木を見て森を見ず、な医療画像AI自動診断

東海大・高原先生(放射線科医)のお仕事が Yahoo ニュースに載っていたので、ちょっと紹介。

MRIで乳がん早期発見 着衣のまま痛みもなし

マンモグラフィーの画像から、乳ガンの早期診断をする、というのは一昔前の医療 AI の課題としてよくあったのだが、けっこうな数の医者が「マンモグラフィー自体、かなり苦痛を伴うものなので、欲しいのは代換案なのだが、なんでマンモだけにこだわって研究してんの?」と生暖かい視線を送っていたと思う。

高原先生の DWIBS 以外にも各種方法論が提案されている。

「AI による自動診断」というのは一つの流行で、その手の研究が増加するのはわからないでもないんだが、他に決め手がありそうなときは、そちらを優先する、というのが医療人の基本的な考え方だと思う。

私も皮膚の画像から、悪性黒色腫などをひろいあげるシステムつくろうかと思ったことがあるのだが(『それは一枚の画像から始まった』あたりをご参照のほどを)、あくまで、「早期診断」レベルで、この分野の練習くらいで取り組んでいた。少なくとも、治療に繋がるような医療の本筋ではないなと思っている。

そもそも皮膚の写真を撮るダーマスコピー(dermoscopy)は、撮像条件を一定にすることが難しく、撮れた画像にしても(原則的には)皮膚表面の情報しか取得できない。
こういう状況下では、画像情報だけにこだわるのは、研究としては成立しても、実際の臨床に決定的な影響を与えるものか?と思う。

この手の研究に手を出すときは、木(画像)だけを見て森(病態)を見ずにならないように気をつけたいところだ。

 

猪股弘明(精神科医・東京都医学総合研究所客員研究員)


最近、Newsweek が、『AI vs 癌』の特集をしたのだが、

やはり、というべきか、こういう記載が・・・。

「専門の放射線診断医と同じくらい正確に(乳癌検査の)マンモグラフィーの画像を読み取れたり、皮膚科医と同じように皮膚がんを識別できたりするアルゴリズムが既に登場している」と、M.D.アンダーセン癌センターの病理医オク・チヨンは言う。「技術の進歩には目を見張らされる」

 

あー、マンモ(による乳がん検出)とダーマスコピー(による皮膚がん検出)ですか。臨床医の考えていることは、もうちょっと別のところにあると思いますけどね。

 

gifted -ギフティッド-

gifted は近年、持ち上げられる風潮にある。最近だと、NHKでも取り上げられていた。

知られざる天才 ”ギフテッド”の素顔

だが、ここで紹介されている人のなかにはいわゆる自閉症スペクトラム症の方がけっこういるような…。

児童思春期の病棟などでは IQ=130 くらいはけっこういる。(たいてい動作性IQが130を超えていても、言語性がね、ううむ)
では、そういった人が大成するかといえば必ずしもそんなことはなく、けっこうネックになるのは好奇心の対象が限定されてしまうこと。
例えば、ゲームに興味があるという患者さんはけっこういるが、「ゲームをつくるのは興味があるかな?」と誘導しようとしてもけっこう抵抗を示す。
社会的な評価を得るためには、自分の好奇心の対象がその分野のなかでどのような意味を持つか、より一般的な性質を持っているか、といった新規性や進歩性、有用性に関する検証は自分でおこなわければならない。そういったことを自覚して自分の能力をコントロールしながら知的な活動をおこなっていくのは、別の努力が必要なのだと思う。

 

猪股弘明(精神科医)

幻聴はお国によって違うんだそうで

この記事

Hallucinatory ‘voices’ shaped by local culture, Stanford anthropologist says

によると、統合失調症の幻聴は、文化によって差があるそうです。
・アメリカでは叱責するような感じ
・インドやアフリカはどことなく遊び心がある
そうです。
でも被害的になっている場合はどこでも「いきてる価値がない」くらいだと思うけど。

なお、山形の某神経内科の先生によると「側頭葉てんかんのpsychic seizureにも文化(宗教)の差があるんですよ」だそうです。facebook で教えてもらいました。

 

猪股弘明(精神科医)

 

一例モノ

ECTに関する超絶マニアックな症例報告を某国研究者向けSNSに置いておいたら、100 回読まれたとか。
いわゆる一例モノなのだが、ガイドライン的な治療戦略がうまくいかなかった時、後ろ向き研究の類より一例モノの方が役に立ったりする。
個々の症例から出発して、一般的なところに抜けていく、というのが臨床の面白みの一つではないかと私なんかは思うのだが、世界に 100人くらいは同様の考え方をしてくれている人がいたようで嬉しい限り。

