せん妄とか幻覚とか

一般メディアでの取り扱いは地味なように思うが、医療関係者の間では『柳原病院事件』に無罪判決が出たということで話題になっている。
これに触れて以前に某所で記事を書いたことがあるので、こちらでも掲載。


これはやっぱりせん妄や覚醒直後のもうろう状態で見た幻覚のような…

精神病理を専門にしているわけではないが、「せん妄」や「幻覚」は総合病院勤務時にはリエゾン(↓)などではしょっちゅう診察していたのでポイントを書いておく。
江川さん(『乳腺外科医のわいせつ事件はあったのか?~検察・弁護側の主張を整理する』のこと)も微妙に区別ついてないよね。

リエゾン。リエゾン精神医学のこと。仏語の Liason 「連携」、「つなぐもの」より。精神科が不眠症や抑うつ状態で他科管理の患者さんの診察依頼を受けるときこういう言い方をする

「せん妄」はわかりやすく言えば「意識野が狭く浅く」なった状態で、それゆえ注意の転動が起こりやすく見えてはいけない幻覚などを見てしまう。(例:点滴ラインを「蛇に噛まれている!」などと自己抜去する。看護師さん泣かせ)また、原則、記憶の連続性は保たれない。ただし、この場合の幻覚は、奇異な感じはあまりない。廊下の看護師さんの足音を「悪魔が近づいている!」などというように現実の感覚由来のどこか了解可能な感じがある。

なお、統合失調症などで陥る「幻覚妄想状態」は、幻聴や幻視など「現実には存在しないものが(本人だけには)はっきり聞こえたり見えたり」している状態で、第三者から見て了解不可能な奇妙なものが多い。しかし、意識自体の連続性は保たれているので、そのときのことを記銘・保持している場合が多い。
ある患者さんに「(強制)入院したとき、先生、屈伸運動してましたよね」と言われたことがあるが、その記憶内容はまったく正しかったりする。その通り、あなたがタックルしてきた場合に備えて、身体をつくっていたのだよ。

今回の場合は、この手のわかりやすい「術後せん妄」や「幻覚」などではなく、かなり生々しい自覚があるため、麻酔薬覚醒時のもうろう状態で見た幻覚や夢の類だと思うんだが。
問題はプロポフォールでこの手の性的な内容を含む幻覚や夢がおこる頻度。ケタミンなら、(頻度が高いため)ほぼほぼこれでいいような気がするんだが、プロポフォールはどうなんだろ。

【参考】
Sexual hallucinations during and after sedation and anaesthesia
を読むと頻度までは書いてないが、プロポフォール propofol でもいくつかの症例報告がなされていることがわかる。

今回の裁判では、こういったエビデンスを重視した判決になっていたようです。よかった。


若干、表現はマイルドにしました。twitter でも200RT超え

twitter 関連サービス、こんなのもあるんだ…

精神保健指定医

猪股弘明

 

ECT と麻酔科

修正型になって筋弛緩剤を使うようになってから、ECT の試行には麻酔科医の協力が必須のものなってきている。
酸素化程度であれば精神科医も訓練次第ではなんとかなるが、血圧の異常な上昇や心肺停止といった不測の事態にはなかなか対応できるものではない。
なのだが、この麻酔科医との協力関係がうまくいってない施設がけっこうあるという。聞いたところでは某有名大学病院がそうなっているらしい。
初期研修医単独で施行しているとか、電極の貼り方がおかしくて煙を吹いたとか、手順そのものが頭に入っておらず手技者がオペ室でフリーズしているとか、けっこう悪い噂が聞こえてくる。
なんとかならないものかと思う。
大半の精神科医がこの治療に乗り気ではないというのは理解しているが、そうならば、水準に達していない施設は ECT はしないとかそういった規制(自主規制を含めて)をした方がいいのではないかと思う。迷惑するのは患者さんなのだから。