発には権利は付与されないので、事前に特許調査が必要になってくる。著作権と特許権を混同してはいけない。

以上、調べてみましたが、内容は常識的かつ妥当なものではないでしょうか。

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です