猪股弘明 精神科医

東京都医学総合研究所客員研究員

高機能型境界性人格障害 High-Functioning Borderline Personality Disorder

前々からBPD(Borderline Personality Disorder 境界性人格障害)には、下位分類が必要では?と思っていたのだが

Research on Borderline Personality Disorder Subtypes

などを読むと、まだ一定の結論は得られていないようだ。

以前にも確か Twitter で「人格障害は病気なのか? 普通の健常人との違いは何か?」という質問をもらったことがあるのだが、そのとき「高機能型BPD は一見すると健常人と見分けがつかない。診察を続けていってようやく気がつく」みたいに返したと思う。
高機能型というのは、従来の典型的な BPD 患者(= 派手にリスカするようなタイプ)を低機能型ととらえ、少なくとも社会的「機能」は損なわれていない BPD の一群を低機能型とあえて区分して呼びたいときに用いられる言い方だ。世間的に知られている人の中では、例えば、ダイアナ妃がそうだったのではないかと言われている。
BPD はしばしば「ボーダー」と呼称されている。もともとこの疾患は、一昔前の精神科領域での二大疾患「統合失調症」と「うつ病」の「境界(ボーダー)」に位置付けられるとされていたため、その名残で今でもそう呼ばれているのだ。ただし、現代では、境界領域にある疾患などではなく、「人格が特異な方向に偏った」疾患群である「人格障害」内に位置付けられ、女性に多く、偏った母子関係・生育環境を起源とする独立する疾患と考えられている。

なお、従来の BPD の診断基準は DSM-5 では以下のようになっている。

DSM-5の境界性パーソナリティ障害(BPD)の診断基準(簡略化されたもの)

(1)見捨てられる体験を避けようとする懸命の努力。
(2)理想化と過小評価との両極端を揺れ動く不安定な対人関係。
(3)同一性障害(自己像や自己感覚の不安定さ)。
(4)衝動性によって自己を傷つける可能性のある、浪費薬物常用といった行動。
(5)自殺の脅かし、自傷行為の繰り返し。
(6)著明な感情的な不安定さ。
(7)慢性的な空虚感、退屈。
(8)不適切で激しい怒り。
(9)一過性の妄想的念慮もしくは重症の解離症状。

(詳しくは、『林直樹先生に「パーソナリティ障害」を訊く』などをご参照ください

内面に関するものと行動パターンと対人関係に関する項目が並んでいるため、わかりにくいのだが、高機能型では、このうち対人関係に関する症状(1, 2, 5 など)が特定の人に向けられており、社会的な場ではこういった症状が出ることはほぼないといわれている。それゆえ、社会的な適応も取れていて、一見すると健常者のように見える。
「高機能型BPD は一見すると健常人と見分けがつかない」と書いたのはそういった事情による。

また、このカテゴリーに入ると思われる人は、ある程度、自分のそういった部分に違和感を感じており、例えば、診療が上手く進行すると主治医・スタッフにそのことを伝えてくれる。どこかで書きたいと思うが、この自己に対する認識(=自己洞察などという)があるとキレイに治ってしまうことが、多くはないにせよ、条件次第ではある。何回か経験したことがある。

・・・とちょっと固く書き過ぎたかもしれない。具体例がないかな?と思っていたら、(元)患者さんが、「これ、面白いよ」とあるブログの記事を紹介してくれた。

年末にメンタル闇落ちする不倫女子の正体は「愛されて育った素直なマジメ女子」

この記事でメンタル云々は触れられてはいるが、(当たり前だが)精神科特有の記載方法ではない。が、高機能型BPDのうち、依存傾向が強く、その対象が薬物や異性(特に年上上司)に向かってしまうタイプの特徴をある程度捉えているようには思える。

特に、「精神的な免疫力のないマジメで可愛い女子が上司への相談をきっかけに不倫にハマってしまう」という論理構成は、「なるほどな」と思わせるところがある。表現もユーモラスで「読ませる」記事ではある。私もさらりとではあるが、最後まで目を通すことができた。

だが、(一般向け記事なので当然なのだが)その手の女子がそもそも家族背景や生育環境に何かしら特異な部分があり、それが起源になっている場合などは触れられていない。
対処方法も、「精神の免疫力を上げる」。具体的には、

1 他人の意見を即ダウンロードしない
2 自分で選び意思決定する癖をつける
3 複数の第三者機関=友人を持つ
4 人生の意思決定をするのは自分だ、という覚悟を持つ

といった方法が列挙されている。が、「そういったことは頭ではわかっていても、行動レベルでの変容ができない」といったかなりコジらせたケースではこういった方法は単純適用が難しいように思う。もともとの精神的な健康度が高く、経験から行動を修正できるようなタイプを想定しているのだと思われる。

だが、私たち精神科医が真に相手にしているのは、何度か(異性間の関係に起因する)トラブルを経験してもなかなか行動レベルでの変容ができないタイプなのだ。

 

・・・などとエラソーに書いていたら、その(元)患者さん「そんな風に勝手にカテゴライズしないで、私たちは簡単じゃないの」とややプンプンヽ( )`ε´( )ノ

でもねえ、こちらは、遺伝性が強く出たと思われる統合失調症の患者さんを診察した直後にあなたのようなタイプを診なくてはいけないわけで、カテゴリーを意識していないと何やっているかわからなくなるんすよ。

 

それはそうと、最近では、チー太郎@精神科医さんの Tweet に興味深いものがあった。

「自尊心が低い」と説明しているが、職業柄、パーソナリティ障害の方々を念頭に置いて書いていると思う。どなたかが、この図をさして「誰もが幸せになれない永久機関」と形容したが、言い得て妙。

あとは、スピリッツ(だったかな?)で連載されている漫画にけっこう面白い表現があったかな。見つけたら、取り上げてみたい。

 

(続いてます)

 

猪股弘明(精神保健指定医)