プラグイン -さて本題-

HorliX では、Horos のプラグイン(plugin)が走る。

ただし、以前にテストしたのは、Horos の中の人がコンパイルしたものをそのまま組み込んだにすぎない。

リポジトリからローカルにソースを落としてコンパイル。

Xcode の設定が面倒でしたが、しっかりコンパイルはできました。

Horos に手を出した理由の一つは、これまで特殊用途で作ってきた医療画像関連のソフトにある程度汎用性を持たせたかったからで、これで目標に一歩近づいたように思う。

 

ついでにプラグインの配布元を手持ちのサーバ上に設置。
こうなると案内画面も自前で改変できる。

画面が微妙に変わっているの、わかりますかね?

 

以前に予告した通り github のフォルダ構成も大幅変更。

ブランチをもう一つ追加し、余計なファイルを取り払って、こちらで独自仕様を追求することにした。従来のブランチは、今まで通りフォーク元の horos とつかず離れずにしておく(予定)。

 

また、Xcode を 9.4 に変えた。9.2 → 9.3 の変化は大きかったが、今回のは、はっきりいって違いがわからない。

Xcode上から大量の修正箇所をごそっとコミット・プッシュするのは、けっこう気持ちいい。

 

【2018】HorliX/Horos/OsiriX【上半期】

OS X は、HighSierra の次の OS から32ビットサポートを中止することが決定している。

HorliX/Horos/OsiriX もそれなりに影響を受けると思う。

 

OsiriX…既に32ビット版の OsiriX Lite は提供されていない。もうお試し版を提供する必要はないってことでしょうか。いいなあ。

 

Horos…巷で言われているようにHorosは全てが64ビットで走っているわけではない。さすがに次代のOSがリリースされるまでには64ビット対応を推し進めると思うが、あんまりうまくいってない印象。contributor の一人としても心配

 

HorliX…64ビットには完全対応。ダイコムプリントなどの機能も実装したい。また、フォルダ構成も変更の予定。せっかく用意した独自ライブラリなんかもホロス由来の Unzip をやってしまうせいで何度か上書きされてしまった。ライブラリは完全に本体から独立させ、リポジトリには含めない。こうした構成の方が開発者にとっては都合が良い(はず)。

 

HorliX/Horos 動作テスト タグ編集

Horos/OsiriX には色々便利な機能があるけど、もっとも有り難いのはタグ編集機能でしょう。

他のフリーソフトでもタグ編集はできないことはないですが、ほとんどのソフトで動作が不安定です。

なぜ、こんなことがおこるのか不思議に思った人は、ダイコムタグ編集周りのライブラリを調べると良いかもしれないです。

なお、HorliX では、ライブラリの最新版を載っけてます。私がよく使うんで。

今回は、タグ編集機能を使って A T さんを再度 Akihabara Taro さんに直します。

タグ編集機能はデフォルトではオフになっているので、そうなっている場合は、メニューバー >> HorliX >> 環境設定 で設定画面を表示させ 一般 ( general ) を選択。

メタタグ編集をオンにします。

タグ編集自体は簡単。

DBインスペクタより、編集したいスタディを選び、

Meta-Tag アイコンを押下。

タグ編集パネルが現れるので、編集したいタグの行を選択。

この状態で Edit アイコンを押下。するとセルが編集可能になるので適宜書き換え。

編集が終了したら、Apply アイコンを押下。

編集された行は赤く表示されます。これで問題なければこのウィンドウは閉じて構いません。

DBインスペクタに戻ると

無事、A T さんは Akihabara Taro さんに書き換わってますね。

お疲れ様でした。

 

HorliX/Horos 動作テスト 匿名化

DICOMファイルの匿名化は、研究目的などで比較的よく使われる機能だ。

その動作確認。

まず、匿名化したいスタディを選択。今回は Akihabara Taro 君。素敵な名前なのに…。

選択された状態で画面左上、ツールバーにある Anonymize アイコンを押下。

するとこんなウィンドウが出現するので、適宜情報を修正。

今回は Akihabara Taro を A T に変更。

Replace ボタンを押下。すると

DB インスペクタ上の表示ではしっかりと変更が反映されてますね。

 

なかなか調子いいですね。

 

HorliX/Horos 動作テスト プラグイン周り

Horos/OsiriX で各種プラグインをインストールすることで、機能を拡張することができる。

HorliX でもこの仕組みがうまく働くかどうかチェック。

メニューバーから、プラグイン >> プラグインマネージャー と進む。デフォルトでは何もインストールされていない。

ここでは、JPEG 画像をDICOMデータとして取り込む JpegToDicom を選ぶ。

「Download & install」ボタンを押下。

有効にするには HorliX を再起動する必要がある。

再起動後、プラグインメニュ >> Database をチェックするとを JPEG to DICOM が選べるようになっている。

案内に従って適当な Jpeg 画像を読み込ませる。今回は HorliX のアイコン画像。

 

患者名も HorliX で登録。

すると…。

しっかりDICOM情報として取り込まれてますね。

 

これで Jpeg ファイルを HorliX/Horos に取り込むことができるようになりました。

 

 

SQL Anywhere ベースの医療情報システム解析 準備編

SQL Anywhere ベースの医療情報システムはけっこう使われているようだ。

とりあえず各種ツールをセットアップしないことには始まらないので、まずそのインストール。

まずこのページに飛ぶ。

実際のダウンロードは英語ページから。

インストールするとデスクトップにアイコンができているので、起動するとこんなウィンドウが立ち上がる。

あとは、既存データベースにつながればいいが、さてどうなることやら。

薬局で使われているようです。

 

 

Xcode8 でビルドされたファイルの出力先を変更する

デフォルトだと

/Users/(ユーザー名)/Library/Developer/Xcode/DerivedData/プロジェクト名+謎の文字列

だが、ピンとこないので以下のように変更。

Xcode8 自体の環境設定→ Locations → Derived Data を Ralative または Custom に

これでビルドされたファイルがプロジェクトフォルダまたは指定したフォルダにつくられる。

 

至高の win機登場か?

