【魔改造】Surface Pro 7 (+)【SSD 128G→1T】

これまで windows マシンは、Dell XPS 13HP Spectre x360 と乗り換えてきた。ややスペックが見劣りするようになってきたが、通常使用では問題はない。
ただ、Spectre はサイズ的にやや大きく出先に持っていくのに若干躊躇する。

そこで、ネットや量販店などで物色。

最近では(機種にもよるが)、MS (MicroSoft) 謹製の surface シリーズもお値打ち感が出てきた。

外に持ち出せて、そこそこパワフルなスペック、というと surface pro シリーズが良さそう。

⭐️ 無印 Pro 7 と Pro 7 + の違い

この度 Surface Pro 7 で良い出物があったので導入した。

ただし、Surface Pro 7 + という法人・教育機関向けのもの。

無印と + の機能面での違いは CPU の世代と SSD の形態。
CPU は、無印が Intel core i シリーズ 10 世代、+ は 11 世代。
SSD は、無印が(おそらく基盤にベタ付けで)換装はほぼ不可能、+ は最初から交換することを前提に設計されているので当然可能。

在庫の関係で CPU i5 SSD 128G にしたのだが、これではストレージが物足りない。2021 春現在で 12万弱程度で購入できるのでコスパはいいんですが。

そこで、早速、SSD の交換を試みた。

⭐️ エントリーマシンを大容量 SSD に換装

まず、MS 公式が YouTube 上で SSD の取り外し方をご丁寧に解説してくれているので、これをチェック。

はっきりとは言及されてないが、自分で SSD を交換した場合は改造にあたり保証などは受けられなくなりそう。

まあ、ここから先は自己責任ですね。

さっそく、Surface のキックスタンドを開けて該当部位を探る。

 

SIM トレイを外すときに使うピンをポチ穴に押し込むと外蓋は簡単に外れる。
128G と書かれた黒いプチモノリス?が 元々の SSD です。

T3トルクレンチで黒いネジを外すと着脱できるようになります。

黒い筐体に囲まれているので一見わかりにくいが、この SSD の仕様は

NVME m.2 2230

という規格です。

だから、この規格の大容量の SSD が入手できれば、(システムの問題はさておき)SSD の換装はできるわけです。

検索かけるなどして調べてもらえればわかると思いますが、この規格で 1T くらいだと現在(2021 春)2 万円くらいです。

まだ、そんなにタマが出回ってませんが、ちょいちょい探していると見つかると思います。

入手できれば、挿入は簡単。

SSD 端子が、Surface の受け口に差し込まれると反対側がちょっと浮いた感じになるので、ここがコツと言えばコツでしょうか。浮いてない場合は変なところに入ってます。修正しましょう。

あとは再度ネジを止めるだけ。

これで、物理的な SSD の交換は終了。

簡単といえば簡単。

ただ、これだけでは、システムが入っていないので、このままでは起動はできません。

正常動作させるためにはシステムを入れ込む必要がある。

⭐️ システム・データの入れ替え

windows マシンの SSD 換装のとき、換装した SSD にシステムを入れ込むには大雑把に次の二つの方法がある。

・SSD 換装前に回復ディスクを作り、換装後に回復ディスクから起動してシステムを復旧させる
(この場合、ユーザーデータなどは当然移せない)

・SSD 換装前に元 SSD を換装用の SSD にシステムごとコピー(クローン)
(この場合は、換装後ユーザーデータ・アプリケーションなどもそのまま使える)

今回は、導入直後だったため前者を選択。
後者のときは easeUS などで SSD を丸ごとコピーしてください(解説記事はググればたくさん出てくると思います)。

回復ディスクは 32G 以上の USB メモリ推奨です。あらかじめ作成しておいてください。

私はこれを使いました。

Lexar、 私、よく使うんですが、あまり有名じゃないですね。ですが、使っていて不良品つかまされたことはないので、けっこうオススメです。
なにしろアマゾンでけっこう安い(1000円程度)。残っているかどうかわかりませんが、アマゾン該当ページはこちら

⭐️ 復旧

ここまで済んだら、回復ディスク(というか USB)を Surface に刺して電源投入。
そのままでも復旧できると思いますが、できない場合は電源投入直後に

F8キーを連打して USB から起動

できるようにしてください。

起動できれば、あとは復旧プロセスが始まります。

⭐️ 読み書き速度

そのうち示しますが、純正品より速くなってます。

 

以上、無事、SSD の換装ができました。

⭐️ その他、あった方がいい小物類

surface の電源供給は以前の Mac の MagSafe っぽい独自仕様。
これは良い仕様なんですが、Mac や android スマフォなどは PD の USB-C が一般的。
なので、スマフォと surface を持って外出、なんてときには、電源アダプタも二つ必要になってくる。
これは避けたい。

有難いことに USB-C → surface PD の変換アダプタはサードパーティでけっこうある。
今回はこれをアマゾンで購入(画像クリックでアマゾン商品ページに飛びます)。

実際に使うとこんな感じです。けっこうスッキリしてますね。

安くて若干不安だったんですが、機能的には問題なく充電できてました。

 

