ORCA Plus というレセコンユーティリティソフトをつくっていて気がついたんだが

ORCA Plus

知り合いの病院(といっても100床程度だが)の理事長さんから

「レセコンとして ORCA を使っているが,

 会計で計算しにくい指標がある

 「閉塞」がおこりやすい

なんとかならないか?」

というような相談があって、手が空いたときにデータ構造などについて調べていた。
会計フローまではまた十分調べられていないのだが(一部、『ORCA の日計表と関連テーブル・内部フローなどについて』あたりで手をつけました)、とりあえず手をつけやすいのは外来の待合患者さんあたりのリストを一覧表示させることだ。
ORCA との通信というと CLAIM や(最近では)ORCA API が使われているが、けっこうな頻度で「閉塞」を起こすようだ。だからこの機能を無条件で信用するわけにもいかない。結局、ORCA のデータベースの該当テーブルを直接参照することにした。
適当なプログラムから非同期通信でデータベースに直接問い合わせれば、ORCA 自体には悪さは(まず)しないだろうという読みだ。

で、ブラウザ閲覧タイプのプログラム(これを ORCA Plus と呼んでいた)をささっと書いて、しっかり動いた。
ORCA も同時に動かしても、ORCA 本体にはなんの悪影響も出ていない。
患者受付するとこちらの画面にも反映される(今のところブラウザを「更新」してデータベース読みにいく仕様)。


で、このときに気になった点があったので、述べてみたい。

なお、患者さんはすべてデモ用の架空(ダミー)患者さんです。

ORCA データベースのカラム定義の不整合性

どういうことかというと、ORCA では同一と思われるカラムが、テーブルによって定義が違うってこと。
これは具体的に示すとわかりやすいと思う。

ptid はおそらくその施設での患者IDを示すカラム(列)の名前。なお、似たようなカラムに ptnum というのもあるが、こちらは表示用文字列
上図からわかるように

tbl_ptinfptid では bigint
(bigint は postgreSQL では8バイト整数)
tbl_uketukeptidnumeric(10,0)
(簡単にいえば 10 桁の整数

となっていて、数値の型が違う。

また型が違うせいなのか、tbl_uketuke の方で ptid が外部参照されていない(できない?)。
しかも、tbl_uketuke(受付情報入っていると思われるテーブル)では ptid が NULL でもかまわない。つまり、患者IDが入っていなくてもとりあえずは記録できる仕様になっている。

ORCA「閉塞」の一因?

ところで ORCA がけっこうの頻度で「閉塞」してしまうのは、これが一因だったのかもしれませんね。
要するに患者IDも付与されていない「外来」患者情報を他の機器に送信しようとしても、ORCA 自体がパニくってしまうか、受信する側の機器が送られてきたデータを受けつけないみたいな状態になっていたかもしれないってことです。

対応と課題

改善案もなくはないと思いますが、急に変更しようとすると無理が出るので、現在でも稼働中のシステムゆえ、とりあえずはこういった状況を把握した上で使っていくしかないかなあとは思います。

 

ORCA 管理機構側の対応

結局、ここらへんのことは ORCA の ML(メーリングリスト)にも投稿させてもらった。これとかこれとかこれ

この件に関しては ORCA 管理機構の上野さんに丁寧に対応していただいた。

上野さんの話によると、不整合が生じた原因は、以前のOpenCOBOL(今の GnuCOBOL)やミドルウエアが固定小数点「しか」扱えなかったことに由来するということらしい。その後、主だったテーブルでは integer 型に修正したのだが、マンパワーの関係で今でもいくつかのテーブルでは旧来の定義がそのまま使われているとのことでした。

ORCA 管理機構側からも

フレームワークの採用も検討してまいります

と一つの改善案を示していただきました。

 

ORCA は素晴らしいプロジェクトですが、時代に合わなくなってきた側面もあるかとは思います。無条件に肯定するのでも全否定するのでもなく、地道に評価して次世代の望ましい設計を模索いけばいいのではと思います。

 

 

猪股弘明(医師:精神科:精神保健指定医)
HorliX, OpenDolphin-2.7m 開発者

 

まずは医薬品マスタのデータベース化…orz

諸々の理由があって保険請求で使う各種マスターの類をデータベース化。
とりあえず医薬品マスタを github(https://github.com/Hiroaki-Inomata/orz) で公開しておきました。

テストコマンドなども同包してあります。開発(というほど手間もかかってないが)言語はまるっきり趣味の C/C++ 。

Mac OSX

Unix (Ubuntu)

