Kamakura Live 2018 予習

日頃からお世話になっている湘南鎌倉総合病院の斎藤滋先生主催の「鎌倉ライブ」が今年も 12/15-16 横浜にて開催されます。

事前登録は 12/7 までですので、ご興味のある方はお早めに。

なお、HPは齋藤先生お手製。制作過程は

この10日間 悩み抜いたバグがようやく解決

などをご覧ください。

 

予習など…

? TAVI

Transcatheter Aortic ValveImplantation 経カテーテル大動脈弁置換術 の略。

外科的な大動脈弁置換術が受けられない患者さんに適応あり。
なお、一昔前だと、溶連菌感染症→リュウマチ熱→(確か、疣贅形成)→弁膜症という経過が多かったが(私はそう習った)、早期の抗生物質投与でこの数は激減。現在は動脈硬化性の弁膜症が増えている。高齢のため全身状態が悪く、外科手術の適応がないため、TAVI が行われるようになった、と。
なるほど。

齋藤先生、これを橈骨動脈からアプローチするんすか。
化け物ですね。

 

? FFR

Fractional Flow Reserve 冠血流予備比の略。

定義は「最大充血時の、病変よりdistalの圧力 / 大動脈圧」。

圧力はそれ用のワイアがあるらしい。直接測る。

FFR < 0.8 (=distal での圧力が大動脈圧に比べ小さい)あたりで要治療。

けれど、理想を言えば ∫vdS (速度場 v を distal 冠動脈の任意の断面で面積分) の方が指標(絶対量として定義できる)としてよくないか?

(追記)冠動脈から心筋への漏れがなければ、そう考えていいように思ったが、実際には、冠動脈から心筋へ直接流れ込む「伏流」みたいな量がけっこうあり、上記の理屈はうまくないようだ。コメディカル向けのレクチャーで、担当者(お名前は失念)がそのことに言及していた。したがって、各種スタディも FFR が用いられているようだ。なお、冠動脈造影 CT などから、シミュレーションなどを用いて FFR を推測する FFR-CT というものもある。私も、ちらっと解説記事を読んだが、ん???というような内容。血流を非圧縮性の粘性流体とみなしてナヴィエ・ストークス方程式などの数値計算に持ち込む、ということのようだが、ご存知のようにナヴィエ・ストークスの方程式は数値計算でも解くのが厄介で、ここをすっ飛ばしているように見える。なんか筋悪というか…。

 

? 冠動脈イメージング

測定装置は US, OCT, 内視鏡, 近赤外 色々ある。個人的に大好物。

 

? Mitral clip

僧帽弁の逆流防止のための治療。

確かにクリップですね。

 

? 3文字言葉

LMT (Left Main coronary Trunk) 左冠動脈主幹部

LCX (Left CircumfleX coronary artery) 左冠動脈回旋枝

LDA (Left anterior Descending coronary Artery) 左冠動脈下行枝

RCA (Right Coronary Artery) 右冠動脈

以上、4 区分が基本。さらに 15 くらいに分類している模様。


元画像はこちら

 

慢性完全閉塞 (CTO Chronic Total Occulsion) に関する問題の一つは、これらの部位で慢性に閉塞していった場合、閉塞・狭窄にどのような規則性があるか?ということだと思う。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

AED

国内AEDの半分に故障の恐れ 日本光電の10万台

医療機器製造販売会社、日本光電工業(本社・東京都新宿区)は 20日、同社が販売した自動体外式除細動器(AED)の一部に心電図を解析できない不具合があったと発表した。同じ部品を使う機種は全国に約10万7千台あり、今月下旬にも点検を始めて故障が見つかれば修理する。厚生労働省によると、国内で設置済みのAEDは約21万台で、点検対象は約半数に上る。

 同社によると、点検対象のAEDは米国製で、商品名は「カルジオライフ」。型式は「AED―9100」「同9200」「同9231」「同1200」の4種類で、国内外で約30万台が販売されている。心電図解析は心臓に電気ショックを与える前に必要な検査で、これまでに2件の不具合があったという。うち1件は奈良県で4月、80代の女性に使用した際のトラブル。女性はその後、死亡したが、AEDの不具合と死亡の因果関係は不明という。

というニュースが目を引いた。
というのもサイマトロンの発売元が光電メディカルという日本光電の子会社だからだ。エレクトロニクス立国と言われる割には日本は医療機器分野、特に人体に侵襲を加える医療機器への開発意欲は低い。医療機器というのはつくりっぱなしというわけにはいかず、今回のニュースのように何か問題がおこった際には迅速な対応が求められ、当然、承認も慎重ならざるをえず、結果としてメーカー・行政ともにこの分野には及び腰となっているからだ。必然的に海外で承認済みのものが国内で使われることになる。

困るのは、そのせいで仕様が国内で明らかにされず装置自体がブラックボックスとなってしまう傾向があるということだ。このニュースをダシにしていってしまうとシミュレーションをやる際、パルスの電流制御の方法を知りたくて光電メディカル経由で開発元に訊いたことがあるのだが、案の定、なしのつぶてであった。電流制御はサイマトロンのキモとなる技術でそうやすやすと明らかにしたくないんだろうが、自分たちが何やってるかわからないというのは私のような人間にはかなり気持ちの悪い事態で、今回のようなことがあったりするとなおのことなんとかならないかと思ってしまう。

今回の件は、あちこちで流れたニュースを総合すると装置を自己診断するソフトが機能しなかったためそれをとりかえる、ということですみそうだ。が、そもそも心電図解析のアルゴリズムに致命的なバグがある(ある種のVT・Vfを正常ととってしまうなど)、という可能性も考えられ、その場合にはアルゴリズムくらいは公開されていないと事例解析にならないと思うのだ。

■追記
もうちょっと詳しく調べないとわからないのだが、現行の心電図解析のアルゴリズムはかなり簡略なものが採用されており事実某社の製品では

機種により解析アルゴリズムには違いが持たされており、同じECGが入力された場合に製品Aでショック指示が出たとしても、製品Bではショック指示が出ないことや、またその逆も考えられます。

と表記してある。
やはりこれアルゴリズム自体の検討もやった方がいいんではないかと思う。循環器内科医はBLSの講習もいいのだが、こういう仕事もすべきだと思うよ。

 

猪股弘明(医師)