『春を告げる』考

♪ 深夜東京の六畳半夢を見てた

というやたら耳に残るフレーズで覚えている人の多い『春を告げる』だが、The First Take で歌い手の yama さんが生歌を披露してくれた。
今日現在(2020/12/25)で再生回数 468万回。やはりファンは多い。

ところでコメント欄を見ていると「春先の新型コロナを思い出す」、「上京組は好きじゃないか」みたいなコメントが目立つ。

でも、これ、歌詞を意識して読むとわかる気がする。

 ♪深夜東京の6畳半夢を見てた灯りの灯らない蛍光灯
 ♪幼少期の面影は 誰も知らないんだ
 ♪明日世界は終わるんだって

あたりのフレーズから、

『大学入学を契機に上京したが、荷物も届いてないので蛍光灯もつかない。
もちろん、知ってる人は誰もいない。
コロナ禍で大学も絶賛休校状態。
始まりの春なのに、世界は終わるかも』

みたいな状況がうっすらと浮かび上がってくるから。
もちろんコロナの時期に「たまたま」リリースされたんだろうが、そういう風に考えられなくもないということで。

それはそうと『夜に駆ける』も CD 未発売ながら紅白出場。

こういうのがトレンドかー。でも、悪くないと思う。

 

(追記)その後、yama さんが某テレビ局のインタビューを受けた。

おおむね、私みたいな印象を持っているような人が多いようだ。

 

猪股弘明
医師:精神科(精神保健指定医

 

 

クリックclose