Mac ノートはマウスなしでも作業できると思いますが、Windows マシンの場合、マウスは必須でしょう。
今回はケースカバーの色(ポピーレッド。なんかお菓子っぽい)に合わせて MS 純正のやつにしました(アイキャッチ参照)。
他にも純正ありますが、お好みで。
ちなみに言うと、こちらのホイール付きの方が安いです。

なお、マウスの乾電池(単4二本使用)は購入時に入ってます。別途購入する必要なし。
何でも通常使用なら1年は持つとか。
ここらへんは地味ながら便利になりましたね。

 

air-h-128k-il

 

さらば XPS13 ! でも、SSD は救うよ(1)

以前から何度か書いているが、windows 系のノートパソは、一時期は Dell の XPS13 を愛用していた。

バッテリーパックが膨れ上がる、筐体に歪みが出る、といったよくある症状の他に本格的に電源が入りにくくなってきたため、廃棄処分することにした。

とは言っても大事なデータはまだパソ上に残っている。

ここが Dell パソのいいところだと思うのだが、最初から分解・廃棄しやすいつくりになっている。今回の場合であれば、データが蓄積されている SSD を外部に取り出して何らかの形で使えるようにすればいいわけだが、筐体の分解の仕方が公開されているし、これから書くように SSD の取り出しはかなり楽だ。

本体をひっくり返す。

隅などに配置しているネジをはずす。ロゴヒンジの中にもネジ止めされているので、これも忘れず取り外す。
私の場合は、既にバッテリーは取り外してあったので、裏蓋をガバッと取り外すと、すぐにファンなどの各種パーツが露出する。

赤枠に囲った部分が SSD 。意外に小さいでしょ?

この取り外しがこれまた楽なんだな。

コネクタの逆側についているネジをはずすと SSD が浮き上がる。あとは本体をコネクタから抜けばいい。

これだけ。

基盤にベタ付けされていたら、こんなに簡単にはいかない。

 

このSSDを再利用するのが次の目標。

 

air-h-128k-il

続くよ

 

INSPIRON 530 (Win10 無償アップグレード済)を延命のため、改造していたらライセンス認証が一時的に通らなくなった話

確か、2008年頃だったと思うのだが、Dell から INSPIRON 530 というミニタワー型のデスクトップ機を買った。有限要素法などの数値計算をがりがりやっていた頃で、かなり酷使していたと思う。元のOSは VISTA だったが、なんとか Win7 までアップグレードして使っていた。ここらへんでそこらへんのノートPCにも負けるようなスペックになり、ほぼ現役引退。部屋の片隅に追いやられていた。

だが、ここに来て、Win10「無償」アップグレードの大々的なアナウンス。一応、7が入っている以上、やってみようかとアップグレードにチャレンジ。これは、問題なし。速度も7と同程度には出ている模様。ちょっと欲が出てきて、そこそこ使えるマシンに延命しようと思い立った
やってみたことは
・グラフィックボード交換(MSI GT 930)→ ちょっぴり画面表示速度が改善。騒音レベルかなり減少。
・CPU交換(Core 2 Duo E6750 → E8600)→ かなり改善。マウスのレスポンスが使えるレベルになる。
なお、ここまで認証うんぬんの問題はまったく出現せず。問題ないならと、最後の〆とばかりに
・内臓ストレージ換装(購入時のHDD→ sumsung 750 EVO 250G)→ 体感的にまったく問題なく使えるレベルに。
と気をよくしていたのだが、先日、「この windows は認証されていません。いますぐ認証してください」みたいなメッセージが突如出現。ちらちらと「マシンの構成を大幅に変えると、認証が通らなくなる」みたいなことを聞いていたので、ああ来たかと、SSD 換装がダメを押したかな〜と、これは特に困惑せず、受けとめられた。
いちおう「設定」画面から認証を通そうと試みたが、その認証画面がメニューにはあるものの入れない。『ゑ…?』とここらへんで嫌な予感がしてくる。
では、いったん7に戻すかと復元を試みるも「復元に必要なファイルが失われました。復元はできません」というメッセージが出現。嫌な予感的中。
これでは、Win10 を使い続けるには無理があるし、Win7 には相当努力しないと戻れない(結果、最悪、新規ライセンス購入という事態になる)。困った。

マイクロソフトサポートでチャットを使って、相談すると「電話認証しかない」みたいなことをいわれる。指定された電話番号に電話すると合成音による機械的な案内。「インストールIDを入力してください」と言われるが、「ライセンス認証」画面に入れない以上、そのIDを見るのは無理。

けっこう困った感じにはなったのだが、経験的に、ここらへんの基準はそれほどキビしくないというのを僕らは知っている。このあたりがマイクロソフトの良いところで、マイクロソフト側システムや認証基準が不整合をおこした際、それをユーザーに尻拭いさせない、自分たちも間違いをおこすことはあるんだということを彼らは知っている。ちょっと待ってみようかという気持ちになれるのだ。

シャットダウンして、数時間、放置。再起動して「設定」→「更新とセキュリティ」に進んでいる最中にマイクロソフト側サーバーと何やら通信しているらしく数秒フリーズ気味になる。メニューから「ライセンス認証」を選ぶと、今度は無事はいれて、予想通り、見慣れた画面が出現。

こういうところが「らしいなあ」と思う。

※…作業プロセスはこちらで。