出先でも PC に触れなくてはいけない仕事柄、みなさん、モバイルPCの選択は慎重。
CPUパワーがある程度あって、画面もフルHD以上(ブラウザ広げながらプログラミングするにはフルHDでも厳しい)、かつ携帯性にも優れていて…と選択基準も現実的。
Win 機だと Dell の XPS13 の人気が高いようです。
メイン機はみなさん趣味が分かれます。

そこに HP から Spectre x360 発売のお知らせ。
私なんかはデザイン性に惹かれる方なんですが、みなさんは「SSD 1T あるのはいいねー、もう容量気にしなくて済む。パッケージした人はよくわかってる」、「金属ユニボディは正義! XPS13 のカーボンファイバー部は指紋が気になる。ただ、ヒンジ部の耐久性が…云々」とどこまでも現実的(笑)。

空いた時間に YouTube の『 HP spectre x360 vs MacBook 12』みたいな比較動画でチェックしているようです。(でも、あちらの方はこういうの本当に好きですねえ)

私は、「雰囲気が Mac っぽいので好き!」それだけです…。

 

(追記)両機の実際の使用レポートは

Dell XPS 13 の弱点・HP Spectre x360 の魅力

をどうぞ。

Horos なんちゃって日本語化

Horos をインストールしたのはいいが、どうせなら日本語化したい。

Mac のことは詳しくないのだが、「OsiriX が日本語化されている以上、Horos でもできるはずだ」という単純な発想。まず、ファインダーで OsiriX.app を表示させ「内容を見る」→Contents→Resources と順に表示。

そしたら、ありました。 Japanese.lproj

あやしい。

おそらく、ここで国際化に対応しているんだろうと推測して、このフォルダを丸ごと Horos.app のContents/Resources フォルダに放り込む。そして、Horos 起動。

おお、日本語化されている。

とても正しい日本語化とは思えないが、今のところ問題なし。どの程度まで本体動作に影響するか不明だが、しばらくこのまま使う予定。(もう少し真面目に日本語化することにしました。下記参照)

それにしても、ここまで言うこと聞いてくれると Mac がだんだんかわいく見えてきた。マカーでもなんでもないが、安いのでいいから、新規に買っちゃおうかな。




 ちゃんとした日本語化

いつまでも「なんちゃって」ではまずいと思い正規の日本語化方法にしたがって若干必要なファイルを追加。ある程度日本語化しました。結果を github の

air-h-128k-il/HorliX

に上げておきましたので、必要な方がいたら落としてみてください。

とりあえず、うざい OsiriX の広告は出なくなりました。

本家にプルリクエスト送っておいたので取り込まれるかもしれません。→あっという間に取り込まれました。

 

HorliX へ

日本語化以外にも、どこそこの UI を変えてくれ、SSL のサポートもしてほしいなどの要望があり、結局、上のリポジトリは、そのまま HorliX プロジェクトに発展しました。

ここまでやるつもりはなかったんですが、結局、電子カルテと DICOM Viewer/PACS の二つに手を出してしまったっていう…..。

 

「なんちゃって」日本語化は個人使用の範囲内で自己責任で 

コメント欄で指摘されて気がつきましたが、(オープンソース版ではない)OsiriX の日本語リソースは、開発元独自開発ですのでフリーでもなんでもなさそうです。再配布などはかなりまずいと思われます。(1回、調べたことありますが、各国ローカライズはかなりお金かかってます)
「なんちゃって」日本語化する場合は、個人使用の範囲内で自己責任でお願いします。

(c) マークの謎

ネット上などでよくみかける (c) マークであるが、あれの意味について以前から気にはなっていたのだが、はっきりとした理解を持っていたわけではなかった。たぶん「著作権法で保護しますよ」的な意味合いで使われているのだろうと漠然と思っていたが、本当のところはどうなのだろう?

ちょっと調べてみた。

やはり wiki はよくまとまっている。

この (c) マークだが、法的な意味合いでは無意味らしい。

>著作権者を表すコピーライトマーク「©」は、現在では、方式主義をとるカンボジア以外では

>著作権の発生要件としての法的な意味はないが、著作権者をわかりやすく表すなどのために

>広く使われている。

日本では、「著作物を創作した時点で著作権が発生する」と考えるため、表現したものが「創作的」であればこのマークは意味を持たない。

また、 著作したものがすべて保護の対象となるかというとならない。 wiki にもばっちり事例として取り上げられていたのだが、定型的な文章、例えば、

>長い間ご愛読いただきましたBON TONは今月号(5月号)をもって休刊し、誌面

>を一新して7月発売で新雑誌としてデビューいたします。どうぞ、ご期待ください!!

は、保護の対象とならない。それはそうだ。こんなものまで保護の対象にしていては、まともな文章が綴れない。

さらに、著作権は「相対的独占権あるいは排他権である[7]。特許権や意匠権のような絶対的独占権ではない」。 要するに、異なる二人がほぼ同一の文章を書いて公開したとしても、それは両立してもいいってこと。歌謡曲などでも似たような節回しの曲が存在するがそれが「たまたま」なら、それはそれでかまわないわけで、実際、そういった事例は山ほどある。これが特許だと事情ががらりと変わる。後発には権利は付与されないので、事前に特許調査が必要になってくる。著作権と特許権を混同してはいけない。

以上、調べてみましたが、内容は常識的かつ妥当なものではないでしょうか。