に加えて、マイクロソフトの C++ コンパイラのクセが知りたかったので、windows 10 でもコンパイルを試みた。

 

いや、しかし、コマンドラインツールなんて久しぶりに書いたな・・・。

 

猪股弘明(医師:精神保健指定医)

HorliX , OpenDolphin-2.7m 開発者

(参考:レセコンソフト ORCA を巡るあれこれ

UKEファイル OverView

この前のオンラインレセプト請求で問題が発生した。

公費の受給者番号が確定せず、月遅れ処理にしていたのだが、その分がエラーになってしまうという。
どこかで誤操作をやっていることが疑われたが、できれば今月中に請求したい。

結局、テキストエディターで エラー分のUKEファイルをつくってしまった。社保の支払基金のサイトでフォーマットが公開されているのだが、記述が細かすぎてわかりにくい。ざっくりと解説しよう。

(全体構造)


IR,,,,,,,,(医療機関の情報),,,,,,

RE,1,,,,(患者さんの情報),,,,,,,,,,
HO,,,,,(保険情報),,,,,,,,

KO,,,,,(公費の情報),,,,, ←(公費を使う場合必要)

SY,,,,,,,(傷病名),,,,,,,,

SI,,,,,,,,,(診療行為),,,,,,,

CO,,,,,,,,,(コメント文),,,,,,

RE,2,,,,(患者さんの情報),,,,,,,,,,

(以下、繰り返し)

GO,(保険者への件数),(合計保険点数),99

である。

基本的にはORCAが吐き出すUKEファイルは、完成度が高いが、月遅れや公費などで基金のASPにひっかかる場合がある。

このような場合、ORCAでがちゃがちゃやるよりは、テキストエディターでUKEファイルを自作して請求・確定した方が早いと思う。

 

猪股弘明( PHAZOR 合同会社

精神科:精神保健指定医

 

なお、.uke ファイルを医療関係者が見やすくしたものが「レセ電ビューア」というやつです。
ORCA だと Mac 版がないようですね。

windows 版ですが

https://bitbucket.org/ayamashita_kojosen/openreceiptviewer/src/master/

github: https://github.com/akihiro-yamashita/OpenReceiptViewer

にオープンソースで公開されているものがあります。

 

ハードの終わり、ソフトの始まり

最近、取り組んでいたのはオンライン請求の接続方法は何が良いか?という問題。

現在、医療機関が支払い基金にレセプトをオンラインで請求する場合には、以下の3つのやり方がある。

1. IP-VPN方式

2. IPsec+IKE方式

3. ISDN方式

このうち3. は今となっては一般的でないので、実際にはほとんどの場合、 2. か 3. かの二択になる。

どちらも一長一短があるのだが、今回の新規案件では 2. IPsec+IKE方式を採った。

この接続方式のメリットの一つに「回線を選ばない」というのがあるのだが、試しに WiMax 回線でつないでみた。結果、

receiptonlinewimax.jpg

つながりました

実際にこの環境で稼動させることはまずないでしょうが、複数の環境で接続可能だというのは何か安心ですね。

(参考)『Re: RCA でのオンライン請求について

 

 

猪股弘明(精神科:精神保健指定医)

 

人さがし -事務&カウンセラー@メンクリ-

会社のコンサルがらみで経営者に代わって事務&心理職をさがすことになった(患者さんが来すぎて、本当にマンパワーが足りない)。

とりあえず、臨床心理系コースが設置されているめぼしい大学にコンタクトを取ったのだが、まずは学生課を通してくれという。

一つ目の大学は、きわめてフレンドリーでこちらのかなり無茶な要求にも極めて温厚に対応してくれた。

 

調子にのって某有名私大に電話したのだが、ここが… orz

「それは正規職員なのですか?」(こんなの、即答できませんて。そんなの応募した人材のスキルや適応度で決まってくるしょうに)

「学生のアルバイトなら、家庭教師と官公庁とoooとxxxとしか受け付けていません」(いやあ、これでも保険医療機関なんですが・・・)

「本学が考えているインターンシップというものは X■△ というもので(以下御高説、略)」(右耳から左耳に抜けてました)

みたいな不毛な会話がけっこう続いた。

最終的には、こちらの立場を理解してもらって、ある程度のアヤがついたのだが、明らかに最初は「有名企業に何人就職させたか」が数値目標にでもなっているかのような対応。「日本の大学っていまだにこうなのか」とちょっとびっくりした。

 

猪股弘明(医師ですが、コンサルっぽいこともやります)