ECTの施行形態

そろそろ細かいところにはいっていきます。

現代に復活したECTであるが、それなりの歴史を有しているため実施形態も単一ではない。ポイントは
・原法と修正型
・サイン波とパルス波
の違いを把握しておくこと。たまに「サイン波=原法、パルス波=修正型」と勘違いしている人がいる。

 

◎原法と修正型
ECTが敬遠されてきた理由の一つに「けいれんによる強い筋収縮のため骨折などの副作用がおこる」というのがある。これを防ぐには予め筋弛緩剤を投与、全身性のけいれんがおこらないようにすればいい。というわけで筋弛緩をかけた状態でECTを施行する修正型電気けいれん療法(m-ECT)が生まれた。この経緯から、従来の筋弛緩をかけない方法を原法と呼ぶようになった。

◎サイン波とパルス波
ECT成立当時、簡便さから家庭用交流電圧をスライダックで降圧して使っていた(というが、もちろん見たことはない)。従ってこのときの電気波形は、50 ないしは 60Hz の定電圧サイン波のみとなる。しかし、サイン波ではけいれんを引き起こす閾値までの電気刺激が無効となってしまうため、信号が鋭く立ち上がる方形波(パルス波)が使われるようになった。現在、パルス波の方が主流となっている。

 

一つは筋弛緩をかけるかどうか、もう一つは刺激波形として何を使うかということであり、両者は本質的に違う次元の話である。理屈の上では 2×2=4 の4種類の実施形態があることになる。このうち原法×パルス波はまずおこなわれないが、修正型×サイン波は臨床上使われることがある(modified sine wave ECT などという)。これは、パルス波ではけいれんが誘発されない場合、サイン波に切り替えるとけいれんが誘発されることが多いという臨床的事実に基づき、けいれん閾値が高い人に施行されるからである。

 

クリックclose

コメントを残す