微細構造定数とリーマン予想と物理学帝国主義 の続き

微細構造定数の方のプレプリントは
にありました。
海外の若い人がよく指摘しているのは、 7.1 のトッド関数とやらを使って実際に微細構造定数(α)の逆数を求めると
 
 1/α = 0.1602598029967017
 
となり、超有名なこの値
 
 1/α = 137.035999139…
 
と異なるというもの。
確かに大きく違っているね(笑)。
大御所にズケズケと反論する若者、大好きです。(^^)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

クリックclose

コメントを残す