Horos

DICOM server/viewer として OsiriX が有名だが、ソースからコンパイルしても32bit になってしまうなど制約がある。OsiriX ベースのオープンソフト Horos ではこのような制約はないという。MacBookPro(OS X Sierra) にインストールしてみたので、その覚え書き。

(ビルドには、実行環境の SDK が必要なので、事前に準備しておきましょう。

/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/MacOSX.platform/Developer/SDKs

で確認。なければ、別のバージョンの Xcode から持ってきて、上記フォルダ内にコピーしておく)

まず、github の horos サイトからソースをダンロード。手に入れた horos-horos.zip を展開。

その中にある Horos.xcodeproj を Xcode に読み込ませる。build setting で Base SDK を macOS 10.12 に指定。

build/Development に Horos.app ができるのでこれを起動。

試しに 3D レンダリングさせてみました。

けっこう安定している。これは使えるかも。

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です