彼自身による秋葉太郎

秋葉太郎
前回登場したものの「影が暗すぎてよくわからないキャラになっている」とクレームいただいた…orz
製作者の演出ミスだな。
気をとりなおして、全身姿披露!

 

 

秋葉太郎
これが俺氏。
ジーンズ、ネルシャツ、バンダナ、オキニのアニキャラ。
人から変に思われるのは知っているが、俺はこのスタイルが落ち着くし、スタイルを変える気はさらさらない。

秋葉太郎
自己紹介しておこう。
現在、29歳。
東北出身。地元では神童といわれ、地元の県立高校から、現役で東京の国立大に入学。
知的好奇心としては京都の大学にも興味あったけど秋葉原に行きやすいから東京
コンピュータが好きで情報分野を専攻。好きなプログラムを書きまくってたら、世界から評価されて、博士号を4年でもらって院修了。
教授? いたけど俺は興味なかったから、あんまり教わったとか教えられたって記憶はない。

秋葉太郎
博士号取得後は、メーカーに就職。
ここが最悪だった。
研究ができるのはよかったんだが、上司が無能。
俺氏の華麗にして美しいプログラムが理解できなかったらしい。
「周囲の人から理解されるようにもっとわかりやすくプレゼンしなさい」とか俺だったら恥ずかしくて口に出せないような当たり前なこと言ってた。けど、俺からしたらナンセンス。美しいものに余計な説明はいらない。それがあいつはわかっていない。あんまりうるさかったから、最後は胸ぐら掴んで「無能なお前に俺の管理は無理だ!」ってはっきり言ってやった。

同僚からも妬まれたね。
俺氏が3日で書ける内容を奴らは5年かけてやっとこさ形にする。で、うまく動かなかったりする。できないんだったら素直に聞けばいいのに、遠回しに言ってくるんだ。「仲間にならないか」みたいな感じで。まったく気持ちの悪い連中だよ。俺氏は、こういうとき、馴れ合いよりも高貴な孤立を選ぶ。仲間になんかならなかったから、さんざん嫌がらせされたよ。

OLっていうのか。会社の女子も苦手だったな。これに関しては時間があったらおいおい語っていこう。

結局、最後は、色々なむしゃくしゃが溜まって、会社の研究所で大暴れしてジエンド。

秋葉太郎
その後は、大変だったな。

病院に連れて行かされて、発達障害という有難い診断名をいただいた。会社はそんないきさつもあったんで、警察のご厄介にもならず、辞めるときは自発的退職という形になった。

田舎の両親は掌返し。それまでの神童扱いが、犯罪者扱い。縁切られた。

仕事もない(する気もなくなったけど)。家族にも頼れない。

これには、流石の俺氏も途方に暮れた。

秋葉太郎
そんな俺氏を救ってくれたのは、市役所の福祉担当の牧田さんと青空のとし子ヘルパーだった。

牧田さんは、自立支援制度による介護利用というけっこう裏技に近い(と思う。介護ってお爺さん・お婆さんのためにあるんだと思ってた)手段を使って、行政による支援の手を差し伸べてくれた。

とし子さんは、俺氏の病気に理解があったかどうかわからないが、お姉さんのように接してくれて、荒んでいた俺の魂を癒してくれた。

それなのになぜ引き離す!?

 

と、キャラ設定を1回で終わらせたいというこちらの意図を汲むかのように一気にこれまでの経緯を語った秋葉氏であった。

次回は、この人物設定を医学的に検証してみます。

 
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ


当ブログの患者様に関する個人情報に対する取り扱い・倫理的配慮に関しては、

phazor.info『ネット版 症例発表における倫理指針

で示された倫理規定に準じています。

つまり、個人が特定されないようにぼかして書いてます。ただし、モデルになった人物はいます。けれどご安心ください。該当する2〜3人の利用者さんの特徴を混ぜてますので、決してあなたのことを書いているわけではありません

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です