orca のソースコードを取得する

日本医師会はフリーのレセコンソフト orca を開発していて、かなり普及している(素晴らしい!)。これまでにもお仕事として構築支援をたびたびおこなってきたのだが、ソースコードを眺めたことは一度もなかった。

今後もご厄介になると思われるので、ソースコードの取得を試みた。

まずは公式の取得方法を試す。ここに書いてある。

要は、CVS (バージョン管理システム)を使って ssh 接続で日医総研のリポジトリからチェックアウトすればいいということらしい。

1. cvs は使ったことがないので、当然、我が Ubuntu には入ってない。

sudo apt-get install cvs

で cvs を入れる。

2. orcacvs という公開鍵をダウンロード。

3. 以下のコマンドで orcacvs を ~/.ssh/ にコピー

cp  ~/ダウンロード/orcacvs ~/.ssh/orcacvs

続いて

chmod 600 ~/.ssh/orcacvs

でパーミッションを変更。

4. ~/.ssh/config を作成(あるいは以下の内容を追加)

Host cvs.orca.med.or.jp

User anoncvs

IdentityFile ~/.ssh/orcacvs

ForwardAgent no

ForwardX11 no

 

(最後の2行は何をやっているんでしょうか?)

5. 後は以下のコマンドでチェックアウト実行。

$ cvs -d :ext:anoncvs@cvs.orca.med.or.jp:/cvs co jma-receipt

回線状況にもよるが10数秒でチェックアウトは終わると思う。

確認してみると…

おお、ちゃんと入ってましたね。

まずは、ソースコード取得成功。


ORCA 一部有償化

【2019年10月に追加記載】
現在は、上の方法ではソースコードを取得できないようです(どなたか確認してほしい)。
これ、ORCA 管理機構 とメドレーとの関係がちょっぴり関係しているのかなと思わないではないです。
ことの経緯は、以下の感じだったようです。

まず、メドレーがORCAのCOBOLアプリを開発している「NACLメディカル」を買収。
次に「ORCA 自体を有償化する」という方針をメドレーサイドが発表。取り扱い業者に通知。
が、取り扱い業者が猛反発。
メドレーが方針変更。細かいことを割愛しますが、「一部有償化」とポリシー変更。

で、現在にいたる、と。
まあ、買収したのだから、何らかの形でマネタイズはしないといけないんでしょうが、当初プランは若干無理筋ではあったようです。

使い慣れた開業医ユーザーさんからは、「ORCA 自体は今後もローカルで使いたい。バックアップをクラウドでやってはどうか」というような意見が出ているようです。
私も概ね同意見です。
現行のクラウド ORCA は、基本的にはローカル ORCA をほぼそのままの形でクラウドに上げただけなようなので、ここら辺も設計変更した方がいいかなと思います。そのためにお金がかかるので、費用を使用料という形で徴収したい、ということなら問題ないかと。




クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です