設計図共有サイト

日経新聞が、github のことを「設計図共有サイト」と紹介して、そのネーミングセンスが一時期ネットで話題になった。

「これだから日本のマスコミの IT リテラシーは….」とかなり揶揄っぽい意見が多かったが、確かに github 的な文化が日本に完全に定着しているとは思えない。

私もいくつかのプロジェクトに参加させてもらっているが、やはり海外の有力プロジェクトは参加がしやすい。

例えば、リポジトリのブランチ構成にしても、「本流」ブランチと「開発者用」ブランチを分けていて、どこにプルリクエストを送ればいいのかわかりやすい。

一方、日本のプロジェクトは、本流ブランチ一つだけ、過去の履歴は一切なし、更新するときは、いったんリポジトリを全消去して、ローカルファイル強制プッシュ、みたいなものが多い。

オープンソースかもしれないが、「共有」する気はいっさいないよね(笑)。

ポーズで「github にソースは公開してます。オープンソースです」ってアピールしてるだけ。

 

また、github は github.jp のようなサイトがないことからわかるように、国際的な地域差を意識する機会が少なく、国際化の文脈で語られることも多い。しかし、日本産のプロジェクトは、これもアピール的な要素として利用されることが多く、例えば、外国の方が issue 欄に書き込んでいるにもかかわらず、ガン無視をきめこんでいるプロジェクトがけっこうある。国内にとどまっている限りにおいては、これでもいいのかもしれないが、その後、他言語リソースが欲しいとか外国の参加者を増やしたいという時に、こういった態度はブーメランのように自分に返ってくる。

github は便利な環境だが、上記のような使い方をしていたのでは、少々、もったいないような気がする。

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です