英文ビジネスメールと HorliX community

どういうわけかここ最近、英語の学び方、みたいな記事を何回か見かけたので、私も便乗してこのお題で。

おそらくある程度マトモな環境で真摯に仕事していれば、自分の専門分野の英語論文を読むのはそんなに難しくないと思う(読み込む精度は、その人の力量次第だと思うが)。
問題は、広報用の英語ドキュメントつくったり、外国人とメールでやり取りする時、などではないかと思う。こういうのは学校英語で教えてくれないものの一つだ。
思うにこれは必要に迫られないと身につかないと思う。私はいくつかのオープンソースの国際プロジェクトを抱えていて、最近、外国の方からの問い合わせも増えてきた。
特に、HorliX は
・いくつかのカスタマイズバージョンの構想があること
・リリースした場合、収益が上がる可能性が高いこと
から、これに参加してくれそうな海外の方々に私からかなり明確な方針を打ち出す必要があった。
自分なりの考えをまとめて英文にするとこんな感じになった。

2. returning the profits to contributors
I respect free and open-source mind but the over-interpretation is not
so good for the sound growing the project.
I think it is good to distribute the profits to whom it may concern
according to their contributions.

文法的に完全に正しいかどうか、こういう言い回しでよかったのか、英語不得手な私にはわからないが、意図は通じたようだ(こういうところであまり凝った言い回しをしないのもコツかもしれない。私の英語がアレなことは関係者は知っている。大抵の場合、ネイティブが後でより自然な言い回しに言い換えてくれる)。
有り難いことにこの考えは支持されたようで、その後、HorliX community (というものが形成されつつあるように思う)のトラフィックは活気づいたように思う。
見返りが全くないわけでなく、かといって報酬を固定するのでもなく、利益が発生した際に関係した人にその貢献度に応じて利益を分配する、いってみれば利益分配方式とでもいうべきこの方法は、日本やアメリカのアニメ・映画・ゲームなどの製作方式として採用されているように思うが、オープンソースの世界でうまく働くかどうかはわからない。
だが、有り難いことにこの考えは支持されたようで、その後、HorliX community (というものが形成されつつあるように思う)のトラフィックは活気づいたように思う。
ここしばらくは、これをうまく回していくのが私の仕事の一つになる。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

 

 

クリックclose

コメントを残す