英語2 YouTubeとクローズドキャプション

YouTubeを使った英語学習法が喧伝されるようになったのだが、問題はスクリプトをいかにして手に入れるか?だ。
この問題をある程度解決してくれるのが、クローズドキャプションの機能だ。
画面のCCをクリックし、画面の指示に従って設定を指定するとスクリプトが表示される(1。ある程度、と書いたのは、このキャプションの質が投稿者によってかなり違うからだ。

(1.編纂者注…現在この機能は廃止され、英文スクリプト、つまり字幕は音声認識で自動生成されているようです。かなり質も良い)

それほど量は視ていないが、質がいいのはスタンフォード。有名なジョブズのスピーチはほぼ完璧にスクリプトがキャプションになっているのでは?

逆にダメなのがハーバード。思うに機械にディクテーションやらせているだけなのでは?というビデオが散見された。有名なサンデル教授のトローリーカーの講義はそれほど目立たなかった(と思う)が、後半の講義は「モンテスキュー」が「onto ask you」になってたりしてとても使えたものではないという印象を持ったが…。(最近は直ったかもしれません)

(追記)YouTube や Google での英語学習に関して樹英語塾のサイトがすごくよくまとまっていた。日本人が英語を学習する際のアプローチはいろいろあると思うが、西条さんのやり方はすごく自然に感じた。

クリックclose

コメントを残す