北極圏コード貯蔵庫コントリビューター -Arctic Code Vault Contributor-

GitHub が北極圏にデータセンターみたいなのをつくって、そこに GitHub 上にあるほぼ全てのリボジトリのスナップショットを収蔵したらしい。
【参考】『Arctic Code Vault が実施段階へ突入』(GitHub ブログ)

MS すげーな。

また、このとき収められたリポジトリのオーナーやそれらプロジェクトにソースコードを(正式な形で)提供した者には、

Arctic Code Vault Contributor

の肩書きが与えられたようだ。「北極圏コード貯蔵庫コントリビューター」とでも訳せばいいだろうか。

私も OsiriX や Horos にはソースコードを提供したことがあるので、認定されたようだ。
大したものではないが、ちょっとは誇らしい気持ちになれる。

最近(2021 上半期)だと専用ロゴ?もついた。

air-h-128k-il

 

設計図共有サイト

日経新聞が、github のことを「設計図共有サイト」と紹介して、そのネーミングセンスが一時期ネットで話題になった。

「これだから日本のマスコミの IT リテラシーは….」とかなり揶揄っぽい意見が多かったが、確かに github 的な文化が日本に完全に定着しているとは思えない。

私もいくつかのプロジェクトに参加させてもらっているが、やはり海外の有力プロジェクトは参加がしやすい。

例えば、リポジトリのブランチ構成にしても、「本流」ブランチと「開発者用」ブランチを分けていて、どこにプルリクエストを送ればいいのかわかりやすい。

一方、日本のプロジェクトは、本流ブランチ一つだけ、過去の履歴は一切なし、更新するときは、いったんリポジトリを全消去して、ローカルファイル強制プッシュ、みたいなものが多い。

オープンソースかもしれないが、「共有」する気はいっさいないよね(笑)。

ポーズで「github にソースは公開してます。オープンソースです」ってアピールしてるだけ。

 

また、github は github.jp のようなサイトがないことからわかるように、国際的な地域差を意識する機会が少なく、国際化の文脈で語られることも多い。しかし、日本産のプロジェクトは、これもアピール的な要素として利用されることが多く、例えば、外国の方が issue 欄に書き込んでいるにもかかわらず、ガン無視をきめこんでいるプロジェクトがけっこうある。国内にとどまっている限りにおいては、これでもいいのかもしれないが、その後、他言語リソースが欲しいとか外国の参加者を増やしたいという時に、こういった態度はブーメランのように自分に返ってくる。

なので、私は、外国の方が書き込んでくれた場合には、精一杯のおもてなし精神を発揮するようにしている。

Wow…your idea is great!

とか、なんか無理めのレスをつける。日常生活で ’Wow’ なんて言ったことは生まれてこのかた一度もないが。

github は便利な環境だが、上記のようなアピール的な使い方をしていたのでは、少々、もったいないような気がするのだ。

air-h-128k-il

 

【Tips】お手軽に Win機で git や GitHub を使う

GitHub を使う必要があった場合は、まず、 git(ギット) や GitHub の概念を頭に入れておこう。
あたりがわかりやすい。ざっくりいえば、
  git はローカルリポジトリでのプロジェクト管理コマンド群
GitHub は git で管理されたプロジェクトに対応したリモートのリポジトリ
(クラウド型サービスといったらいいか? 一種のホスティングサービス)
です。
公開されているプログラムをダウンロードする際、GitHub にお世話になっている人は多いと思うが、こういう関係だったんですね。
ところで、さる筋から、とあるプログラムを GitHub に上げて欲しいと頼まれた。たまに更新するだけなので、日常使いの Win機(ノートPC)でなんとかしたかった。

ところが、ネット上で調べると Git For Windows を使えだの SourceTree を使えだのという記事ばっかり。
開発用のモンスター級のデスクトップ機持ってたら、これでいいんでしょうが、非力なノートPCに入れる気はまったくおこらず、この路線はすべて却下。
幸いなことに愛機(XPS13)には、VMware Player 上に Ubuntu が走っているので、ここから、git を使うことにした(というかもともと使えるようになっている)。win のコマンドラインから使うのもありですが、設定が面倒だと感じる場合はこちらで。

まず、GitHub にアカウントを登録。当然、二段階認証はオン。SSH接続させたかったので Ubuntu で秘密鍵と公開鍵つくって、公開鍵を GitHub アカウントに登録。ターミナルから

ssh -T git@github.com

で、SSHで接続されているか確認。

次に、適切なところに git で管理したいディレクトリを作成。ホストOS(Win10)との共有フォルダから必要なファイル・ディレクトリをここにコピー。後は Unix 系 git のお作法にしたがって、ローカルリポジトリを作成し、GitHub に push 。

commit だの add だのでてきて、最初は慣れないと思うが、使っていくうちになんとなく使えるようになっくると思う。
単純に上げるだけなら以下のような形式化された手順ですむ。具体的には以下の通り。

1.git init でフォルダ内プロジェクトの初期化
2.git add LICENSE(だとかフォルダ名だとか) で必要なファイルをインデックスに追加
3.git commit -m “UPDATE(とかわかりやすいコメントをつける)” でコミット。

ここまででローカルのリポジトリでの準備はひとまず完了。
次にリモートに上げる。

4.最初に上げる場合は、

git remote add origin git@github.com:user_name/repository_name.git

でリモートリポジトリを設定しておく。

5.最後は git push -u origin master でリモートに上げる(サーバーの応答はけっこう高速)。

実際に開発して管理するとなるともうちょっと細かいコマンドも覚える必要があるが、今回の案件だとこんなもんですむ。

もうちょっと突っ込んだ使い込みをしたい場合は、やはり成書が必要でしょう。『Git ポケットリファンレンス』が評判よいようです。

air-h-128k-il