アゲアゲさんの名局をブログで再現してみる

クロノさん、アユムさんときたら、この方の対局も載せないわけにはいかない。

もとは、雁木対左美濃急戦のこの対局。

雁木 vs 左美濃急戦という戦型も興味深いが、やはり圧巻は最後の寄せ。

 ソフトなどで検討すると、決して最短ではないが、最も実践的な寄せ方をしているのがわかる。
最新の対局はこちら。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

阿部健治郎という棋士

プロ棋士の阿部七段が最近コンピュータ将棋の勉強をし始めたそうで…。

はて、阿部って、光瑠?

それくらしか知らなかったのですが、調べると棋界で阿部族は 3 人。光瑠、隆、そして健治郎さん。

えー、西村一義九段門下で、棋士番号は277。西村門下ですから、当然、兄弟子には、藤井(システム)九段や三浦九段がいらっしゃるわけですね。 “阿部健治郎という棋士” の続きを読む

藤井猛の持ち駒バラマキ伝説

棋士伝説ネタをもう一つ。

今でこそ、藤井といえば藤井-人間エルモ-聡太四段だが、ちょっと前までは藤井猛九段のことを指していた。藤井システムのインパクトがあまりに強かったため、旧来からの将棋ファンには依然支持されているように思う。

ところで、藤井伝説の一つに逆転負けがあまりにも悔しく「投了時、駒台の持ち駒を盤上にぶちまけた」というのがある。

ネット上にもそのときの写真が流通されているので、事実関係は調べやすかった。ここで出しても問題ないと思うので、掲げておくと、これだ。

リアルですね。。。 “藤井猛の持ち駒バラマキ伝説” の続きを読む