電子カルテからの患者データ吸い出し 2

具体的な案件はこんな感じ。

数年間、A市で開業していたが、開業していた父親の突然の不幸があり、そちらを承継することになった。こちらとそちらの電子カルテにデータの互換性はない。何らかの形でそれまでの診療データを保管しておかなくてはならない。さて、どうする? といった案件。

ラッキーだったのは、使っていた電子カルテが OpenDolphin というオープンソースのものだったこと。データベースの構造をチェックし、ソースを読むと「ああ、これはいけるかな」と。

結論から言うと、データベース(PostgreSQL)からデータを吸い出し、文字情報はテキストファイルに、画像情報は 画像 ファイルに書き出すプログラムを書いて、これがうまく動いた。

元の dolphin のカルテ画面はこんな感じ。

で、変換プログラムの表示画面はこんな感じ。

元の dolphin の画面がかなり凝ったこと(java swing の JTextPane をカスタマイズして使用)をしていたため、そのあたりの処理をどうしようか迷ったが、画像が貼られていた位置にタグを打ち込む形で表示・保存させることにした。ならべくなら、カルテの書式情報も損失なく変換させたいので。

というわけで、今回は電子カルテの実運用後の保管形態に関するお話でした。

ところで、噂に聞くに、電子カルテのデータ構造を秘匿化していわゆる「データを人質に取る」といった商売をしている業者もあるようです。 ビジネスだから、と思う反面、それっていわゆる電子カルテの3要件に違反するんじゃないの?といった感想も持った。なんかすっきりしてない。

こういった時に、適当なガイドラインがあると便利なんですけどね。 ここら辺の話はまた次回にでも。

 

クリックclose

“電子カルテからの患者データ吸い出し 2” への3件の返信

  1. ええ、どうぞ。
    「問い合わせ」ページからコンタクトを取れますので、もう少し詳しいお話などお聞かせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です