青年期の大麻使用は大脳皮質(右前頭前野)を菲薄化する

精神科医としては、いわゆる依存症治療には積極的に関わってこなかったのだが(人格障害ベースの乱用程度の物質使用障害は山ほどありますが)、大麻の合法化に関しては気にはなっていた。

最近、その一つの判断材料となるような論文がでた。

Association of Cannabis Use During Adolescence With Neurodevelopment

一言でまとめると「14歳頃から大麻を使用していると少なくとも右前頭前野は菲薄化しますよ」って内容です。

もうちょっと詳しく説明すると

MRI での形態学的な調査では、左右前頭前野ともに菲薄化している

PETで cannabinoid1受容体の availability も測ったが、availabilityの高い箇所は右前頭前野の菲薄化部位とよく一致した
→大麻成分が右前頭前野に作用して菲薄化の原因になっていることを連想させる

・知能系の検査では差は出なかったが衝動性は(ADHD患者でみられるように)大麻使用群では偏差が大きかった

あたりが新たに得られた知見。

(政治的な背景はひとまず置くにして)使わなければ使わないに越したことはない物質かなとは思います。

 

ところで、何故大脳皮質が薄くなったかについてはこの論文内では speculation (推測とかという意味)されてない。
私は、覚醒剤あたりからの連想で「一時期的に過活動になった後、その影響で代謝経路がおかしくなって神経細胞が脱落」だと思っていたのだが、某所でこの話題を出したときに宇留野(勝久)先生(山形で神経内科領域、特にてんかんの診療にあたられてます)から「被験者が低年齢(スタディ開始時点で平均年齢が14歳)なので、大麻使用によって低形成になる可能性もある」とご指摘いただいた。
ああ、確かに大麻の割と特有な効き方(アッパー的に上がることもあれば、ダウナー的に下がることもある)を考慮すると神経細胞(ネットワーク)そのものが成長しないままになる(低形成)というのはあり得そうですね。
ご指摘ありがとうございます。
蛇足ですが、ネット上での意見交換は割と楽にできるので便利ですね。

 

(追記)前述の宇留野先生から参考文献をご提示いただきました。
Cannabinoids decrease the metabolism of glucose in the brain

(追記2)そもそも PET って何ぞや?って方は
わかりやすいPETの話
をご参考に。高校物理がわかってるくらいだったら理解できると思います。

 

猪股弘明(精神科医:精神保健指定医)

Apple Watch と血糖測定とラマン散乱

世間的には、Apple Watch に心電図測定機能と不整脈お知らせ機能がついたと盛り上がってます。
いいなあ。

ところで、7 より血糖値測定もできるようになる。
ここで測定原理としてラマン散乱というものが使われるらしい。
こういうもの(↓)らしいです。

論文見つけた。
さらっと読む。

猪股弘明
医師, 理学士(物理)

木を見て森を見ず、な医療画像AI自動診断

東海大・高原先生(放射線科医)のお仕事が Yahoo ニュースに載っていたので、ちょっと紹介。

MRIで乳がん早期発見 着衣のまま痛みもなし

マンモグラフィーの画像から、乳ガンの早期診断をする、というのは一昔前の医療 AI の課題としてよくあったのだが、けっこうな数の医者が「マンモグラフィー自体、かなり苦痛を伴うものなので、欲しいのは代換案なのだが、なんでマンモだけにこだわって研究してんの?」と生暖かい視線を送っていたと思う。

高原先生の DWIBS 以外にも各種方法論が提案されている。

「AI による自動診断」というのは一つの流行で、その手の研究が増加するのはわからないでもないんだが、他に決め手がありそうなときは、そちらを優先する、というのが医療人の基本的な考え方だと思う。

私も皮膚の画像から、悪性黒色腫などをひろいあげるシステムつくろうかと思ったことがあるのだが(『それは一枚の画像から始まった』あたりをご参照のほどを)、あくまで、「早期診断」レベルで、この分野の練習くらいで取り組んでいた。少なくとも、治療に繋がるような医療の本筋ではないなと思っている。

そもそも皮膚の写真を撮るダーマスコピー(dermoscopy)は、撮像条件を一定にすることが難しく、撮れた画像にしても(原則的には)皮膚表面の情報しか取得できない。
こういう状況下では、画像情報だけにこだわるのは、研究としては成立しても、実際の臨床に決定的な影響を与えるものか?と思う。

この手の研究に手を出すときは、木(画像)だけを見て森(病態)を見ずにならないように気をつけたいところだ。

 

猪股弘明(精神科医・東京都医学総合研究所客員研究員)


最近、Newsweek が、『AI vs 癌』の特集をしたのだが、

やはり、というべきか、こういう記載が・・・。

「専門の放射線診断医と同じくらい正確に(乳癌検査の)マンモグラフィーの画像を読み取れたり、皮膚科医と同じように皮膚がんを識別できたりするアルゴリズムが既に登場している」と、M.D.アンダーセン癌センターの病理医オク・チヨンは言う。「技術の進歩には目を見張らされる」

 

あー、マンモ(による乳がん検出)とダーマスコピー(による皮膚がん検出)ですか。臨床医の考えていることは、もうちょっと別のところにあると思いますけどね。

 

gifted -ギフティッド-

gifted は近年、持ち上げられる風潮にある。最近だと、NHKでも取り上げられていた。

知られざる天才 ”ギフテッド”の素顔

だが、ここで紹介されている人のなかにはいわゆる自閉症スペクトラム症の方がけっこういるような…。

児童思春期の病棟などでは IQ=130 くらいはけっこういる。(たいてい動作性IQが130を超えていても、言語性がね、ううむ)
では、そういった人が大成するかといえば必ずしもそんなことはなく、けっこうネックになるのは好奇心の対象が限定されてしまうこと。
例えば、ゲームに興味があるという患者さんはけっこういるが、「ゲームをつくるのは興味があるかな?」と誘導しようとしてもけっこう抵抗を示す。
社会的な評価を得るためには、自分の好奇心の対象がその分野のなかでどのような意味を持つか、より一般的な性質を持っているか、といった新規性や進歩性、有用性に関する検証は自分でおこなわければならない。そういったことを自覚して自分の能力をコントロールしながら知的な活動をおこなっていくのは、別の努力が必要なのだと思う。

 

猪股弘明(精神科医)

幻聴はお国によって違うんだそうで

この記事

Hallucinatory ‘voices’ shaped by local culture, Stanford anthropologist says

によると、統合失調症の幻聴は、文化によって差があるそうです。
・アメリカでは叱責するような感じ
・インドやアフリカはどことなく遊び心がある
そうです。
でも被害的になっている場合はどこでも「いきてる価値がない」くらいだと思うけど。

なお、山形の某神経内科の先生によると「側頭葉てんかんのpsychic seizureにも文化(宗教)の差があるんですよ」だそうです。facebook で教えてもらいました。

 

猪股弘明(精神科医)