本田△と設計図共有サイト

W杯後、プログラミングにはまっているという本田圭佑選手のものと噂されている GitHub (日経的にはソフトウエア「設計図共有サイト」。先日、マイクソフトに買収されて話題になった)のリポジトリがこちら。

https://github.com/kskgroup

残念ながら公開されているプロジェクトはまだない。プルリク(=プルリクエスト。改変したソースコードを組み入れてもらうための依頼)送ってやろうと思っている利用者は多いはず。

フォロワーは既に 1.1k 人。

Takashi-Inui とかのアカウントは絶対誰かに取られていると思う。

 

なお、本田△は「本田+三角形」で「本田さん、かっけー」という意味らしい。この言葉が出始めの頃、患者さんに教えてもらった。洒落きいているけど、説明されないとわかんないね。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

【悲報】シンガポールの医療システム、ハッキングされる【クラウド大丈夫?】

BBC が伝えるところによると、シンガポールの医療システムがクラッキングされたようだ。

Singapore personal data hack hits 1.5m, health authority says

たぶん、サーバマシンにマルウエア仕込んだのがクラッカー側の勝因かと(この記事だけだと確かなことは言えませんが、システム側が VPN や SSL 使う限り正面突破は難しいので、裏口から侵入!みたいなイメージでクラッキングしたんだと思います)。
一応、私も電子カルテの作者なんですが、「これされたら…ポスグレ(というデータベースソフト)のデータ素抜かれるなあ…外部への送信は、この経路使われて…」とか思い当たるところがありすぎてガクブルです。

安直なクラウド化は絶対ダメだと思いました。

 

電子カルテ

OpenDolphin-2.7m: https://github.com/Hiroaki-Inomata/OpenDolphin-2.7m
ただし、今はメンテもほどほど。プロジェクトはOpenOcean に引き継がれています。
OpenOcean: https://github.com/air-h-128k-il/OpenOcean

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

他人と何かを「共有」するということ

長らく放置していましたが、そろそろ手を入れていきたいと思います。

最近、嬉しかったのは以前に書いた症例報告(A case of schizophrenia successfully treated by m-ECT using ‘long’ brief pulse)が引用されたのを見つけたこと。

修正型電気けいれん療法により精神症状の改善がみられた薬物治療抵抗性のレビー小体型認知症の1例』Dimentia Japan

が、それ。

 

内容は「レビー小体型認知症(DLB)にm-ECTを施行したらけっこうよかったよ」というもの。

 

…DLB における神経変性や神経細胞脱落が S-D 曲線の右方シフトを引き起こすと仮定すると、mECT によるけいれん発作の閾値を上昇させる可能性がある…

 

 

素朴だが、的を得た考察。右方シフト仮説は、体裁を整えるために5分ででっちあげたことは内緒にしておこう(笑)。

 

以前にも京大の先生方が引用してくれたし、関西を中心に私の方法論広まってないか?

逆に変なのは、この方法論の発祥の地である松沢病院でなぜかこの方法論が定着していないこと。(それともこっそりやってんのかな?)
冷静に考えるとおかしいよね。

ペーパーの類はよく「名刺」に例えられる。パブリッシュされたものだから、外からこう見られたいという思いがそこには詰まっている。そのリファレンスに自分の名前が引用されているのは嬉しいし、内容が適切に接木・シンクロしてあればなおさらだ。そのシンクロの連鎖こそが「共有」の真髄であるように思うのだが、どうだろう?

【参考】ECT における long brief pulse の話題や HorliX (という医療画像ビューア)との絡みに関しては、

RAW ファイルを読み込む -ECT のシミュレーション結果を表示-

に書いたおきました。よろしければご一読ください。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

ご無沙汰しております

長らく、更新・メンテが滞っておりました。

リーダーが病に(笑)倒れている間、スタッフ諸々も私事に追われ、 こんな事態になっておりました。ただ、そろそろ、みな、手も空きはじめ、日々の鬱憤と抑えていた自己表現欲求が沸々とたまっているようです。

というわけで、活動再開です。

旧フェイザー合同会社有志一同