勝ったのは紅でも白でもなく米津

2018 大晦日は、仕事しながら紅白を視聴。
サザンの桑田さんが、松任谷由実さんとカラんでいるところなど、同世代人としては「なんて豪華!」とテンションが上がった。

けれど、印象に残っているのは、謎めいた女性舞踏家付きで登場した米津玄師さん。
この思いはかなり共有されているようで、ネット上でも

勝ったのは紅でも白でもなく米津

なんて言われてます。
私も YouTube の『檸檬』の PV チェックして、それでも飽き足らず結局 iTunes で(『檸檬』だけですが)購入しちゃいました。

なお、玄師は「けんし」と読むんだそうです。

ニコニコ動画投稿時代は hachi と名乗っていたそうな。

こういうところも彼が支持されている理由でしょうね。

 

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です