大人のための将棋再入門 3 脳内評価関数更新用早石田くん対策

ウォーズ低級位時は、相手が棒銀・中飛車・早石田を指してくる場合が本当に多い。

対策立ててないと

の局面で恐怖を覚えます。「飛車が危ない」と。

要するに、この後、どこかで▲7四歩△同歩▲2二角成△同銀と進んだ場合の▲5五角の飛車取りを予想して身構えるわけですね。例えば、こんな局面、

この場合には、△3三角打と自陣角を打つのが好手です(おそらく定跡にもなっていると思う)。

つまり、飛車を取らせるわけです。

落ち着いて考えると▲8二角成△同銀としたところで単なる飛車角交換ですし、この後、後手陣に飛車を打ち込む隙はありません。むしろ△9九角成を防ぐために後手に回ることになります。

この進行を早石田対策としてとりあえず覚えておいてもいいですし、

どんなときでも 飛車>角 → 序盤は飛車より角

というふうに脳内評価関数を更新しておきましょう。

この後の進行はここなんか参考にしてください。

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です